≫≫≫【UberEats】料理を配達して副収入を獲得【今すぐ登録】≪≪≪

【仮想通貨】暗号資産とは?ブロックチェーンとは?

仮想通貨 暗号資産とは?ブロックチェーンとは?

暗号資産(仮想通貨)とは

最も人気のある暗号資産(仮想通貨)であるビットコインは、今年に入ってからの価格変動が激しく、4月に6万5,000ドル近くに達した後、5月には価値の半分近くを失いました。秋には再び価格が急上昇し、史上最高値である6万6,000ドルを超えた後、再び下落しました。

ここでは、暗号資産(仮想通貨)について尋ねるべき7つのことと、注意すべきことを紹介します。

1. 暗号資産(仮想通貨)とは何ですか?

暗号資産(仮想通貨)とは、オンラインで商品やサービスと交換することができる支払い方法のことです。多くの企業がトークンと呼ばれる独自の通貨を発行しており、これらはその企業が提供する商品やサービスと特別に交換することができます。ゲームセンターのトークンやカジノのチップと同じようなものです。商品やサービスを利用するには、現実の通貨と暗号資産(仮想通貨)を交換する必要があります。

暗号資産(仮想通貨)の仕組みは、ブロックチェーンと呼ばれる技術を使っています。ブロックチェーンとは、多くのコンピューターに分散している分散型の技術で、取引を管理・記録するものです。この技術の魅力の一つは、そのセキュリティです。

≫もっと詳しく知る:ブロックチェーン技術とは?暗号資産(仮想通貨)とブロックチェーンの関係

2. どれくらいあるの?それらはどのような価値があるのか?

市場調査サイトのCoinMarketCap.comによると、15,000種類以上の暗号資産(仮想通貨)が公に取引されています。そして、暗号資産(仮想通貨)は増殖し続けています。2021年12月10日の全暗号資産(仮想通貨)の総価値は約2.3兆円で、数週間前の2.9兆円を超える史上最高値から下落している。最も人気のあるデジタル通貨であるビットコインの全価値の合計は、約9,324億ドルとされました。

時価総額による最高の暗号資産(仮想通貨)

暗号資産(仮想通貨) 時価総額
Bitcoin 932.4億ドル(約10.5兆円)
Ethereum 497億ドル
Binance Coin 98.2億ドル
Tether 76.2億ドル
Solana 55.6億ドル
Cardano 44.1億ドル
USD Coin 41.1億ドル
XRP 40.4億ドル
Polkadot 27.6億ドル
Terra 26.8億ドル

2021年12月10日のデータ

≫もっと詳しく知る:ビットコインの購入方法・買い方

3. なぜ暗号資産(仮想通貨)は人気があるのか?

暗号資産(仮想通貨)が支持者にアピールするのは、さまざまな理由があります。ここでは、最も人気のあるものを紹介します。

支持者は、ビットコインなどの暗号資産(仮想通貨)を未来の通貨と見なし、おそらく価値が高くなる前に、今すぐ購入しようと競っています。

中央銀行が通貨供給量の管理から外れることを支持する人もいます。中央銀行は時間の経過とともにインフレを起こしてお金の価値を下げる傾向があるからです。

また、暗号資産(仮想通貨)を支える技術であるブロックチェーンは、分散型の処理・記録システムであり、従来の決済システムよりも安全性が高いという点も支持されています。

投機家の中には、暗号資産(仮想通貨)の価値が上がることを好んでいますが、お金を動かす手段として長期的に受け入れられることには関心がありません。

≫もっと詳しく知る:イーサリアムの買い方・購入方法と注意点

4. 暗号資産(仮想通貨)は投資に適しているか?

暗号資産(仮想通貨)は値上がりするかもしれませんが、多くの投資家は、本当の投資ではなく、単なる投機と見なしています。その理由としては、現実の通貨と同じように、暗号資産(仮想通貨)はキャッシュフローを生まないので、あなたが利益を得るためには、誰かがあなたよりも多くのお金を出して通貨を購入しなければなりません。

一方、管理の行き届いたビジネスでは、収益性とキャッシュフローを向上させることで、時間の経過とともにその価値を高めていくことができます。

“ビットコインなどの暗号資産(仮想通貨)を未来の通貨と見なしている人にとっては、通貨には安定性が必要であることに留意すべきである。”

投資界の著名な声の中には、これから投資をしようとしている人に、それらを避けるように忠告している人もいます。特に、伝説的な投資家であるウォーレン・バフェット氏は、ビットコインを紙の小切手に例えています。「ビットコインは非常に効果的な送金手段であり、匿名で送金することもできます。小切手もお金を伝達する手段のひとつです。小切手はお金を伝達する手段でもありますが、小切手に大きな価値があるでしょうか?お金を伝達できるという理由だけで?」と言っています。

≫もっと詳しく知る:ビットコインの安全性【ビットコインは安全か?】

ビットコインなどの暗号資産(仮想通貨)を未来の通貨と見なしている人にとっては、商人や消費者が商品の適正価格を判断するために、通貨には安定性が必要であることに留意する必要があります。ビットコインをはじめとする暗号資産(仮想通貨)は、その歴史の大半において安定性に欠けていました。例えば、ビットコインは2017年12月に2万ドル近くで取引されていたが、その後、1年後には約3,200ドルという低水準まで価値が下がった。2020年12月には、再び記録的な水準で取引されるようになりました。

このような価格の変動は、難問を生み出します。もしビットコインの価値が将来的にもっと高くなるかもしれないとしたら、人々は今のビットコインを使って流通させる可能性が低くなり、通貨としての価値が下がってしまう。来年には3倍の価値になっているかもしれないのに、なぜ1ビットコインを使うのでしょうか?

