≫≫≫【UberEats】料理を配達して副収入を獲得【今すぐ登録】≪≪≪

第35回:建ぺい率・容積率の計算(調べ方・計算の仕方)

< 第34回 建築物の高さ制限の計算(斜線制限、絶対高さ制限、日影制限、高度地区)

記事のポイント

  • 都市計画課では、その地域に指定された建ぺい率の規制も調べます。
  • 地域ごとに指定された容積率も確認する。

建ぺい率(敷地の何割を建築に使えるかを調べる)

都市計画課では、その地域に指定されている建ぺい率の規制も確認します。建ぺい率とは、敷地面積に対する建築面積の割合のことです。建物を上から見たときの敷地の割合を示しています。指定建ぺい率がわかると、その敷地にどれだけの面積を建築できるかがわかります。例えば、建ぺい率が60%であれば、建築面積は敷地の60%以内に収めなければなりません。

建ぺい率の計算方法|計算式

建ぺい率=建築面積÷敷地面積×100

例(敷地面積100m2、建築面積60m2の場合の建ぺい率は?)

建ぺい率=60m2÷100m2×100=60%(答え)

都市部で建物が密集している理由

建ぺい率が80%の地域では、防火地域内の耐火建築物は建ぺい率の規制を受けません。そのため、敷地のギリギリまで建物を建てることができるのです。

建築面積

建築物の柱や壁などで囲まれた部分の水平投影面積のこと。外壁から1m以内のバルコニーや庇は建築面積に含まれないが、面積を超える場合は建築面積に含まれる。

容積率を確認する

建ぺい率が規定の容積率を満たしていれば、建物の階数は関係ありません。これは、建ぺい率だけでなく、容積率も規制されているからです。容積率とは、建物の延べ床面積の敷地面積に対する割合のことです。建築基準法では、地域ごとに指定された容積率を、道路の幅員によって定められた基準容積率と比較し、それ以下の容積率の建物を建てられないように規制している。

延べ床面積

建物の各階の面積の合計。条件によって容積率が不問になったり、緩和される場合がある。

容積率に含まれない部分

  • マンションの共用廊下や階段など
  • 地下街(延べ床面積の1/3を限度に容積率に算入されません。)
  • 駐車場(延べ床面積の1/5を限度とし、容積率に含めない。)
容積率の計算方法|計算式

容積率=延べ床面積÷敷地面積×100

基準容積率の算出方法|計算式

商業施設・工業施設

前面道路幅員×6/10×100または指定容積率のうち低い方の値

住宅

前面道路幅員×4/10×100又は指定容積率の低い方の値

例(敷地面積100m2、延床面積150m2、住宅地、前面道路幅員4m、指定容積率200%)

基準容積率=4×4/10×100=160%<200% ⇒容積率規制160

容積率=150㎡÷100㎡×100=150% < 160% ⇒建築可能

概要

  1. 建ぺい率は、敷地面積に対する建築面積の割合
  2. 容積率は、敷地面積に対する建築物の延べ床面積の割合
  3. 指定容積率と基準容積率を比較し、低い方の値を規制する。

> 第36条 建築物が建築基準法に適合しているかどうかの確認【市町村役場による調査