≫≫≫【UberEats】料理を配達して副収入を獲得【今すぐ登録】≪≪≪

第94回: 道路付けによる建築費と解体費の違い|不動産物件/不動産投資

< 第93回:自宅を売却した後も住み続ける方法【リースバック/リバースモーゲージ編

道路付けによる建設費と解体費の違い

建物を建てる場合、建築仕様や建物の構造(木造、鉄骨、RCなど)によって工事費単価が異なります。これらに加え、建設・解体費用は敷地の接道状況や地盤の状況にも大きく影響されます。

例えば、道路が狭かったり、敷地が狭かったりすると、建物解体のための工事車両が敷地内に入れなくなります。資材の搬入や人力による解体作業が必要になるため、建設・解体コストが増大する。

また、地盤の弱い土地で工事を行う場合は、地盤改良工事や造成工事が必要になります。逆に解体の際も、地盤が弱い場合は基礎を深く敷くため、解体費用がかさむことになります。

ただし、建物が古い場合、設計図書がないこともあり、解体してみないと費用がわからないこともあります。

価格が上がる可能性がある注意点

  • 建物が崖の上に建っている
  • 法地が多い
  • 一方通行の道路
  • 道路幅が狭い
  • 車の乗り入れができない
  • 狭い土地に高層建築(基礎が深い)