【無料】リアル口座開設で『¥3,000の取引ボーナス』+『入金金額で最大$5,000の2段階ボーナス』 すぐにGET ≫≫≫

ブロックチェーン技術とは?暗号資産(仮想通貨)とブロックチェーンの関係

ブロックチェーン技術とは?暗号資産(仮想通貨)とブロックチェーンの関係

ブロックチェーンとは?

ブロックチェーンは、ビットコインをはじめとする何千もの暗号資産を支える中核技術であり、デジタル通貨以外にも有望な可能性を秘めています。

ブロックチェーン技術は、21世紀で最も注目されているイノベーションの一つかもしれません。ビットコインをサポートするために開発されたブロックチェーンは、現在では何千もの暗号資産を動かしており、開発者たちはこの技術を医療、芸術、金融などのビジネスに統合することに取り組んでいます。

このような関心の高まりを理解するには、ブロックチェーンがどのように機能するのか、なぜ価値があるのか、他のインターネット技術とは何が違うのかを理解することが役立ちます。

≫もっと詳しく知る:【仮想通貨】暗号資産とは?ブロックチェーンとは?

ブロックチェーンの定義

ブロックチェーンとは、ハッキングや改ざんが困難な方法で、コンピューターのネットワークによって管理されている取引のデジタル台帳です。この技術は、政府や銀行、その他の第三者のような仲介者を介さずに、個人同士が直接取引を行う安全な方法を提供します。

ブロックと呼ばれる記録のリストは、暗号を使って連結されています。それぞれの取引は、ピアツーピアのコンピュータネットワークによって独立して検証され、タイムスタンプが押され、成長するデータの連鎖に加えられます。一度記録されたデータは改ざんできません。

ブロックチェーン技術は、ビットコインやイーサリアムなどの暗号資産の普及に伴い、法的な契約や不動産販売、医療記録など、一連の行動や取引を承認・記録する必要のあるあらゆる産業への応用が期待されています。

≫もっと詳しく知る:ビットコインの購入方法・買い方

暗号資産(仮想通貨)とブロックチェーンの関係

ビットコインのシステムを例に、ブロックチェーン(分散型台帳技術とも呼ばれる)の仕組みを説明します。

ビットコインの売買は、ノードと呼ばれる強力なコンピューターのネットワークに入力され、送信されます。

世界中の何千ものノードからなるこのネットワークは、コンピュータのアルゴリズムを使って取引の確認を競います。これをビットコインのマイニングといいます。最初に新しいブロックの完成に成功した採掘者は、その作業に対してビットコインで報酬を得ます。この報酬は、新しく鋳造されたビットコインと、買い手と売り手に還元されるネットワーク手数料の組み合わせで支払われます。手数料は、取引量に応じて増減します。

購入が暗号化されて確認されると、その販売は分散型台帳のブロックに追加されます。その後、ネットワークの大部分が販売を確認する必要があります。

このブロックは、ハッシュと呼ばれる暗号化されたフィンガープリントを用いて、ビットコイン取引の過去のすべてのブロックと恒久的に連結され、販売が処理されます。

ブロックチェーン技術のコンセプトは、1982年の学術論文に初めて登場しました。”相互に疑わしいグループによって確立、維持、信頼できる分散型コンピュータシステムの設計 “について論じた論文です。しかし、学術的な理論を実際に使用するようになったのは、2008年に匿名のサトシ・ナカモトが発表した “Bitcoin: A Peer-to-Peer Electronic Cash System “という論文でした。

≫もっと詳しく知る:初心者のためのビットコイン【ビットコインとは】

ブロックチェーン技術の「長所と短所」

ビットコインを例に、ブロックチェーン技術を暗号資産に適用した場合の長所と短所をご紹介します。

長所

1.非中央集権

米ドルは連邦準備制度によって発行されていますが、ビットコインをはじめとする暗号資産を発行・管理する政府機関はありません。これは、パブリック・ブロックチェーンの運命を決定する特定の政府や機関の能力が排除されることも意味します。また、仲介者がいないことで、第三者による取引に伴う手数料が不要となり、コスト削減にもつながります。ブロックチェーンの仕組みのもう一つの副産物は、時間効率です。ブロックチェーンは、銀行やその他の仲介者とは異なり、24時間365日営業しています。

2.透明性+匿名性

ビットコインのブロックチェーン上のすべての取引は、ネットワーク上のコンピュータに記録されています。暗号資産を保有するビットコインウォレットのアドレスと取引履歴は公開されていますが、その公開アドレスに接続された各ウォレットの所有者は匿名であり、記録されていないため、取引は完全に透明です。

3.精度と安全性

取引には人の手がほとんど介在しないため、エラーのリスクが低くなります。各取引は、ネットワークノードの過半数によって確認され、記録されなければならないため、情報を操作したり改ざんしたりすることは、限りなく困難です。また、誰もが1ビットコインを2回以上使うことができないようになっています。

4.パブリックブロックチェーンとプライベートブロックチェーンの応用

ブロックチェーン技術は、デジタル通貨をはるかに超える可能性のある効率性を生み出します。例えば、ビットコインはパブリックなブロックチェーンネットワーク上にあるため、誰でも参加することができます。しかし、ビジネス向けの多くのアプリケーションは、組織が参加者をコントロールできるプライベート・ブロックチェーン・ネットワーク上で作成することができます。

「ブロックチェーンのサプライチェーン」

IBM Blockchainのような企業は、製品のサプライチェーンをより正確に追跡するために、ブロックチェーン技術を用いたプライベートネットワークソリューションをすでに提供しています。例えば、企業はこの技術を使って、リコールされた食品がどこに出荷され、販売されたかを迅速に調べることができます。

「健康管理の記録」

Deloitte Consultingは、電子医療記録のための全国的なブロックチェーンネットワークが、”効率を改善し、患者のより良い健康上の成果をサポートする可能性がある “と示唆しています。

「スマートコントラクト」

ブロックチェーン技術を用いて、あらかじめ設定された条件を満たすことで、契約条件を自動的に変更・更新することができます。

≫もっと詳しく知る:【Ethereum】イーサリアムとは何か、どのように機能するのか?

