【新型コロナウイルス(COVID-19)】Uber Eatsパートナーセンター営業休止中の「アカウント有効化方法」のお知らせ

失業給付金の不正受給は密告でばれるし発覚する

失業給付金の不正受給は密告でばれるし発覚する

雇用保険受給者の不正受給の発覚・バレる危険性

失業認定申告書は正しく届出することが重要です。

失業給付金は、失業中に新しい仕事探しに専念し、1日も早く再就職するために支給されるものです。

失業給付は正しく申告し、正しく受給しないと、「不正受給」となり、悪質なルール違反には、処罰される可能性があります。

ありのままを申告しないで受給すると、失業給付金(雇用保険・失業保険)の「不正受給」となり、罰則を受けることがあります。

失業給付金の不正受給の実例

不正受給の実例1

不正内容

就職している事実を隠し、失業給付を受給した

年齢

35歳

性別

女性

不正受給した日数と金額

5日分:17,700円 を返還

※納付命令 17,700円

※不正に受給した日以降の支給ストップ

就職した事実を申告していれば問題なかったケース。【支給ストップした日数:111日分(392,940円)】

発見方法

コンピュータによる照合

不正受給の実例2

不正内容

15日間のアルバイトの事実を隠し、失業給付を受給した

年齢

58歳

性別

男性

不正受給した日数と金額

49日分:263,032円 を返還(アルバイトの初日から最終の認定日に支給した分まで)

※アルバイト就労(不安定就労)のため、納付命令なし

※不正に受給した日以降の支給ストップ

15日間のアルバイトを申告さえしていれば問題なかったケース。【支給ストップした日数:1日分(5, 368円))

発見方法

投書による通報

以下のような気持ちから、「失業認定申告書」を正しく記入せずに提出すると、失業給付金の不正受給となってしまいます。

  • アルバイトだから…
  • 試用期間だから…
  • ちょっと手伝っただけだから…
  • お金はもらってないから…
  • 1日くらいだから…
  • 申告を忘れていたから…
  • 見つからなければ…

失業給付金の不正受給が発覚する・バレる理由

  1. コンピュータによる入社記録の照合で発覚
  2. 投書や電話による通報で発覚
  3. 事業所調査や家庭訪問で発覚

正しく申告しないと「不正受給」となってしまいます。

また、不正受給が発覚しバレると、以下のような処分を受けることになります。

不正受給の処分

支給停止

不正をすると不正の日以後、保険金の支給が受けられません。

返還命令

不正に受給した保険金は、全額返還しなければなりません。

納付命令

その上、不正に受給した金額の倍額を納付しなければなりません

※さらに納付した日まで延滞金が課せられます。

※悪質な場合は司法当局に告発し、詐欺罪などにより処罰されます

注意
紹介している情報は、2019年3月時点の情報です。現在は変更になっている場合もありますので、詳細は、「最寄りのハローワーク」にて、ご確認ください。