≫≫≫【UberEats】料理を配達して副収入を獲得【今すぐ登録】≪≪≪

サブドメインにサーチコンソールを導入する|プロパティタイプの選び方【ドメイン / URLプレフィックス】

サブドメインにサーチコンソールを導入する|プロパティタイプの選び方【ドメイン / URLプレフィックス】

サブドメインにサーチコンソールを導入する|プロパティタイプの選び方【ドメイン / URLプレフィックス】

「Google Search Console(グーグルサーチコンソール)」に、新しいサイト(プロパティ)を追加する時は、「プロパティタイプ」というものを選択する必要があります。

現在、Googleサーチコンソールには、「ドメイン」と「URLプレフィックス」の2種類の「プロパティタイプ」があります。

どちらを選べばいいのかわからない人も多いと思いますので、今回は、「ドメイン」と「URLプレフィックス」の2種類の「プロパティタイプ」の違いと、プロパティの作成方法について、しっかりと解説していきます。

 ドメインURLプレフィックス
用途「wwwあり/なし」「http / https」「メインドメイン / サブドメイン」といった「すべてのドメイン」を「1つのプロパティ」で確認したい場合特定の「サブドメイン」や「サブディレクトリ」のみのデータを確認したい場合
注意点

・所有権を確認する方法が、1種類しかない(サーバー側からDNSレコード・TXTレコードで確認する)

・特定の「サブドメイン」「サブディレクトリ」のみのデータは確認できない

・設定したアドレスのみの計測になるので、「wwwあり/なし」「http / https」などを全て取得したい場合は、「wwwあり/なし」「http / https」の計測したいアドレスを全て設定する必要がある
「所有権」の確認方法・DNSレコード(TXTレコード)による確認のみ・HTMLファイルのアップロード
・metaタグの追加
・Googleタグマネージャのアカウントを使用
・Googleアナリティクスのアカウントを使用

プロパティタイプ【ドメイン】

プロパティタイプの「ドメイン」では、「wwwあり/なし」「http / https」「メインドメイン / サブドメイン」といった、すべてのドメインを、1つのプロパティで確認したい時に、向いています。

例えば、「サブドメインとメインドメインを1つのプロパティで確認したい人」や、「wwwあり/なし・http / httpsが統一されていない人」などは、【プロパティタイプのドメイン】を選択してください。

プロパティタイプ【URLプレフィックス】

プロパティタイプの「URLプレフィックス」では、「指定したURLのみ」が対象となります。

ですので、「特定のサブドメインやサブディレクトリのみを確認したい人」などは、【プロパティタイプのURLプレフィックス】を選択してください。

この場合、「wwwあり/なし」や「http / https」も、正確に入力する必要がありますので、その点は、注意が必要です。