≫≫≫【UberEats】料理を配達して副収入を獲得【今すぐ登録】≪≪≪

Bitcoinとは?ビットコイン・BTCの仕組み

Bitcoinとは?ビットコイン・BTCの仕組み

Bitcoinとは?ビットコイン・BTCの仕組み

怪しげな決済手段、投機的なバブル、それとも金融の未来の姿?

ここでは、ビットコインをめぐるニュースをどう理解するかを説明します。

最初で最も価値のある暗号通貨であるビットコインは、縁の下の力持ち的な実験から、世界の金融界で最も注目されるチケットの一つに成長しました。

2021年11月の時点で、すべてのビットコインの価値を合計すると1兆ドルを超え、テスラ、バークシャー・ハサウェイ、フェイスブックの親会社メタなど、世界で最も価値のある企業の時価総額を上回っています。

ビットコイン(BTC)は、他の資産とは異なり、このような高さに達しています。ビットコインは、企業の株式を表すのではなく、価値が大きく変動するデジタル通貨の単位です。

また、企業や国立銀行の経済的な基盤ではなく、何千台ものコンピュータが共同で管理するデジタル取引の暗号化された台帳に支えられています。

ビットコインの仕組みは、専門家でなくても理解することができます。基盤となる「ブロックチェーン」技術は非常に複雑になる可能性がありますが、基本的なことを把握するのは難しくありません。ここでは、知っておくべきことをいくつかご紹介します。

「BTCの定義」ビットコインとは?

2009年に登場したビットコインは、銀行や政府のような仲介者を必要とせず、代わりにピアツーピアのコンピュータネットワークを使用してユーザー間で直接購入を確認する「分散型のデジタルキャッシュ」です。

銀行口座にある「日本円や米ドルのような法定通貨」は、それを発行した政府によって裏付けられ、規制されています。

一方、ビットコインは、ネットワーク技術とソフトウェアによる暗号化技術を組み合わせて作られています。

これにより、金や銀のような物理的価値のあるものや、中央金融機関への信頼ではなく、コードに裏付けられた通貨が生まれます。

1ビットコインの価格は大幅に上昇しています。2011年4月には1ドルでしたが、2021年秋には65000ドルを超える史上最高値を記録しました。

ビットコインの仕組み

ビットコイン(取引記号「BTC」、「XBT」も使用されています)は、コンピュータやスマートフォンのデジタルウォレットに保存されているコンピュータファイルです。暗号通貨の仕組みを理解するには、これらの用語と少しの背景を理解する必要があります。

Blockchain(ブロックチェーン)

ビットコインには、ブロックチェーンと呼ばれるオープンソースのコードが使用されています。このコードは、改ざんを防ぐために「チェーン」でつながれた「ブロック」に整理された取引の共有公開台帳を作成します。この技術は、各取引の永続的な記録を作成するもので、ビットコインの後から、続々と出てきた1万以上の暗号通貨の中核をなしています。

Private and public keys(秘密鍵と公開鍵)

ビットコインウォレットには、公開鍵と秘密鍵が含まれています。これらの鍵は、所有者が取引を開始してデジタル署名を行い、承認を証明するために使用されます。

Bitcoin miners(ビットコインの採掘者)

採掘者(ピア・ツー・ピア・プラットフォームのメンバー)は、高速コンピュータを使って、通常10分から20分以内に取引を独立して確認します。

ビットコイン・マイニングとは?

ビットコインの採掘者(マイナー)(「ノード」とも呼ばれる)は、高速コンピュータの所有者で、各取引を独立して確認し、完了した取引の「ブロック」を増え続ける「チェーン」に追加します。

採掘者(マイナー)は、その努力に対する報酬としてビットコインが支払われます。これにより、分散型ネットワークが各取引を独立して確認する動機付けとなります。マイナーの独立したネットワークは、不正や虚偽の情報が記録される可能性を減少させます。これは、大多数のマイナーが、ブロックチェーンに追加される前に、各ブロックのデータの信憑性を確認する必要があるためで、このプロセスは「プルーフ・オブ・ワーク」として知られています。

ビットコインの儲け方

ビットコインの価値は需要と供給の法則に従っており、需要の増減があるため、暗号通貨の価格には大きな変動があります。

ビットコインの購入は、専門知識と高性能コンピュータへの投資を必要とするマイニングのほかに、多くの人は、1ビットコインの市場価値が現在よりも将来的に高くなることに賭ける通貨投機として行っています。

