≫≫≫【UberEats】料理を配達して副収入を獲得【今すぐ登録】≪≪≪

第40部:【相続のよくあるトラブル】専門家に相談してストレスを軽減し、早く解決する|弁護士・司法書士・行政書士・税理士編

<<第39回:【3年以内】死亡保険金を請求する【生命保険・死亡保険金にかかる税金・相続放棄】

遺産相続の専門家には、弁護士、司法書士、行政書士、税理士などがいる

相続問題に対して、「うちは財産が少ないから問題ない」と対岸の火事のように考えている方も多いのではないでしょうか。しかし、ほとんどの相続問題は、財産の多寡で発生するものではありません。それぞれの家庭の事情によって、さまざまな相続問題が発生するのである。また、相続人の数が多ければ多いほど、相続争いが起こる確率は高くなる。

相続は、いわば不労所得です。つまり、お金や土地は働かなくても手に入れることができる。人の欲がぶつかり合うのは当然である。そうした問題を引き起こす原因のひとつに、相続に関する知識の不足がある。相続争いが長引くと、家庭裁判所に申し立てたり、調停で解決する手段を講じる必要がある。これには相当な時間と労力がかかり、当事者が想像する以上にストレスと体力を消耗する。

困ったら遺産相続の専門家に相談しよう

そのため、実務的・精神的負担を軽減するために、専門家に相談することをお勧めします。相続の専門家としては、弁護士、司法書士、行政書士、税理士などが挙げられます。

「弁護士」の役割

弁護士に依頼する最も一般的な理由は、相続人の間で遺産分割をめぐって争いがある場合です。弁護士は、法的な観点から相続人の利害を調整することを専門としています。また、遺言の執行などの代理も行うことができます。最近では、親が認知症になった場合の支援も増えています。

「司法書士」の役割

司法書士は、裁判所や法務局などに提出する書類や手続きなどを作成する専門家です。また、140万円以下の簡単な案件であれば、弁護士に代わって法律事務を代行することも可能です。相続調査、遺産分割協議書の作成、相続登記などは司法書士に相談されることをお勧めします。

「行政書士」の役割

行政書士は、役所などの公的機関に提出する書類の作成、手続きの代行などを行います。相続問題では、遺言書や遺産分割協議書の作成、相続調査、銀行預金や株式の名義変更などを代行している。

「税理士」の役割

税理士は税金に関する専門家であり、多額の遺産を相続する場合、または相続する可能性がある場合に相談する必要があります。相続する財産の価値を調べ、相続人に有利な遺産配分や相続税の納め方についてアドバイスしてくれます。また、生前贈与の方法についても、税理士に相談する人が増えています。

専門家を利用すると費用はかかりますが、問題を迅速に解決でき、関係者のストレスも軽減されます。専門家に依頼する場合、その専門家と信頼関係を築けるかどうかが重要です。お互いがうまくコミュニケーションを取れる人を選びたいものです。

>>