≫≫≫【UberEats】料理を配達して副収入を獲得【今すぐ登録】≪≪≪

第8部: お客様からのお申し込みを受けるまでの流れ|不動産会社の営業活動

<<< 第7条:不動産取引に携わる専門家

記事のポイント

  • 不動産会社もお客様を集めるところから仕事が始まる。
  • お客さまを集めた上で、プロとしての意見をお客さまに伝えることが大切。

仕事はお客さまを集めることから始まる

不動産会社も他の多くの企業と同じように、集客から仕事が始まります。まずは見込み客を増やすきっかけを作ることが大切です。不動産会社は、集客や問い合わせを得るために、さまざまな集客活動を行う。例えば、物件情報の広告を出したり、自社でホームページを開設して物件情報を掲載し、興味を持たせる。集客活動の結果、問い合わせが来たり、面談が決まった場合には、プロとしての意見や自分の経験・知識を伝えることが重要です。例えば、リフォームの経験や過去の事例を話すことで、他の営業担当者との差別化を図り、お客様との信頼関係構築につなげることができます。

見込み客づくりのきっかけづくり

不動産を購入するお客様は、初めから不動産に興味があるわけではありません。例えば、「家を買って毎月住宅ローンを返済する方が、毎月家賃を払うよりも負担が少なく、団体信用生命保険もついているので、保険の見直しもできる」「賃貸と分譲マンションでは設備が違う」などの情報を提供することで、見込み客を増やすきっかけ作りをします。

物件購入までの流れ

物件を購入するまでの流れ

物件購入までの流れ

集客方法

タイクツマッカートニー 不動産投資 ブログ

結論

  1. 物件を宣伝することで問い合わせが増える。
  2. 問い合わせが面談や内覧につながり、最終的に契約につながる。
  3. 自分しか知らない情報を提供することで、他の営業マンと差別化できる。

>その9:丁寧な対応で相手の信用を得る