≫≫≫【UberEats】料理を配達して副収入を獲得【今すぐ登録】≪≪≪

第16回:不動産売却における机上査定と訪問査定の違いについて

CHAPTER(チャプター)

< 第15回:不動産会社が売主に確認すべきポイント

記事のポイント

  • 売却を前提とした場合、売主のヒアリングを無視するのは危険です。
  • 訪問査定では、価格に影響を与える事柄を見落とさずにチェックします。

不動産の売却を前提とした場合、訪問査定は欠かせません。

不動産の査定方法には、現地などを確認せず書類だけで算出する机上査定と、現地を調査して算出する訪問査定の大きく2パターンがあります。

机上査定

机上査定とは、机上で市況や市場性、対象不動産の規模等を考慮して査定を行うものです。地域によって条例が異なるため、査定対象地域の条例をインターネットで確認することが望ましい。例えば、最低敷地面積を30坪と定めている地域では、査定対象物件の敷地面積が20坪しかない場合、建物が建てられないため査定額が減額されることになる。

現地査定

現地査定とは、現地に足を運び、個別要因も加味して価格査定を行うことです。机上査定では高い査定額だったとしても、現地調査の結果、マイナス要因が見つかれば査定額が下がることもあります。例えば、近隣で高い建物への建て替えが行われると、眺望や採光などの条件が変わり、査定額がマイナスになる。査定の段階でどこまで調査するか難しいところですが、売却を前提とした査定であれば、依頼者からのヒアリングだけに頼らず、必ず現地確認・調査するようにしましょう。

最低敷地面積

建物を建てることができる最低限の敷地面積のことで、地域によって異なる。狭い土地が増え、市街地が閉塞的になるのを防ぐのが目的。

物件視察時の確認事項

タイクツマッカートニー 不動産投資 ブログ

まとめ

  1. 売却を前提とするならば、現地調査が必要である。
  2. 地域の法律や条例の調査は、インターネットなどで確認できる。
  3. また、建て替えの状況など、現地に行かないとわからないこともあります。

不動産物件の鑑定評価について >> その17:不動産物件を鑑定評価する際の3つの計算方法