≫≫≫【UberEats】料理を配達して副収入を獲得【今すぐ登録】≪≪≪

第67回:入居希望者は入居適性審査を受ける【不動産賃貸の入居前審査】

< 第66回:住宅ローン控除はローン残高に応じて所得から控除される|住宅ローン控除額と控除条件

記事のポイント

  • 賃貸マンションは申し込みから借りるまで1週間程度かかる。
  • 入居審査の基準は、収入、年齢、人間性など

賃貸不動産物件は入居まで1週間程度かかる

賃貸不動産を借りようと思っても、すぐに借りられるとは限りません。入居審査などの関係で、入居まで1週間程度かかることが多い。

不動産賃貸の流れ

STEP1

<申込書の提出

入居希望日を含め、申込書に必要事項を記入します。身分証明書のコピーを提出します。

STEP2

<入居前審査

保証会社をご利用の方は、申込書に必要事項をご記入ください。保証会社からご本人様確認のお電話をさせていただきます。

連帯保証人がいる場合は、連帯保証人にも本人確認のお電話が入ります。

STEP3

<重要事項の説明

通常、賃貸管理会社が作成します。施設条件等の説明

STEP4

ご契約

通常、重要事項説明と同日に行います。諸条件の説明、退去時の精算など。東京都の場合、賃貸住宅紛争防止条例に基づく説明書が必要です。(退去時の原状回復に関する説明)

STEP5

申込金のお支払い

申込金は契約前にお振込みいただくか、契約当日に現金でお持ちいただくケースが多いです。(申込金の支払い条件は管理会社によって異なります。

STEP6

鍵の引渡し

ご入居日に管理会社へ鍵の引渡しを行います。契約書に記載されている契約開始日(入居日)が鍵の引き渡し日ですので、契約日に鍵を受け取るということではありません。ご入居の日程にはご注意ください。

入居審査の理由

お申し込みをいただくと、まず入居前審査が行われます。この審査に通らないと、契約そのものができません。入居審査が行われる理由は、入居者が借家権によって保護されているからです。たとえ借主が家賃を滞納するなどトラブルを起こしても、部屋を貸してしまえば、賃貸人は簡単に借主を追い出すことはできません。

まず、入居者の収入や年齢、人間性などから、入居者としてふさわしいかどうかを判断します。また、賃料不払いのリスクを軽減するために、連帯保証人や保証会社を利用する。保証会社による審査も行われ、連帯保証人を追加することで審査が通ることもあります。

連帯保証人

借り手(債務者)と連帯して、貸し手(債権者)に対して責任を負う人のこと。貸主は、家賃が支払われない場合、連帯保証人に支払いを請求することができる。

保証会社

連帯保証人に代わって、借り手と連帯して債務を引き受ける会社。本人の属性によっては、保証会社が借主に連帯保証人を要求する場合もある。

審査時に必要な書類

  • 身分証明書 保険証
  • 印鑑証明書
  • 住民票
  • 収入証明書(源泉抄収書、確定申告書等)
  • 緊急連絡先の氏名・連絡先
  • 連帯保証人がいる場合は、その方の氏名と連絡先
  • 貯蓄を証明するもの(通帳のコピーなど)

審査のポイント

  • 家賃を賄えるだけの収入があるかどうか(家賃は収入の30%を超えてはならない)
  • 安定した職業に就いているかどうか
  • 国籍
  • 年齢
  • 健全な人間性かどうか
  • 個人信用調査において滞納の履歴がないかどうか

概要

  1. 入居申込書に入居希望日を記入する。
  2. 入居者は借家権によって保護されており、簡単に追い出すことはできない
  3. 家賃滞納のリスクを軽減するために、保証会社を利用することもある。

>>第68章 賃貸物件入居時にかかる費用と注意点|不動産の初期費用編