【無料】リアル口座開設で『¥3,000の取引ボーナス』+『入金金額で最大$5,000の2段階ボーナス』 すぐにGET ≫≫≫

Terra(テラ)LUNA(ルナ)とは何か?仮想通貨・暗号通貨の仕組み

Terra(テラ)LUNA(ルナ)とは何か?仮想通貨・暗号通貨の仕組み

Terra(テラ)LUNAとは何か?仮想通貨・暗号通貨の仕組み

暗号市場は不安定なことで知られており、多くのプロジェクトが、ユーザーが安定した価値でコインを送受信できるようなソリューションの導入を模索しています。Tether(テザー)とその安定コインであるUSDTは、この市場をある程度支配してきました(そして今も支配しています)が、現在では、暗号通貨ユーザーが利用できる他のさまざまなオプションが存在するようになってきました。

ブロックチェーン・プロジェクトTerra(テラ)は、そのようなソリューションの1つを世に送り出しました。この記事では、LUNAコインとその主な使用例を詳しく見て、それが良い投資オプションと見なすことができるかどうかを理解しようと思います。

LUNA(ルナ)とは何か?

Terra(LUNA)は、安定した暗号通貨と透明な金融インフラを開発するために作られたブロックチェーンプロトコルで、決済とスマートコントラクトに焦点を当てたものです。その重要な目標は、銀行、決済ゲートウェイ、クレジットカードネットワークなどを含む決済チェーンを置き換えることです。

暗号通貨(仮想通貨)が主流になることを阻む主な障壁の1つは、その価格変動性です。暗号通貨は、1日で20%以上上昇したり下落したりすることがあります。Terra(テラ)は、この問題を解決するために、法定通貨と結びついた安定した価格を持つ暗号トークンを作ろうとしています。資産の貨幣供給量を変化させて価値を回復させる、価格安定化アルゴリズムを採用しているのです。これにより、手数料の低減、安定性の向上、国境を越えた交換が可能になります。

Terra Ecosystem(テラ・エコシステム)

Terraのエコシステムには、ステーブルコイン、Anchorプロトコル、Terraネットワークネイティブトークン(LUNA)、Mirrorプロトコルが含まれます。それぞれについて詳しく見ていきましょう。

Stablecoins(ステーブルコイン)

Terraは、世界の主要な不換紙幣に固定された安定したコインを作成します。米ドルに連動するTerraUSD(UST)、モンゴルのトゥグリックに連動するTerraMNT、韓国のウォンに連動するTerraKRW(KRT)、IMF SDRに連動するTerraSDR(SDT)といったステーブルコインにアクセスすることができます。価格変動の問題を解決するために、このプロトコルでは弾力的な通貨供給メカニズムが採用されています。通貨価格がペッグから外れた場合、通貨供給量を増減させることで正常化させる仕組みです。テラステーブルコインの価格を安定させるために、新しいLUNAコインが鋳造されます。

Anchor Protocol(アンカー・プロトコル)

Anchorは、Terraブロックチェーン上に構築された貨幣市場および貯蓄プロトコルです。分散型であるため、支払い、投資、貯蓄という3つの金融プリミティブをまとめることができます。Terra stablecoinをお持ちの方は、20%の安定したAPYを得ることができます。さらに、即時入出金、短期融資、LUNAマージン取引も可能です。

LUNA保有者は、LUNAをいつでもステークしたりアンステイクしたりできるため、LUNAをロックすることなくステーク報酬を得ることができます。融資の恩恵を受けるために、顧客はステークしたトークンを担保として使用することができます。また、ステークしたLUNAの価値の半分を借りることもできます。

借り手は、トークンに応じて150~200%の割合で担保をロックしなければなりません。彼らは見返りとしてTerraUSDを得ます。Anchorの最初の流動的なステークデリバティブは、LUNAのステーク版であるbLUNAです。ユーザーはコインを完全に管理しながら、ステーク報酬を得ることができます。

Mirror Protocol(ミラープロトコル)

Mirrorは、プロトコルで発行され、その交換価格を反映したMirrored Assets(mAsset)を介して、非デジタル資産の取引を提供します。mAssetを鋳造するためには、実資産の価値の150%以上を担保としてTerra stablecoinsまたはmAssetsにロックアップする必要があります。

LUNA Token(LUNAトークン)

