≫≫≫【UberEats】料理を配達して副収入を獲得【今すぐ登録】≪≪≪

Web3.0とは何か?

Web3.0とは何か?

Web3.0とは何か?

インターネットは、人類の歴史上、最も重要な技術革命であると言っても過言ではありません。

その誕生以来、かなりの進化を遂げてきましたが、現在のステージは1920年の自動車産業に似ています。つまり、世界を変えるほどのテクノロジーでありながら、20年経った今でも比較的未熟で、大きな改良が必要なのです。

ティム・バーナーズ=リーが提唱したインターネットは、”共同メディア、私たち全員が会って読み書きができる場所 “であるべきでした。科学者が実験を共有するために設計された相互接続されたコンピュータシステムは、すぐにAOL、Compuserve、初期のYahooなどのポータルサイトによって支配されるようになりました。これらのオンラインサービスプロバイダーは、企業、個人、政府がコンテンツを消費し、時には投稿するようになったWeb 1.0への入り口となったのです。1994年にネットスケープがウェブブラウザを発表し、ドットコムの爆発的な普及を促し、ブラウザ戦争が始まりました。

Krishnamurthyによれば、「コンテンツ制作者は少数で、大多数のユーザーは単にコンテンツの消費者として行動していた」Web 1.0とは異なり、Web 2.0は「プラットフォームとしてのWeb」をもたらし、ソフトウェアアプリケーションはデスクトップ上ではなくWeb上に構築されたとJohn Battelle と Tim O’Reilly は言っています。

これにより、ソーシャルネットワーク、ブログ、共有サイトなどで、多くのユーザーがコンテンツ制作に参加できるようになりました。ユーザー生成コンテンツが牽引する検索エンジンやソーシャルメディアプラットフォームは、メディア、広告、小売業界を混乱させました。その結果、適応しなかった小売業や出版業の巨大企業は死亡したか、生き残るのに必死になっています。

Web 2.0のビジネスモデルは、ユーザーの参加によって新鮮なコンテンツやプロファイル・データを作成し、マーケティング目的で第三者に販売することに依存しています。実際、インターネットは、Google、Facebook、Amazonの集中型アプリが支配する巨大なアプリストアとなり、誰もがオーディエンスを作り、データを集め、ターゲット広告を通じてそのデータをマネタイズしようとしています。私の考えでは、データの集中化と搾取、そしてユーザーの意味のない同意のないデータの利用は、Web2.0のビジネスモデルに組み込まれているのです。

デジタル・アイデンティティ

デジタルIDもブロックチェーンが生んだ技術であり、Web3.0の最も重要な機能になるかもしれません。要は、Web2.0には、なりすましからクリック詐欺まで、あらゆるサイバー犯罪がはびこるということです。

これは、2つのコンピュータ間の接続が適切に認証されておらず、また現在も認証できないために起こるものです。

Web 2.0では、サーバーは、アクセスするクライアント・ソフトウェアが、識別可能な人間のコントロール下にあるブラウザであるかのように装っていることを、確実に知ることができません。一方、ブラウザも、アクセスしているサーバーやファイルが、自分がアクセスしようと思っているものであるかどうかはわかっていません。

しかし、このような相互作用に関わるすべての人が検証可能なアイデンティティを持っていれば、詐欺や偽装ははるかに難しくなります。デジタルIDでは、各IDが出生証明書のようなユニークな認証にリンクされている必要があるため、個人は検証可能なIDを1つしか持つことができません。同様に、組織も検証可能なIDを1つだけ持つことができます。クライアントとサーバーの間のインタラクションに関わる他のすべてのもの(ハードウェアとソフトウェア)は、個人または組織に属する固有のIDに直接関連付けることができます。

さらに、ゼロ知識証明という優れた技術により、どちらかが自分の身元を明かすことなく、自分が本物であることを証明することができます。

デジタルIDは、Web3.0の2つの重要な特徴を可能にします。

サイバー犯罪の深刻な減少

個人が自分の個人データを管理し、アクセスを許可することができるようになります。

Micropayments(マイクロペイメント)

ブロックチェーンは、いくつかの点でWeb 3.0の基礎となるものです。これまで、防弾デジタルIDと分散ファイルシステムの2つについて述べてきました。おそらく最も重要な貢献は、その主な用途である暗号通貨を作成する能力、特にマイクロペイメントを行うためにそのような通貨を使用する能力でしょう。

これは、暗号通貨の取引コストが低いことに起因しています。非ブロックチェーンの世界では、クレジットカードやデビットカードの取引にかかるコストは、価値の割合に一定額(例えば10セント)を加えたものとして計算され、売り手が支払います。そのため、売り手はチケット価格が10ドル程度以下の商品に対して、クレジットカード決済を許可することは、まずありません。

