≫≫≫【UberEats】料理を配達して副収入を獲得【今すぐ登録】≪≪≪

第70回:契約解除日の連絡日を確認する|賃貸不動産物件からの退去編

< 第69条 定期借家契約(不動産賃貸契約)で一時的に部屋を貸す場合

記事のポイント

  • 契約解除日は事前に通知しておく。
  • 契約解除予定日内に退去に立ち会うこと

賃貸借契約を解約する場合は、事前に解約日を通知する。

テナントから賃貸借契約を解除する場合は、事前に契約解除日を通知し、契約解除日内に鍵の受け渡しを行う。場合によっては、鍵の受け渡し日と同日に退去をお願いすることもあります。解約の通知日は、賃貸借契約の内容によって異なりますが、通常、解約の1ヶ月前までに通知するケースが多いようです。ただし、2ヶ月前、3ヶ月前という場合もあるので、事前に確認しておくことが大切です。また、解約予定日の前に退去の打ち合わせを行うケースが多いようです。管理会社によっては当日の退去を求められることもあるので、トラブルを避けるためにも鍵の受け渡し日を事前に確認しておくことが大切です。

賃貸住宅退去の流れ

STEP1

管理会社に退去予定日を連絡する。

契約により、契約終了日の1~3ヶ月前までに管理会社に通知する必要があります。

STEP2

退去時の立会い

管理会社との退去打合せにご出席ください。過失を含む原状回復工事費用の確認。鍵の返却。

STEP3

管理会社より原状回復費を請求される。

敷金がある場合は、敷金と合わせて精算する。

賃貸物件退去時のToDoリスト

  • 契約終了日の連絡
  • 電気・ガス・水道の解約の連絡
  • 住居の退去届
  • インターネット解約のお知らせ
  • 郵便局転送届
  • 火災保険解約のお知らせ
  • 引越し業者の手配
  • 粗大ごみの処理
  • 明け渡し日の連絡(鍵の受け渡し、退去時の立会い)
  • その他、銀行やクレジットカードなどの住所変更手続き
  • 保証会社による契約解除の連絡

賃貸契約書サンプル

賃貸契約書のサンプル

賃貸契約書サンプル

まとめ

  1. 賃貸契約の解約通知日は、契約内容によって異なります。
  2. 鍵の引き渡し日に退去してもらうケースもある。
  3. 退去立会いの際には、原状回復に関する過失負担を確認する。

> 第71条 退去時の原状回復義務【不動産物件の原状回復】