LUNAはTerraのネットワークトークンで、Terraのエコシステムを下支えしています。その主な目的は、取引よりも実用性に重点を置き、ブロックチェーン技術を大衆に提供することです。LUNAは、Terraの現在の為替レートに基づいてコインを鋳造または燃焼させることで自己制御するアルゴリズムを使用する安定したコインです。

LUNAの総供給量は10億トークンで、ネットワークは10億を超えるとコインを燃やすように設計されています。コインの割り当ては、26%がプライベートセールで支援者に、20%が価格安定準備金として、20%がテラアライアンスに、20%が従業員とプロジェクト貢献者に、10%がテラフォームラボに、4%が取引所でのGenesis Liquidity quotationに提供されたものです。

LUNAは、ネットワーク全体を担保するステーキングトークンとしての役割を果たします。保有、取引、担保として使用することができます。LUNAを保持するために、顧客は資産をコンピューターに保存するテラ独自のウォレット、ハードウェアウォレット、またはモバイルウォレットのいずれかを使用することができます。

仮想通貨LUNA(ルナ)の購入方法

LUNAは、Bitfinex、Binance、OKEx、Upbitを含むいくつかの暗号通貨取引所で購入または取引することが可能です。

LUNAの機能

LUNAコインは様々な用途で使用されますが、その一部を以下に紹介します。

Staking(ステーキング)

LUNAの主な機能は、ステーキングメカニズムによって価値をロックすることで、ネットワークを保護することです。

報酬

取引を確認し、ブロックチェーンにブロックを追加したユーザーは、LUNAで報酬を得ることができます。

Governance(ガバナンス)

Terraはコミュニティが管理するプロトコルです。Lunaの関係者は、ソフトウェアのアップグレード、技術的な修正、料金体系の変更、金融政策について、提案を提出し投票する権利を有します。

担保

LUNAトークンの保有者は、取引を確認するためにコインを担保として差し入れることができ、差し入れたLUNAの量に応じた報酬を得ることができます。

LUNAの仕組みは?

テラネットワークステーブルコインは、それ自体が担保になっているわけではありません。LUNAはその価格安定性を支えるための担保として使用されます。安定コインを鋳造するために、採掘者は相当するドル量のLUNAを燃やす必要があります。例えば、LUNAをUSTに交換すると、LUNAの一定割合が燃やされ、残りはTerraのコミュニティ宝庫に積まれます。同時に、新しいUSTが印刷されます。

コミュニティプールには資金が蓄積され、その資金はUSTを使用するアプリをより多く作るために再投資されます。USTの需要が低い場合、Terraのアルゴリズムは手数料を増加させます。このようにして、バリデータは常に安定したUSTのキャッシュフローで報われるのです。

バリデーターになり、取引ブロックを採掘するためには、ユーザーはLUNAを出資し、LUNA保有者の上位100人に入る必要があります。資格を持たないユーザーは、ステークしたコインをバリデーターに委任することができ、バリデーターはユーザーに代わってトランザクションを承認し、パッシブ収入を得ることができます。LUNAをステークしたユーザーは、ステークサイズに応じたステーキング報酬を得ることができます。これらの報酬は3つのソースから得られます。

Gas(ガス)

Terraは、スマートコントラクトを実行する際にスパムを避けるためにガスを使用します。バリデーターはガスの最低価格を定義し、それ以上の価格のトランザクションを拒否します。

手数料

ユーザーは0.1%から1%の手数料を請求され、1TerraSDRを上限とし、どのTerra通貨でも支払うことができます。

通貨発行益

Seigniorage(通貨発行益)プールの報酬は、バリデーターがLUNAとTerra安定コインの交換に投票した際に利用できます。

LUNAの歴史

Terraは、韓国と東南アジアのコングロマリットであるTerra AllianceのEコマース企業15社のうちの1社である韓国のブロックチェーン企業Terraform Labsによって生み出されました。共同創業者であるダニエル・シンと、同社のCEOでもあるド・クォンは、デジタル経済の柔軟な性質を反映できる新しいタイプの暗号通貨を作ることを目指していました。

2018年1月にTerraform Labsが設立され、Terraプロトコルの歴史が始まりました。すでにいくつかの重要な段階を経ており、その内容は以下の通りです。

