≫≫≫【UberEats】料理を配達して副収入を獲得【今すぐ登録】≪≪≪

【サブドメイン以外のアクセス制限&拒否(禁止)】エックスサーバーとエックスサーバードメイン

【サブドメイン以外のアクセス制限&拒否(禁止)】エックスサーバーとエックスドメイン

動画で見る【フル動画】

【サブドメイン以外のアクセス制限&拒否(禁止)】エックスサーバーとエックスサーバードメイン

「Xserver(エックスサーバー)で作成したサブドメイン」は、サーバー上では下記のパスに配置されます。

メインドメイン/public_html/サブドメイン

実は、上記は「サブディレクトリ」を設置した時と同じ構造になっています。

つまり、このままでは「下記のどちらのURLでもアクセスできてしまう状態」なのです。

サブドメイン

https://〇〇.yahoo.com/

サブディレクトリ

https://yahoo.com/〇〇/

しかしWordPressは、サブディレクトリ(https://yahoo.com/〇〇/)ではアクセスできないよう、この問題を自動的に調整してくれるので、安心してください。

ただ、「静的なサイト」などをサブドメインに配置する場合は、サブドメイン型のURL(例 https://〇〇.yahoo.com/)でのみ、アクセスを許可する設定(※アクセス制限の設定)をしておきましょう。

そのためには、「.htaccess」というファイルの編集が必要となります。

【「エックスサーバー」と「エックスドメイン」を使用し、サブドメインを追加した方】は、自動的にサブドメインのフォルダの中に「.htaccess」ファイルが追加されております。

この「サブドメイン(フォルダ)」に追加された「.htaccess」ファイルの中に、下記のsub.domain.comの部分をご自身のサイトのサブドメインに書き換えたコードを、追記してください。

「.htaccess」ファイルに、既にコードが記述されている場合は、以下のコードのsub.domain.com」部分を書き直したものを、記述済みコードの直下に書き足して、保存すれば完了です。

コード
SetEnvIf Host "^sub.domain.com$" host
order deny,allow
deny from all
allow from env=host

例:サブドメイン=「blog.gignavi.com」の場合

コード
SetEnvIf Host "^blog.gignavi.com$" host
order deny,allow
deny from all
allow from env=host

「sub.domain.com」の部分を「blog.gignavi.com」など、自分のサブドメインに書き換えて、使います

Xserver(エックスサーバー)を使っている人は、Xserver(エックスサーバー)のマイページの「ファイル管理」から、直接、「サブドメインの.htaccessファイル」に書き足すことが出来ますので、試してみてください。

サブドメインへのWordPressインストールが終わっていない人

「サブドメインへのWordPressインストールが終わっていない人」は、こちらの動画を見て、まず先に、サブドメインへWordPressをインストールしてください。

≫もっと詳しく見る:サブドメインにWordPressをインストールする簡単な方法【ワードプレス使い方】