ブロックチェーン決済のコストは、一般的にかなり低くなります。実際には、ブロックチェーンがどのように構成されているかに依存するため、異なる暗号通貨間でかなり差があります。低コストの例としては、EOSのトランザクションが0.0105ドル、TRONのトランザクションが0.0000901ドルでした(2018年3月計測)。

このように取引コストが低いと、数セントで物を売ることが可能になります。数セントというのは、全国紙や地方紙、雑誌の記事を読むのにかかる料金かもしれません。そのように記事ごとに課金できるようになれば、ウェブパブリッシングに革命が起きるでしょう。商品やサービスの低価格販売は、Web3.0によって現実のものとなるのです。

信頼

ブロックチェーンの最も重要な貢献は、自動化された信頼性であると主張する人もいるかもしれない。これは、ブロックチェーンがデジタルIDを通じて提供できるセキュリティを超えて、信頼の網を構築することです。

ブロックチェーンの中には、「スマートコントラクト」と呼ばれる、ブロックチェーンに添付され、ブロックチェーンの特定のイベントをトリガーに実行されるプログラムの作成を可能にするものがあります。スマートコントラクトの重要な点は、プログラムコードが契約となることです。

このため、スマートコントラクトは法的な契約よりもはるかに確実なものとなっています。法的な契約は法制度によって執行されますが、その信頼性は場所によって異なりますし、決して完璧ではありません。法的な契約に対する挑戦の結果は、決して確実ではありません。

しかし、スマートコントラクトは100%信頼することができます。スマートコントラクトの簡単な例として、サプライチェーンを介した商品の移動が挙げられます。商品にはRFIDタグが付いていて、それを読み取ると位置が分かるようになっています。商品が特定の場所に到着すると、スマートコントラクトは自動的に輸送費、倉庫代、輸入関税の支払いを行うことができます。このように、支払いは予測可能であり、100%信頼できるものであるのです。

もちろん、スマートコントラクトは、この例よりもはるかに複雑になる可能性があります。現在、法的な契約によってカバーされている多くの状況をカバーすることができ、不正の可能性を低くすることができます。

セマンティックデータ・情報

セマンティックデータモデルとは、実世界の意味的な構造を表しているデータモデルのことです。

Web3.0のもう一つの側面は、データをセマンティックな形で表現することです。ここではその背後にある技術については触れませんが、Googleのナレッジグラフを見れば、検索結果の右側に整理されたデータのブロックが表示されることから、その一端を知ることができます。

もし私が言っていることがわからなければ、「ガリレオの裁判」で検索してみてください。Googleは、通常のリンク集だけでなく、検索したトピックの簡潔な要約を提供していることに注意してください。これは、Googleのナレッジグラフの働きです。

しかし、今度は、”ガリレオの裁判に参加したのは誰か?”で検索してみてください。

今のところ、このような質問は、Googleが解明するには複雑すぎるのです。しかし、質問の意味をより深く理解し、調査対象のウェブサイトがよりセマンティックな方法でメタデータを整理していれば、解明できるかもしれません。

しかし、今度は商品の検索について考えてみましょう。ここで、Web 3.0の商業的なマジックが登場します。現在、日本では、GoogleよりもAmazonで商品検索が行われています。しかし、どちらのWeb 2.0も、「55インチのHDテレビを2日以内に配達するために、最もお得な商品は何か」といった商品の詳細な質問には答えることができません。

消費者の立場からすれば、このような質問に対する実用的な回答は、単なるウェブリンクの集合ではなく、さまざまな情報を提供し、可能な選択肢を提示するものである。

このような機能は、セマンティック技術によってWeb 3.0の一部となります。これにより、買い手と売り手は、販売サイクルの時間を大幅に短縮することができます。

ソフトウェアがソフトウェアと交渉する、みんなのボット

私たちが慣れ親しんできたパラダイムは、「ブラウザとウェブサイト」です。

私たちは、ある種のサービスを提供してくれるブラウザのプラグインを持っています(ウェブページのコピーのクリッピング、パスワードの入力、広告のブロックなど)。

ウェブサイト側では、ビッグデータAIやリアルタイムでユーザーに反応するソフトウェアを提供できる大金持ちのウェブ大手を除いて、ウェブサイトは訪問者との対話にかなり無反応でした。

Web 3.0のパラダイムは、これまでとは異なるものになるでしょう。個々のユーザーは、現在ブラウザと呼ばれているものを、アプリケーションを実行する一種のオペレーティングシステムと見なすようになるのです。今、プラグインと呼ばれているものがアプリケーションになり、今まで通り文書やビデオを表示することができますが、それ以上の機能を持つアプリケーションも出てくるでしょう。