  • 2018年8月。LUNAコインのプライベートセールが開催され、3200万ドルを調達。
  • 2019年4月 Terraのメインネット。どのブロックチェーンプロトコルにも、メインネットが存在します。これは、ブロックチェーンの構成要素であり、そこでは暗号通貨の取引が正式にローンチされる。
  • 2020年9月 USTテラ安定コインの印刷開始。
  • 2020年12月3日 TerraのMirror Protocolが開始される。
    2021年2月 AndroidとiOSプラットフォームで「Terra Station Mobile」をリリースし、スマートフォンからLUNAを管理できるようになる。
  • 2021年3月17日 Anchorプロトコルをリリース。
  • 2021年3月25日 Terra、Ethereum、Binanceスマートチェーン間でアセットを転送するためのWebインターフェース「Terra Bridge」が公開される。

Terra Partnerships(テラ・パートナーシップ)

Terraは、多くのパートナーシップを結び、その普及を後押ししています。パートナーには、TerraKRWを搭載した韓国最大級のECウォレットであるCHAI、暗号資産ブローカーのVoyager Digital、ブロックチェーンのインフラ企業であるBison Trailsが含まれます。また、TerraはAxelarと提携し、Terraのエコシステムに相互運用性を持たせています。Terraの他のEコマースパートナーは、韓国の音楽ストリーミング大手のBugsと、韓国最大のB2BファッションプラットフォームのSinsang Marketです。

Terraを支える投資家には、Arrington XRP Capital、Binance Labs、Huobi Capital、HashKey Capital、LuneX Ventures、Ulysses Capitalが含まれています。

LUNAの価格推移

LUNAは、プライベートトークンセールで初めて購入できるようになりました。公開セールは2019年2月に各コイン0.80ドルで終了しました。2019年7月26日に価格は1.32ドルまで上昇し、その後順調に下落し、2020年3月に0.12ドルの史上最低値で終わり、投資家は約-80%の負のROIを背負いました。しかし、その後、トークンは強さを取り戻し、1月と2月のブルランまで徐々に価格が上昇し、急騰して2021年3月21日に史上最高値の21.76ドルを記録しました。本稿執筆時点では、LUNAの現在の価格は18ドル前後で、時価総額で26番目に大きなコインとなっています。

LUNAの未来はどうなる?

現在のデジタルマネー普及の流れ、最近のテラのブルラン、時価総額で最大級のステーブルコインになったこと、トレーダーの間での人気などを考慮すると、今後数年でルナの価値が上昇する可能性はかなり高いと分析しています。

LUNAの価格予測

LUNAが長期投資に向いているかどうかを判断するために、今後数年間のLUNAの価格予測を見てみましょう。

Walletinvestorの分析によると、LUNAは素晴らしい長期投資だそうです。彼らは、202ドルに達する2026年4月まで、長期的に価格が上昇すると予測しています。

Digitalcoinは、LUNAの価格が1年以内に38.99ドルまで上昇すると予想しています。2022年にはその価格が32.08ドルになり、2026年12月には78ドルになると予測しているのです。

Longforecastでは、LUNAは長期的に価格が上昇し、2021年末には44.67ドルになり、2022年9月には54ドルに成長し、2023年1月には41.51ドルに下がると予測しています。

Cryptocurrency Price Predictionは、さらにその先を予測します。LUNAの価格は2022年12月に331ドル、2025年12月には836ドルになると予測している。

アナリストは総じてLUNAが暴落しないと予測し、値上がりを期待し、長期投資に適していると考えているようであることがわかります。

LUNAの価格要因

LUNAの価格には、いくつかの要因があります。そのひとつが、サポーターチームの拡大です。オンチェーンデータプラットフォームであるTerra Community Consoleによると、Terraは毎日1,800以上の新しいアカウントが作成され、人気を博しているとのことです。これは、より多くの暗号愛好家がLUNAを保有・使用し、トランザクションを作成し、より多くの報酬を得ていることを意味し、これらすべてがトークン市場の時価総額を増加させているのです。

もう一つの要因は、LUNAコインの供給が限られているため、インフレを回避できることです。そして、コインは日々希少になっています。また、決済アプリケーションや貯蓄プロトコルを通じたTerra stablecoinの需要増加と利用も、LUNAトークンの価値を高めています。

まとめ

LUNAは、暗号通貨を使用する際に安定性を求める人々にとって、実行可能なソリューションです。LUNAはそれ自体がステーブルコインではありませんが、プロトコル全体の安定性を維持するためには不可欠な存在です。プロジェクトの成長するエコシステムがその人気を高めており、将来の価格予測は楽観的であると思われます。

Bybitにサインアップして、今すぐLUNAを手に入れる

【無料】口座開設で¥3000取引ボーナス
さらに入金で最大$5000の2段階ボーナス
口座開設¥3000のボーナス
入金で最大$5000のWボーナス