【無料】リアル口座開設で『¥3,000の取引ボーナス』+『入金金額で最大$5,000の2段階ボーナス』 すぐにGET ≫≫≫

2022年も期待できるノン・ファンジブル・トークン(NFT)トップ5

2022年も期待できるノン・ファンジブル・トークン(NFT)トップ5

2022年も期待できるノン・ファンジブル・トークン(NFT)トップ5

2021年の初め、Non-Fungible Token(NFT)について聞いたことがある人は比較的少なかったと思います。JPモルガンのアナリストによると、デジタルトークンの月間売上高は約20億ドルで「推移」しているとのことです。アナリストは、NFTの世界の総時価総額は70億ドル相当と推定しています。

その資金の多くは、デジタル・アートワークの市場に流れています。アーティストが署名したユニークな暗号トークンは、買い手から数千万ドルに上る高値で買い叩かれています。その過程で、既存のプレーヤーと新しいプレーヤーが入り混じった新しいエコシステムが生まれました。クリスティーズやサザビーズのような一流のオークションハウスは、すでにNFTのバンドワゴンに乗り込んでいます。また、OpenSeaやNiftyのような新しいものも人気を博しています。

ここでは、2021年の価格別NFTのトップ5を紹介します。以下の5つのNFT以外にも、買い手から高い評価を得ているものがいくつかあります。例えば、アーティストのビープルの「クロスロード」はNiftyで660万ドルの値がつき、Twitter共同創業者のジャック・ドーシーの「just setting up my twtrr」という初々しいツイートは290万ドルで落札されています

NFTの重要なポイント

  • 2021年に爆発的な人気を博したNFTトークン。
  • 最も高価なNFTは、3月のクリスティーズのオークションで6930万ドルで落札されたBeepleによるデジタルコラージュの画像です。
  • 2017年にアルゴリズムを使って作成されたユニークなピクセルアート「Alien Cryptopunks」が、最も高価なNFTのリストを独占しています。
  • エブリデイズ ザ・ファースト5000デイズ
    販売価格:6930万ドル

Everydays: The First 5000 Days 

Sale price: $69.3 million

マイク・ビープル・ウィンクルマンが2007年まで遡って制作した日々のイメージのコラージュは、これまでに販売されたNFTの中で最も高額な作品です。「The First 5,000 Days」は2021年3月11日にオークションハウス「クリスティーズ」で販売され、シンガポール在住の暗号通貨投資家がイーサ(ETH)で作品の代金を支払って購入しました。

NFTの買い手は、物理的な製品ではなく、デジタルアーチファクトを手に入れたのです。このエブリデイズの販売によって,ウィンクルマンはフロリダの無名のグラフィックデザイナーから,存命中のアーティストによる作品の中で3番目に高価な作品の背後にいる人物になったのです。

Human One 

Sale price: $28.9 million

ウィンクルマンは、11月に物理的なものとデジタルなもののハイブリッド作品です。

「Human One」で、再び彼のアートで金字塔を打ち立てました。この作品は「キネティック・ビデオ・スカルプチャー」と呼ばれ、磨き上げられたアルミニウム金属に4つのビデオスクリーン、マホガニー材のフレーム、そしてデュアルメディアサーバーで構成されています。この作品にはトークンが付属しており、クリスティーズで2890万ドルで落札されました。

オークションハウスは、ウィンクルマンを「最も価値のある存命中のアーティスト上位3人のうちの1人」と評しました。

Cryptopunk #7523 

Sale price: $11.75 million

Cryptopunksは、Larva Labsを運営するカナダ在住の開発者デュオがEthereumのブロックチェーン上で「独自に生成した」ピクセルアートキャラクターです。2017年6月に合計1万個のCryptopunksが作成されたり、コードでアルゴリズム生成されたりしています。当初は、ETHウォレットがあれば誰でも無料で取得できるものでした。しかし、それ以来、彼らは盛んな転売市場の一部となり、幅広い価格で取引されています。9人のエイリアンがオリジナルのロットの一部であり、最もユニークで高価だと考えられています。

これらのうち、最も高価な価格の現在の記録は、クリプトパンク#7523に残っています。このNFTは2017年に鋳造され、マスクと外科医の帽子をかぶっていたため、「COVIDエイリアン」と呼ばれていました。サザビーズのオークションで最終価格1175万ドルで落札されました。100万ドルから入札が始まり、最終価格の半分以上が最後の数分で積み上げられたといいます。クリプトパンクを購入したのは、ゲーム内ベッティングプラットフォーム「ドラフトキングス」の筆頭株主であるシャローム・メッケンジー氏である。Cryptopunk #7523を購入した後、”COVIDとNFTの普及を象徴するものだと思った “と語っています。

Cryptopunk #3100 

Sale price: $7.67 million

Cryptopunk #7523がある時代を代表する作品ということで関心を集めたのに対し、Cryptopunk #3100はそのヘッドバンドを根拠に惰性で過去最高価格を記録した。このエイリアンの青と白のヘッドバンドは、2021年3月11日、世界最大のNFTプラットフォームであるOpenSeaで767万ドルで販売されるに十分なユニークさと見なされました。現在はまだ入札は行われていないが、3万5000イーサ、1億5870万円で販売されています。

Cryptopunk #7804

Sale price: $7.57 million

クリプトパンク#7804は宇宙人でもあり、帽子をかぶり、笠をかぶり、パイプを吸っています。それが2021年3月11日、757万ドルをポンと出す買い手が現れたのです。3月の売却後も、複数の入札があり、その価格帯は幅広い振幅を描いています。例えば、2021年8月6日、イーサリアムのブロックチェーン上のあるアドレスが、#7804に6ドルの入札を行った。2021年10月29日には、誰かが同じアーティファクトに8764万ドルの入札を行ったのです。

【無料】口座開設で¥3000取引ボーナス
さらに入金で最大$5000の2段階ボーナス
口座開設¥3000のボーナス
入金で最大$5000のWボーナス