例えば、ショッピング・アプリケーションは、ユーザーのデータを収集し、適切なリンク先を探して、車の購入をサポートするようになります。最終的には、価格交渉も含めた購入プロセス全般を支援することができるようになるはずです。

現在、ハッカーや一部のウェブサイトがボットを動かしているように、Web 3.0では、ユーザーは自分に直接サービスを提供するボットを購入し、設定することができるようになる。ボットは結局のところ、単なるアプリケーションなのです。

この開発は、デジタルIDの普及と、優れたセマンティクスに依存するため、しばらく時間がかかるかもしれません。

AIとビッグデータ

ほとんどのウェブユーザーは、ウェブ上で自分を追いかけるデジタル広告や、Facebookが目の前に投下する広告、あるいは注文しようとするときに「好きかもしれない」他のものを買わせようとするAmazonの努力に痛感しているはずです。大きな予算を持つウェブサイトの中では、ビッグデータ(主にお客様のデータ)とAIという双子の武器が、お客様を不利にする商業的な火力を発揮しています。

しかし、インテリジェンスはどちらにも通じます。AIは、もし彼らが自分のデータをコントロールし、それを活用する効果的な方法を見つけるために協力すれば、個人にも同様に役立つことができます。つまり、Web 3.0によってAIの可能性は広がりますが、大企業にとっては不利になります。

3Dグラフィックス

3Dグラフィックスの登場は、グラフィックソフトの進化に伴う当然の帰結です。3Dグラフィックスがよくわからないという方のために、一例をご紹介しましょう。WebGL(Web Graphics Library)は、Webブラウザ上でインタラクティブな2D・3DグラフィックスをプラグインなしでレンダリングできるJavaScriptのAPIです。WebGLは、グラフィックス言語OpenGLをベースとし、HTML5の要素を利用しています。技術的に重要なのは、GPUを活用できるため、パフォーマンスが高いという点です。

3Dグラフィックスは、オンラインゲームやエンターテイメントといった明らかな分野以外でも影響を与えるでしょう。教育、医療、不動産、その他のeコマースの分野で利用される可能性があります。また、いずれは個人が自分の3Dアバターをデザインして使用することも考えられます。

ブロックチェーン関連技術(分散ファイルシステム、デジタルID、マイクロペイメントなど)は関連する動きとして捉えることができますが、3Dグラフィックスは単なる進化形です。ある時期に必然的に発展し、たまたま他のWeb3.0技術と同時期に成熟してきただけなのです。

完全な接続性(ユビキタス)

Web3.0は、Web2.0の不便さを解消するものです。

どのようなデバイス(パッド、携帯電話、デスクトップ)でもシームレスにWebを利用できるようになると予想されます。モノのインターネットがパーティに加わり、あらゆる家庭用デバイスがどこからでも制御可能になり、適切な場合にはウェブアクセスデバイスとして使用できるようになります。

最終的には、あなたのアイデンティティ、あなたが所有するほとんどのもの、あなたのすべてのデータ、そしてあなたが使用する権利を持つすべてのソフトウェア機能がリンクされ、連携できるようになることを意味します。

Web 3.0はいつ実現するのか?

新しいテクノロジーの世代は、特定の日に生まれることはありません。Web1.0だって特定の日に生まれたわけではありません。

最初のブラウザが使える状態でリリースされると同時に始まったと言えるでしょう。しかし、当時はまだWebサイトがそれほど多くありませんでした。したがって、Webサイトが増え始めたときに生まれたと主張することもできるでしょう。しかし、現実的には、最初の検索エンジンが登場するまで、それは起こらなかったのです。

要は、徐々に出現したということです。ソーシャルネットワーク、マルチプレイヤー・ゲーム、ビッグデータ・アルゴリズムなどのWeb2.0も、その出現に時間がかかりました。

Web 3.0も同じでしょう。

おそらく、ある朝目覚めると、あなたのブラウザは、あなたのために本当に役に立つことをするボットのセットを具現化し、あなたはデジタルIDを持っていて、インターネットとインテリジェントに対話できることに気づくでしょう。そうなったとき、あなたは宣言する権利を持つことになるでしょう。「そうだ、これがWeb 3.0だ」と宣言する権利があるのです。

お得なキャンペーン開催中
認証&入金で2500円のBTC獲得
お得なキャンペーン開催中
認証&入金で2500円のBTC獲得
【無料】口座開設で¥3000取引ボーナス
さらに入金で最大$5000の2段階ボーナス
口座開設¥3000のボーナス
入金で最大$5000のWボーナス