ビットコインを保管する。ホットウォレットvs.コールドウォレット

ビットコインは、2種類のデジタルウォレットに保管することができます。

ホットウォレット

デジタル通貨は、信頼できる取引所やプロバイダーのクラウドに保管され、コンピュータのブラウザ、デスクトップ、またはスマートフォンのアプリからアクセスできます。

コールドウォレット

サムドライブのような暗号化されたポータブルデバイスで、ビットコインをダウンロードして持ち運ぶことができます。

基本的に、ホットウォレットはインターネットに接続されていますが、コールドウォレットはそうではありません。ただし、携帯用のコールドウォレットにビットコインをダウンロードするには、ホットウォレットが必要です。

ビットコインの購入:長所と短所

ビットコインのような投機的な資産クラスでは、警戒すべき理由から始めるのが良いでしょう。

ビットコインの短所

価格の変動

ビットコインの価値は長年にわたって劇的に上昇してきましたが、購入者の運勢は投資のタイミングによって大きく異なります。例えば、ビットコインの価格が2万ドルに向かって疾走していた2017年に購入した人は、損失を取り戻すのに2020年12月まで待たなければなりませんでした。また、2021年はビットコインにとって好調な年だったとはいえ、4月から7月の間に価値の半分を失った後、11月に回復して新高値を記録しています。

ハッキングの懸念

ビットコインを支えるブロックチェーン技術は、従来の電子送金よりもさらに安全であると支持者たちは言っていますが、ビットコインのホットウォレットはハッカーにとって魅力的なターゲットとなっています。2019年5月には、暗号通貨取引所Binance(バイナンス)の複数の富裕層口座から4000万ドル以上のビットコインが盗まれたというニュースが流れるなど、注目度の高いハッキングが数多く発生しています(この後、バイナンスは損失を補填しました)。

限定的な使用方法(ただし増加中)

2019年5月、通信大手のAT&Tが、Overstock.com、Microsoft、Dish Networkなどの企業に加わって、ビットコインによる支払いを受け入れるようになりました。しかし、これらの企業は例外であり、原則ではありません。

SIPCに保護されていない

証券投資家保護公社は、証券会社が破綻したり、資金が盗まれたりした場合、投資家に最大50万ドルの保険をかけているが、このような保険は、まだ暗号通貨をカバーしていません。

Bitcoinの長所

いつでもプライベートで安全な取引が可能(潜在的な手数料が少ない。)

一度ビットコインを所有すれば、いつでもどこでも送金することができ、取引にかかる時間と潜在的な費用を削減することができます。取引には名前やクレジットカード番号などの個人情報が含まれないため、不正購入やなりすましのために消費者の情報が盗まれる心配がありません。(ただし、取引所でビットコインを購入するには、一般的にはまず銀行口座との連携が必要になります)。

大きく成長する可能性がある

ビットコインを購入・保有している投資家の中には、ビットコインが成熟すれば、信頼性が高まり、より広く使用されるようになり、その結果、ビットコインの価値が高まると考えている人もいます。

非中央集権

金融危機や大不況を経て、一部の投資家は、通常の銀行や政府機関、その他の第三者の管理下にない、非中央集権的な代替通貨を受け入れたいと考えています。

ビットコインを買うべきか?

ビットコインは、非常に投機的で不安定な商品です。株式取引でも同じようなスリルを味わうことができますし、既存の企業の株式を選ぶことは、一般的にビットコインへの投資よりもリスクが低いことを覚えておくとよいでしょう。(一般的な経験則では、ポートフォリオ全体のうち、個別の株式やビットコインのような投機的資産に充てる割合はごくわずかです)。

ビットコインの買い方・購入方法

ビットコインを手に入れる方法はいくつかありますが、その中でも代表的なものをご紹介します。

投資証券会社

Robinhoodは、ビットコインやその他の暗号通貨を提供した最初の主流の投資ブローカーです。(Tradestation、eToro、Sofi Active Investingなども、暗号通貨の取引を提供しています。

仮想通貨取引所

海外には、数多くの取引所があります。CoinbaseやBinanceは、世界でも最大の仮想通貨取引所で、約100種類の暗号通貨にアクセスできます。

お得なキャンペーン開催中
認証&入金で2500円のBTC獲得
お得なキャンペーン開催中
認証&入金で2500円のBTC獲得
【無料】口座開設で¥3000取引ボーナス
さらに入金で最大$5000の2段階ボーナス
口座開設¥3000のボーナス
入金で最大$5000のWボーナス