≫≫≫【UberEats】料理を配達して副収入を獲得【今すぐ登録】≪≪≪

会社サーバーを大塚商会からXserver(エックスサーバー)に移転・移行し会社ホームページとメールアカウントを刷新した方法

会社サーバーを大塚商会からXserver(エックスサーバー)に移転・移行し会社ホームページとメールアカウントを刷新した方法

会社サーバーを大塚商会からXserver(エックスサーバー)に移転・移行し会社ホームページとメールアカウントを刷新した方法

ステップ1
新サーバー契約
 

まずは、新サーバーを契約します。今回、会社では「Xserver(エックスサーバー)」を契約しました。

ステップ2
WordPressをインストール
 

新サーバーに「WordPress(ワードプレス)」をインストールします。弊社では、新しく契約した「Xserver(エックスサーバー)」へインストールしました。

ステップ3
新サーバー上で新ホームページを作成
 

新サーバー(Xserver)のWordPress上に、新ホームページを作成していきます。(新ホームページをチェックする場合は、使用しているパソコンの【hostファイル】を書き換えます)

新しく使用したテーマ

・TCDテーマ「NANO」

・AFFINGER6

ステップ4
新サーバーに新メールアカウントを作成する

新サーバー(Xserver)に、旧サーバー(大塚商会)と同じメールアカウント(メールアドレス)を新規作成・追加していきます

ステップ5
旧サーバーの解約申請を行い、旧サーバーで運用していたドメインを新サーバーへ移行申請する
 

まずは、旧サーバー(大塚商会)で、解約申請を行います。それが出来たら、次に、旧サーバーで運用していたドメインを新サーバー(Xserver)へ移行する手続きを行います。

新サーバー(Xserver)へドメインを移行する手続きは、Xserverのサーバー管理画面から「ドメイン移管申請」を行います。

ステップ6
ドメインの移管が完了したら、Outlook(会社で使っているメールソフト)に新サーバー(Xserver)で作ったメールアカウント(メールアドレス)を全て追加します
 

旧サーバーから新サーバーへのドメイン移管は、数日かかる場合があるので、注意が必要です。無事に、旧サーバーから新サーバーへドメインが移管できたら、Outlook(会社で使っているメールソフト)に新サーバー(Xserver)で作ったメールアカウント(メールアドレス)を全て追加していきます。

[/tl]
ステップ7
ネームサーバーを新サーバー(Xserver)に変更する
 

ここまで完了したら、最後に「ネームサーバー」を新サーバー(Xserver)のものに変更して、切り替えた情報が反映されるのを待ちます。

サーバー・ドメイン移転後、2週間程度は、不安定な状態となり、新着メールは、旧サーバーもしくは新サーバーに届くようになりますので、メールソフト(Outlook)には、新旧両方のメールアカウント(新旧サーバー情報のメールアカウント)を追加するようにしてください。

ステップ8
新ホームページを確認する為、入れていたhostsファイルの項目を削除する
 

ドメイン移行・サーバーの切替が完了したら、サーバー切替前に新ホームページをチェックするために入れていたhostsファイルの転送項目を削除する

ステップ9
Outlookのデータをインポート&エクスポートする
 

これまで使っていたOutlookのメールアカウントデータ(受信メール・送信メール・アドレス帳など)をエクスポートして、新しいメールアカウントへインポートする

ステップ10
旧サーバーを解約する
 

サーバー切替から、一か月程度が過ぎ、新着メールも問題なく、新サーバー側に届いているようなら、旧サーバーを解約して、契約を新サーバーのみにします。