5. どのように購入するのですか?

ビットコインをはじめとする暗号資産(仮想通貨)は、米ドルで購入できるものもあれば、ビットコインや他の暗号資産(仮想通貨)での支払いが必要なものもあります。

暗号資産(仮想通貨)を購入するには、「ウォレット」と呼ばれる通貨を保管できるオンラインアプリが必要です。一般的には、取引所でアカウントを作成し、実際のお金を送金してビットコインやイーサリアムなどの暗号資産(仮想通貨)を購入します。ここでは、ビットコインに投資する方法について詳しく説明します。

Coinbase(コインベース)は人気のある暗号資産(仮想通貨)取引所のひとつで、ウォレットの作成とビットコインやその他の暗号資産(仮想通貨)の売買の両方を行うことができます。また、eToro、Tradestation、Sofi Active Investingなど、暗号資産(仮想通貨)を提供するオンラインブローカーも増えています

Robinhood(ロビンフッド)は、無料で暗号資産(仮想通貨)の取引を提供しています。

≫もっと詳しく知る:最適な仮想通貨ウォレットを選ぶ【暗号資産を保管するコールドウォレット・ハードウェアウォレット】

6. 暗号資産(仮想通貨)は合法ですか?

日本や米国では合法であることに疑いの余地はありませんが、中国では基本的に使用を禁止しており、最終的に合法かどうかはそれぞれの国によります。また、暗号資産(仮想通貨)を利用して投資家からお金を巻き上げようとする詐欺師からどうやって身を守るかについても検討する必要がありますので、買い手は注意してください。

≫もっと詳しく知る:アルトコインとは何か、その仕組みとは

7. どうやって自分を守ればいいですか?

ICOで暗号資産(仮想通貨)を購入しようとしている場合は、会社の目論見書の細かい文字を読んでこの情報を確認してください。

誰がその会社を所有しているのか?識別可能でよく知られた所有者は、ポジティブな兆候です。

他の主要な投資家が出資しているか?他の有名な投資家がその通貨の一部を欲しがっている場合は良い兆候です。

会社の株式を所有するのか、それとも通貨やトークンだけを所有するのか。この違いは重要です。株式を所有するということは、その会社の収益に参加することを意味します(あなたはオーナーです)。一方、トークンを購入するということは、カジノのチップのように、トークンを使用する権利を得ることを意味します。

その通貨はすでに開発されているのか、それとも開発のために資金を集めようとしているのか。開発が進んでいればいるほど、リスクは低くなります。

目論見書に目を通すのは大変な労力を要しますが、その内容が詳しければ詳しいほど、その目論見書が正当なものである可能性が高くなります。しかし、正当なものであっても、その通貨が成功するとは限りません。それは全く別の問題であり、市場に精通していなければなりません。

また、暗号資産(仮想通貨)を持っているだけで、資産を管理しているコンピュータネットワークにハッカーが侵入し、盗難の危険にさらされることになります。ある有名な取引所は、ハッカーに数億ドルのビットコインを盗まれ、2014年に破産を宣言しました。これらは、米国の主要取引所で株式やファンドに投資する場合の典型的なリスクではありません。

≫もっと詳しく知る:Bitcoinとは?ビットコイン・BTCの仕組み

暗号資産(仮想通貨)を買うべきかどうか?

暗号資産(仮想通貨)は信じられないほど投機的で不安定な買い方です。既存の企業の株式取引は、一般的にビットコインなどの暗号資産(仮想通貨)への投資よりもリスクが低いです。

≫もっと詳しく知る:【Ethereum】イーサリアムとは何か、どのように機能するのか?

どのような会社が暗号資産(仮想通貨)を提供していますか?

当ブログがレビューしているオンラインブローカーや暗号資産(仮想通貨)取引所のうち、現在暗号資産(仮想通貨)を取り扱っているのは以下の通りです。

≫もっと詳しく知る:ビットコイン証拠金取引ガイド&最適取引所18選

お得なキャンペーン開催中
認証&入金で2500円のBTC獲得
お得なキャンペーン開催中
認証&入金で2500円のBTC獲得
【無料】口座開設で¥3000取引ボーナス
さらに入金で最大$5000の2段階ボーナス
口座開設¥3000のボーナス
入金で最大$5000のWボーナス