「デジタル選挙」

ブロックチェーン技術を選挙に応用しようとしている開発者がいます。

「不動産取引」

ブロックチェーン技術は、不動産、自動車、投資ポートフォリオなど、さまざまな資産売買に応用できると推進派は述べています。

≫投資の準備ができた人へ:ここでは、厳選したビットコインと仮想通貨の取引所を選んでいます。

5.銀行口座を持たない人にもチャンス

金融機関が貧弱または腐敗している国や地域では、ブロックチェーン・プロトコルに基づく暗号資産を利用することで、悪質な第三者を介さずに現金の送金や保有が可能になります。

短所

1.犯罪者が暗号資産を好む

多くの新技術と同様に、最初に採用した人の中には犯罪者がいます。彼らは、ビットコインのような暗号資産を、プライバシーを守るための支払いに利用したり、ビットコインの保有者を詐欺のターゲットにしたりします。例えば、ビットコインは、2013年にFBIによって閉鎖された、違法薬物などの闇市場のオンラインショッピングネットワークであるSilk Roadの消費者に使用されていました。最近のColonial Pipeline社へのランサムウェア攻撃では、同社はコンピュータシステムのロックを解除するために440万ドルを暗号資産で支払いました。

一方、ビットコインの投資詐欺は、最近の歴史的な上昇と連動して急増しています。米連邦取引委員会は、2020年10月から2021年3月までに約7,000人が迅速なリターンを謳うスキームで8,000万ドルの損失を被ったと報告しており、報告された損失額は前年比で約1,000%増加しています。

2.ブロックチェーン暗号資産はボラティリティーが高い

「ブロックチェーンは投資に適しているのか?」と疑問に思う人もいます。それは、あなたの投資目標とリスク許容度によります。2021年には暗号資産の人気が爆発し、4月にはビットコインがスポット価格で65,000ドル近くを記録しました。しかし、ビットコイン特有の変動性のため、6月初旬には価格が50%近く下落し、その後再び上昇に転じました。

3.暗号の利用はまだニッチ

現在では、多くの取引所、証券会社、決済アプリがビットコインを販売しており、PayPalやMicrosoftなどの多くの企業がビットコインでの支払いを受け付けています。しかし、ビットコインのようなブロックチェーン通貨での購入は、まだまだ例外的であり、一般的ではありません。また、PayPalなどの現金決済アプリでビットコインを販売する場合、ユーザーは、製品やサービスにかかる州税や地方税とは別に、販売したビットコインにかかるキャピタルゲイン税を支払う必要があります。

4.ビットコインの採掘にはエネルギーが必要

ビットコインの採掘には、大量のエネルギーを消費する高速コンピューターのネットワークが使われています。ケンブリッジ大学のElectricity Consumption Indexによると、ビットコインシステムを国に例えると、オランダに次ぐ34番目の電力消費国であり、フィリピンよりも先に電力を消費しています。テスラのイーロン・マスクCEOは2021年5月、暗号通貨が二酸化炭素排出量を削減する方法を見つけられるまで、自動車メーカーはビットコインを受け付けないと発表しました。他のブロックチェーンの開発者たちは、よりエネルギー消費の少ないオプションを考え出しています。

5.ビットコインのブロックチェーンは遅い

ビットコインのブロックチェーンは、1秒間に約7件の新規取引を処理できます。それに比べて、クレジットカード大手のVISAは、1秒間に24,000件のトランザクションを処理できるといいます。そのため、ビットコインのシステムにはスケーラビリティの問題があります。他の形態のブロックチェーンベースの暗号通貨は、この問題に取り組んでいます。期待されているEthereumシステムのアップグレード(Ethereum 2.0と呼ばれる)では、現在の毎秒30件から毎秒1万件のトランザクションを処理できるようになると予想されています。

≫もっと詳しく知る:イーサリアムの賢い買い方・購入方法と注意点

ブロックチェーン技術の将来性

ブロックチェーン技術の応用としては、ビットコインシステムが最もよく知られていますが、この新興技術を背景に構築されている暗号通貨は何千もあります。ビットコインが他の伝統的な支払い方法に取って代わることに成功するかどうかはまだわかりませんが、ブロックチェーン技術の応用は急速に拡大しており、支持者たちは業界全体に劇的な変化をもたらす可能性があると述べています。

≫もっと詳しく知る:2021年ベストな仮想通貨取引所とプラットフォーム9選

【無料】口座開設で¥3000取引ボーナス
さらに入金で最大$5000の2段階ボーナス
口座開設¥3000のボーナス
入金で最大$5000のWボーナス