≫≫≫【UberEats】料理を配達して副収入を獲得【今すぐ登録】≪≪≪

第52回:契約解除の罰則は契約によって異なる|債務不履行

<<< 第51条 不動産業者が介在する場合は、必ず契約書を作成する。

記事のポイント

  • 契約は、合意した期日を過ぎると債務不履行となる。
  • 合意した期日を経過する前に、当事者間で契約書を作成する。

債務不履行の場合、契約を解除することができる

売主または買主に債務不履行があった場合、自らの債務を履行して契約を解除することができます。買主の債務不履行とは、売主がいつでも物件を引き渡せる状態でありながら、期日を過ぎても代金を支払わない場合です。売主の債務不履行とは、売主がいつでも代金を支払う用意があるにもかかわらず、期日を過ぎても物件を引き渡さないことである。

債務とは?

契約で合意した事柄を相手方に履行する義務のこと。

契約違反の場合のペナルティー

契約違反により契約が解除された場合、契約は解除され、契約書で取り決めた違約金を相手方に請求することになります。契約の解除は、相手方が故意に義務を履行しない場合にのみ認められる。違約金の金額については、契約書作成前に合意しておく必要があります。

契約解除の一覧表

契約解除の一覧表

支払期日を過ぎた場合、違約金が発生します。

手付解除・ローン解除については、期日を過ぎての解除の申し出は違約解除となり、違約金が発生します。ただし、約定日を経過する前に「契約書の条項にかかわらず期限を延長する」旨の書面による合意をした場合は、その合意が契約書に優先して適用されます。また、ローンを解約する場合、ローン解約特約は利用できず、契約書に明記された金融機関でない場合は違約金が発生します。

契約書の契約解除条項の記載場所

契約書における契約解除の記載箇所

契約書内の契約解除の場所

約定日

契約書において売主と買主が合意した当事者間の義務履行の日。

概要

  1. 売主と買主に債務不履行があった場合、契約違反として契約は解除される。
  2. 契約違反の場合、相手方に対して違約金を請求することができる。
  3. 合意があった場合は、合意が契約より優先される。

>> 不動産物件>>第53回:瑕疵担保責任が契約不適合責任に変更【不動産物件】