≫≫≫【UberEats】料理を配達して副収入を獲得【今すぐ登録】≪≪≪

【Ethereum】イーサリアムとは何か、どのように機能するのか?

【Ethereum】イーサリアムとは何か、どのように機能するのか?

【Ethereum】イーサリアムとは何か、どのように機能するのか?

イーサリアムは、ビットコインに次いで人気のある暗号通貨としてよく知られています。しかし、ビットコインや他の多くの仮想通貨とは異なり、イーサリアムは単なる交換手段や価値の貯蔵をはるかに超える存在であることを意図しています。イーサリアムは、ブロックチェーン技術によって構築された分散型コンピューティング・ネットワークを自称しています。その意味するところを紐解いてみよう。

≫もっと詳しく見る:【仮想通貨】暗号資産とは?ブロックチェーンとは?

イーサリアムの仕組み

他の暗号通貨と同様、イーサリアムはブロックチェーン・ネットワークを基盤としています。ブロックチェーンとは、すべての取引が検証され記録される分散型の公開台帳です。

イーサリアムのネットワークに参加する全員がこの台帳の同一コピーを保持し、過去の取引をすべて見ることができるという意味で分散型であるといえます。ネットワークは中央集権的な組織によって運営・管理されるのではなく、分散型台帳を保有するすべての人によって管理されるという意味で、分散型と呼ばれているのです。

ブロックチェーンの取引では、暗号技術を利用してネットワークの安全性を確保し、取引を検証します。人々はコンピュータを使って「採掘」、つまりネットワーク上の各取引を確認し、システムの中核であるブロックチェーンに新しいブロックを追加する複雑な数式を解きます。参加者は、暗号通貨トークンで報酬を得ます。イーサリアムのシステムでは、これらのトークンはイーサ(ETH)と呼ばれます。

イーサ(ETH)は、ビットコインのように商品やサービスの売買に使用することができます。また、ここ数年で急激に価格が上昇しており、事実上の投機的な投資対象になっています。しかし、イーサリアムの特徴は、コンピューター上でソフトウェアが「動く」ように、ユーザーがブロックチェーン上で「動く」アプリケーションを構築できることです。これらのアプリケーションは、個人データの保存や転送、複雑な金融取引の処理などを行うことができます。

Enterprise Ethereum Allianceの教育・開発ディレクターであるKen Fromm氏は、「イーサリアムは、ネットワークがマイニングプロセスの一部として計算を実行できる点でビットコインとは異なります」と述べています。「この基本的な計算能力によって、価値の貯蔵と交換の媒体が、分散化されたグローバルな計算エンジンと公然と検証可能なデータストアに変わるのです」。

≫もっと詳しく見る:ブロックチェーン技術とは?暗号資産(仮想通貨)とブロックチェーンの関係

イーサ(ETH)とイーサリアム(Ethereum)その違いとは?

イーサ(ETH)は、デジタル通貨として金融取引、投資、または価値の保存に使用することができます。イーサリアムは、イーサが保持され、交換されるブロックチェーンネットワークです。しかし、前述の通り、このネットワークはETH以外にも様々な機能を提供しています。

“これらは単純な資金の移動である場合もありますが、資産の交換からローンの利用、デジタルアートの取得まで何でも行う複雑な取引である場合もあります “と、Anchorageの製品責任者Boaz Avital氏は言います。取引はイーサリアムのネットワーク上で処理され、保存されるのです。

イーサリアムのネットワークは、データの保存や分散型アプリケーションの実行にも利用できます。GoogleやAmazonが所有・運営するサーバーでソフトウェアをホスティングし、1社がデータを管理するのではなく、人々はイーサリアムのブロックチェーン上でアプリケーションをホスティングすることができます。これにより、ユーザーは自分のデータをコントロールすることができ、すべてを管理する中央機関が存在しないため、アプリをオープンに使用することができるのです。

イーサとイーサリアムが関わる最も興味深いユースケースの1つは、自己実行型契約、いわゆるスマートコントラクトでしょう。他の契約と同様に、2つの当事者が将来における商品やサービスの提供について合意を行います。従来の契約とは異なり、弁護士は必要ありません。当事者はイーサリアムのブロックチェーン上で契約をコーディングし、契約の条件が満たされると、それは自己実行され、適切な当事者にイーサが配信されます。

イーサリアムとビットコインの比較

ビットコインの主な用途は、仮想通貨および価値の貯蔵です。イーサ(ETH)も仮想通貨や価値の貯蔵として機能しますが、分散型イーサリアムネットワークにより、ネットワーク上でアプリケーションやスマートコントラクト、その他のトランザクションを作成し実行することが可能です。ビットコインはこうした機能を備えていない。通貨や価値の貯蔵としてのみ使用されます。

また、イーサリアムはより迅速に取引を処理します。カッテンの金融市場・規制グループの議長であるゲイリー・デワールは、「ビットコインのネットワークでは新しいブロックが10分に1回検証されるのに対し、イーサリアムのネットワークでは新しいブロックが12秒に1回検証されます」と述べています。そして、今後の開発により、イーサリアムの取引はさらに高速化される可能性があると指摘しています。

イーサリアムのメリット

大規模で既存のネットワーク

イーサリアムの利点は、長年の運用と何十億もの価値の取引を通じて試行錯誤されたネットワークです。大規模で献身的なグローバルコミュニティと、ブロックチェーンと暗号通貨における最大のエコシステムを有しています。

