≫≫≫【UberEats】料理を配達して副収入を獲得【今すぐ登録】≪≪≪

第13回:不動産物件の内覧時チェックリスト

<<第12回:販売図面サンプル

内覧時チェックリスト

第13回:不動産物件の内覧時チェックリスト タイクツマッカートニー 不動産投資 ブログ

チェックリストに登場する紛らわしい不動産用語について

上記の内覧会用チェックリストに登場する一部の不動産用語について解説します。

PS位置

パイプスペースの略。給排水管やガス管などの配管のためのスペースのこと。

境界標

敷地と隣接する土地との境界のこと。金属板やコンクリートブロックなどで標示された境界標が設置されている。

擁壁(ようへき)

敷地と道路や隣地との間に高低差がある場合に、擁壁となるもの。高さ2m以上の擁壁には建築確認が必要。

法地(のりち)

傾斜している土地のこと。敷地が傾斜している場合、建物を建てることができない。傾斜地が敷地面積に含まれる場合は、有効建築面積の確認が必要。

> 第14条:不動産の評価額はあくまで参考です。