≫≫≫【UberEats】料理を配達して副収入を獲得【今すぐ登録】≪≪≪

不動産業界にはどんな業者がいるのか?

記事のポイント
  1. 建物の建設と流通の流れから、不動産業界の全体像が見えてくる。
  2. ゼネコンを含む建設業は、不動産業の隣接産業である。

不動産業の成り立ち

マンションや一戸建てなどが建設され、流通する流れから、不動産業界の全体像を見てみましょう。

不動建設の流通業者

一般的に「宅建業者」と呼ばれ、売買や賃貸など不動産の「取引」を行う。このブログでも、宅建業者の業務について詳しく紹介しています。

不動産デベロッパー

マンションや住宅の建設を企画・開発する。主にマンションデベロッパーやハウスメーカーがマンションを企画・開発します。

マンションデベロッパー

土地を購入し、マンションを販売する事業者。開発許可を必要とする行為を行うため、デベロッパーと呼ばれることもある。住友不動産、三菱地所レジデンスなど。

ハウスメーカー

土地を購入し、新築の住宅を販売する業者。開発許可を必要とする活動を行っているため、デベロッパーと呼ばれることもある。積水ハウス、大和ハウス工業など

不動産管理会社

建物管理や賃貸管理などを行う不動産管理業も、広義の不動産業に含まれる。

建設業者(実際に建物を建てる人)

実際に建物を建てるゼネコンなどの建設業も、不動産業の隣接産業である。ゼネコンはプロジェクトの企画・開発を行うこともあるため、広義の不動産業に含まれる場合もある。

ゼネコン

ゼネコンとは、様々な種類の工事を一括して発注者から受注する総合建設業者のこと。鹿島建設、竹中工務店など。

リフォーム業者

経年劣化により低下した建物の商品価値を、リフォーム等により回復させ、再び不動産流通業界に販売する業者です。

不動産業界の概要

 

  • 不動産業界を広い意味で見ると、市場の流れが理解できる。
  • 一般的に「不動産会社」と呼ばれるものは、狭義の不動産業界である。
  • 広義の不動産業界には、隣接する建設業やリフォーム業も含まれる。