幅広い機能

イーサリアムはデジタル通貨として使用される以外にも、他の種類の金融取引の処理、スマートコントラクトの実行、サードパーティアプリケーションのデータ保存に使用することができます。

絶え間ないイノベーション

イーサリアム開発者の大規模なコミュニティは、ネットワークを改善し、新しいアプリケーションを開発するための新しい方法を常に探しています。「イーサリアムは人気があるため、新しくエキサイティングな(そして時にはリスクの高い)分散型アプリケーションのためのブロックチェーンネットワークとして好まれる傾向があります」

仲介者を回避

イーサリアムの分散型ネットワークは、契約書の作成や解釈を行う弁護士、金融取引の仲介を行う銀行、第三者のウェブホスティングサービスといった第三者の仲介者をユーザーが置き去りにできる将来を約束しています。

≫もっと詳しく見る:NFTとは

イーサリアムのデメリット

取引コストの上昇

イーサリアムの人気が高まっているため、取引コストが上昇しています。「ガス」とも呼ばれるイーサリアムの取引手数料は、2021年2月に1取引あたり23ドルを記録し、マイナーとして稼ぐなら良いですが、ネットワークを利用しようとするとそうもいきません。ネットワーク自体が取引検証者に報酬を与えるビットコインとは異なり、イーサリアムは取引に参加する者が手数料を負担する必要があるからです。

仮想通貨のインフレの可能性

イーサリアムは年間1800万イーサを放出するという制限がありますが、コインの潜在的な数には生涯の上限がありません。このため、投資対象として、イーサリアムはよりドルに近い機能を果たす可能性があり、コイン数の生涯上限が厳しいビットコインほどには評価されない可能性があります。

開発者の学習曲線が急であること

イーサリアムは、集中処理から分散型ネットワークに移行するため、開発者が手にするのが難しい可能性があります。

未知の未来

イーサリアムは進化と改善を続けており、現在開発中のイーサリアム2.0では、新機能や効率性の向上が期待されています。しかし、今回のネットワークのメジャーアップデートは、現在利用されているアプリや取引に不安を与えています。

イーサリアムの買い方

イーサリアムそのものを買うのではないありません。イーサリアムはネットワークだからです。僕たちはイーサ(ETH)を購入し、それをイーサリアムのネットワークで使用するのです。イーサリアムの人気を考えると、イーサ(ETH)を購入するのは非常に簡単です。

≫もっと詳しく見る:イーサリアムの賢い買い方・購入方法と注意点

暗号通貨取引所の選び方

暗号化取引所と取引プラットフォームは、さまざまな暗号化通貨を売買するために使用されます。Coinbase、Binance、Krakenは、大規模な取引所の一部です。Ether や Bitcoin のような最も一般的なコインの購入だけに興味がある場合は、Robinhood や SoFi などのオンライン証券会社を利用することもできます。ほぼ例外なく、いくらかの取引手数料や処理手数料を支払う必要があります。

≫もっと詳しく見る:2021年ベストな仮想通貨取引所とプラットフォーム9選

法定通貨を入金します

イーサの購入資金を調達するために、取引プラットフォームに日本円などの現金を入金するか、銀行口座またはデビットカードをリンクさせる必要があります。

イーサ(ETH)を購入します

アカウントに入金したら、そのお金で他の資産と一緒に現在のイーサリアム価格でイーサを購入できます。コインが口座に入ったら、それを保有したり、売却したり、将来的に他の暗号通貨と交換したりすることができます。暗号通貨を売却または取引する際には、税金が発生する可能性があることを覚えておいてください。

ウォレットを使用する

取引プラットフォームのデフォルトのデジタルウォレットにイーサを保管することもできますが、これはセキュリティリスクとなる可能性があります。誰かが取引所をハッキングすれば、あなたのコインを簡単に盗むことができます。また、すぐに売却や取引をする予定のないコインは、安全のために別のデジタルウォレットやインターネットに接続されていないコールドウォレットに移すという方法もあります。

≫もっと詳しく見る:最適な仮想通貨ウォレットを選ぶ【暗号資産を保管するコールドウォレット・ハードウェアウォレット】

イーサは買うべきか?

いくつかの理由でイーサリアムネットワークへの投資を検討することができるかもしれません。”第一に、仮想通貨としての価値と利用価値があること、第二に、イーサリアムのブロックチェーンが新しいプロトコルに移行する際に、より魅力的になる可能性があること、第三に、多くの人がイーサリアム分散アプリを活用することで、ETHに対する需要が高まる可能性があること “と述べています。

イーサを直接購入する以外にも、イーサリアムネットワークを利用したアプリケーションを構築している企業に投資してみるのもよいでしょう。

イーサや他の暗号通貨に多額の投資を行う前に、まず財務アドバイザーに潜在的なリスクについて相談することを検討してください。この市場の高いリスクとボラティリティを考えると、イーサリアムの可能性を信じている場合でも、それはあなたが失う可能性のあるお金であることを十分に理解してください。

≫もっと詳しく見る:アルトコインとは何か、その仕組みとは

お得なキャンペーン開催中
認証&入金で2500円のBTC獲得
お得なキャンペーン開催中
認証&入金で2500円のBTC獲得
【無料】口座開設で¥3000取引ボーナス
さらに入金で最大$5000の2段階ボーナス
口座開設¥3000のボーナス
入金で最大$5000のWボーナス