≫≫≫【UberEats】料理を配達して副収入を獲得【今すぐ登録】≪≪≪

第20回:不動産の物件調査を効率的に行う方法

<第19回> 路線価から地価を求めるための計算方法

記事のポイント

  • 不動産取引の際には、不動産業者が必ず物件調査を行う。
  • 事前にインターネットで調べておくと効率的です。

物件情報の整理から始める

不動産取引を行う際、宅地建物取引業者は必ず物件調査を行います。調査の順番に間違いはありませんが、まずは物件情報の整理から始めるとよいでしょう。

現地調査の対象となる物件は、必ずしも売主の自宅とは限りません。相続などで所有する物件の場合など、売主自身が現地に行ったことがない不動産の売却依頼を受けるケースもあります。売主へのヒアリングだけでは住所がわからず現地にたどり着けないこともありますので、必ず住所を確認してから現地に行くようにしましょう。

不動産物件の調査 必要な回数だけ現地に足を運ぶ。

インターネットで調べられることは調べてから現地に行く方が効率的です。ネットで謄本を取得した後、売主にヒアリング調査を行い、現地で事前調査の情報と一致するかどうかのクロスチェックを行う。

現地調査では、近隣の環境等も調査し、さらに役所等を訪問して調査します。必要に応じて、現地に戻り、再度調査を行います。役所と現場を何度も往復して、細部まで確認することが大切です。この手間を省くと、ミスや見落としが発生し、トラブルの原因になる。

登記簿謄本

登記簿の謄本。法務局に保管されている登記簿で、不動産の規模や構造などのほか、所有者や権利関係が記載されている。現在、コンピュータ化後に登記された物件であれば、オンラインで取得することができる。

登記情報提供サービス

利用するには登録が必要。この登記情報の取得には手数料がかかる。また、住宅ローンの本審査には登記事項証明書が必要ですが、オンラインで取得した謄本は受理されませんので、必ず法務局で取得した謄本(登記事項証明書)を提出するようにしてください。

概要

  1. まずは物件情報の整理から調査を始めましょう。
  2. 現地に行く前に必ず住所を確認する
  3. 必要であれば、時間と労力を惜しまず何度も現地に足を運ぶ。

>その21:売主からのヒアリングで不動産トラブルを回避する