≫≫≫【UberEats】料理を配達して副収入を獲得【今すぐ登録】≪≪≪

第48回:居住用不動産の契約プロセスを見直す|不動産契約サービス

< 第47条 住宅ローンの借入期間と借入限度額の計算方法

記事のポイント

  • 契約日までに疑問点を解消しておく
  • 契約前にローンの事前審査を行う

物件契約前にローンの事前審査を行う

個人が物件を購入する場合、契約作業の前にローンの事前審査が行われる。これは、ローン事前審査が通らないと契約そのものができないからです。ローン事前審査が通れば、買主が物件を購入する意思を示す「買付証明書(購入申込書)」を売主に提出する。売主が買主の条件を受け入れるかどうかがまとまると、売主は買主に「売買承諾書」の作成を依頼するケースもある。売主と買主の条件がまとまったら、契約書類を作成し、その条件を契約書の特約にまとめます。

契約当日のスケジュール

契約当日は、2時間程度かけて契約書の作成作業を行います。まず、重要事項説明と契約書の読み合わせを行い、その後、入金と書類の署名・捺印を行います。重要事項説明と契約書の読み合わせの後、質疑応答が始まりますが、契約当日までに疑問点を解消しておくことが大切です。担当者が当日までに重要事項説明と契約書の要点を説明しておけば、売主も買主も難しい専門用語に惑わされることはないだろう。買主側、売主側、双方の仲介会社は公平性を保つこと。一方的な条件を押し付けないこと。

宅地建物取引業者が契約をまとめるために、故意に事実を省略したり、虚偽のことを伝えたりすることは宅地建物取引業法で禁止されています。不動産のプロとして、売主・買主にとって公平・中立な立場で、お互いが協力し合いながら条件を整えることが必要です。

宅地建物取引業法第15条(宅地建物取引業者の業務取扱いの原則)

宅地建物取引業者は、宅地又は建物の取引の専門家として、宅地又は建物の取引の業務に従事するに当たっては、購入者等の利益の保護及び宅地又は建物の円滑な流通に資するよう、この法律に定める事務を公正かつ誠実に行うとともに、宅地建物取引業に関する業務に従事する者と協力しなければならない 

不動産・物件契約の流れ

1. 当日まで

STEP1

ローン事前審査を行う。

STEP2

購入証明書(購入申込書)の作成

STEP3

売却承諾書を作成する

STEP4

重要事項説明、契約書類作成など

STEP5

重要事項説明・契約書類等の事前準備

2. 売却当日

STEP6

重要事項説明

STEP7

質疑応答

STEP8

売買契約(手付金、印鑑証明など)

3. 後日

STEP9

ローン元本検査

STEP10

金銭解約の契約をする

まとめ

  1. 買主は、物件を購入する意思を示す「買付証明書」を提出します。
  2. 契約当日は、重要事項説明書と契約書をあわせて読み、記名押印する。
  3. 不動産業者が故意に事実を省略することは禁止されています。

>> 第49条 不動産購入の意思を書面で表すには(不動産購入証明書)