≫≫≫【UberEats】料理を配達して副収入を獲得【今すぐ登録】≪≪≪

第39回:土地区画整理の進捗状況の確認【土地区画整理事業、仮換地、従前地、減歩】

< 第38回 対象土地に都市計画道路があるかどうかの確認【優先路線、緩和路線

条文のポイント

  • 道路や公園を計画的に整備することを「土地区画整理事業」という。
  • 土地区画整理事業が指定されると、従前の土地は使用できなくなる(※従前の土地とは、土地区画整理事業が実施される前に存在した土地のこと)。

土地区画整理事業が必要な理由

道路や水道が整備されていなかったり、道路が複雑な地域に無秩序に家が建っていたりすると、住みよい町とは言えません。このような町で、道路や公園を計画的に整備し、新しい街区をつくる町づくり事業を「土地区画整理事業」といいます。都市計画の一環として行われる事業で、地権者が組合をつくり、民間企業が工事を行う事業も含まれる。

土地の取引で気をつけたいこと

土地区画整理事業区域内で土地を取引する際には、事業の進捗状況を確認することが大切です。調査の際には、土地区画整理事業事務所や組合等から仮換地指定通知書(証明書)、仮換地の重ね合わせ地図などを入手しておくとよいでしょう。

土地区画整理を行う場合、実際に売却する土地はあくまでも従前地(登記も従前地)ですが、従前地は使用収益することができません。そこで、従前の土地に代わって使用・収益の場を提供するために仮換地が指定されます。

仮換地が指定された場合、注意しなければならないのは、登記や登記簿面積が仮換地ではなく、旧土地のものになることです。例えば、登記簿上の面積は150m2でも、実際に使用収益できる仮換地の面積は100m2しかないこともある。その結果、建築可能な建物の条件も変わってきます。仮換地は換地後(事業完了後)でなければ登記できません。その際、精算金が支払われる。土地の減額により精算金が発行される場合や、精算金が発生する場合もありますので、事前にご確認ください。また、精算金の確定は換地処分後となるため、賦課金(ふかきん)が発生するリスクもあります。

従前地(じゅうぜんち)

土地区画整理を行う前の土地のことです。

使用収益

利益を得るために土地を利用すること。

仮換地(かりかんち)

土地区画整理の際に、従前の宅地の代わりに一時的に使用することができる土地

減歩(げんぶ)

土地区画整理後の従前宅地と転用宅地との面積の差

賦課金(ふかきん)

公的機関が、必要な事業を広く行うための資金を集めるために、税という制度で配分・負担するお金。

概要

  1. 旧土地の登記簿謄本、仮換地指定証明書により、旧土地の所有者を確認する。
  2. 減免・徴収による精算金の有無の確認
  3. 精算金等は土地の転用後(事業完了後)でないと確定しない。

> 第40条 農地を売却、賃貸、転用するときは許可を得る【農地法とは?