≫≫≫【UberEats】料理を配達して副収入を獲得【今すぐ登録】≪≪≪

第41回:住宅ローン審査は2段階に分かれる|住宅ローン契約の流れ

<第40回 農地の売却・賃貸・転用許可の取得|農地法とは?

記事のポイント

  • 住宅ローンは、個人の居住を目的として購入する不動産に対する融資である。
  • ローン審査は、仮審査と本審査の2段階に分かれる。

一般的には、住宅ローンを利用して支払います。

不動産購入の際、いきなり全額を現金で支払える人はそう多くはないでしょう。そのため、家や土地を購入する際には、多くの人が金融機関からローンを組みます。このローンを住宅ローンと呼びます。住宅ローンは誰でも組めるわけではなく、金融機関の審査に通らなければなりません。審査は2段階に分かれています。審査は「仮審査」と「本審査」の2段階に分かれています。住宅ローンは、個人の居住を目的として購入する不動産に対するローンです。投資目的のローンは組めません。

住宅ローンの事前審査は、売買契約を結ぶ前に済ませておく必要があります。

住宅ローンを利用する際、借り手が融資を受けられるかどうかを机上で審査するのが住宅ローン事前審査です。事前審査は、売買契約を結ぶ前に行われる。契約前に事前審査を行う理由は、住宅ローンが組めるかどうかがわからないまま売買契約を結ぶわけにはいかないからです。

ローン解除特約に注意

住宅ローンを利用して不動産売買契約を結ぶ場合、契約後にローン審査が通らなかった場合、契約を白紙解除できる特約があります。

契約書には、申込金融機関名、融資申込額、融資期間などが記載される。契約後に借入希望金融機関が変更になったり、契約書に記載した金融機関と異なる金融機関でローン承認が下りなかったりしても、契約を白紙解約することはできません。例えば、A銀行でローンキャンセル条項付きの売買契約を結んだ後、気が変わってB銀行でローンを申し込み、B銀行でのローン審査がNGとなった場合、ローンをキャンセルすることはできません。OKでA銀行の審査がNGの場合、ローンをキャンセルすることができます。

特約事項

契約時に取り決めた基本条件以外に、当事者間で取り決めた条件のこと。

住宅ローン契約の流れ

STEP1

融資の事前審査

STEP2

売買契約

STEP3

ローン元本審査

STEP4

ローン契約(金銭消費貸借契約)

STEP5

残金決済(住宅ローンの実行)

まとめ

  1. 住宅ローンの事前審査は、売買契約前に行う必要がある。
  2. ネット銀行では事前審査の方法が異なるので注意する。
  3. 審査に通らなかった場合は、特約で融資を取り消すことができる。

>第42回 住宅ローン審査 住宅ローン審査は、借り手がローンを返済する能力があるかどうかを判断するために行われる。