【無料】リアル口座開設で『¥3,000の取引ボーナス』+『入金金額で最大$5,000の2段階ボーナス』 すぐにGET ≫≫≫

アルトコインとは何か、その仕組みとは

アルトコインとは何か、その仕組みとは

アルトコインとは何か、その仕組みとは

アルトコインは、ビットコイン以外のすべてのものを包含していますが、それらを一括りにしてしまうことではありません。

アルトコインとは、定義上、ビットコインではない暗号通貨のことで、その数は非常に多く、CoinGecko(コインゲッコー)によると10000以上にもなります。ビットコインは現在、暗号市場全体の約40%を占めていることを考えると、暗号市場の価値の半分以上がアルトコインに集まっていることになります。

しかし、すべてのアルトコインが同じように作られているわけではありません。小銭で買えるものもあれば、1コイン何万円もするものもあります。また、長期的な応用が期待できるものもあれば、一過性のものもあります。また、ビットコインの成功の上に成り立つものもあれば、ビットコインの問題点を解決しようとするものもあります。

これらのことから、アルトコインの世界は広大でリスクに満ちていると言えます。ここでは、それらをどのように理解すればよいかを説明します。

≫もっと詳しく知る:ビットフライヤーのクレジットカードbitFlyerクレカ発売!仮想通貨クレジットカードの仕組みとは?

アルトコインとビットコインの違い

Altcoin(アルトコイン)を理解するためには、まずBitcoin(ビットコイン)をしっかりと理解することが必要です。

また、すべての暗号通貨の基盤となっているブロックチェーン技術の基本を知っておくことも役立ちます。

アルトコインは、ビットコインと同じ前提を持っています。つまり、ブロックチェーンを腐敗しない分散型の公開台帳として利用し、その取引が正当であるというコンセンサスが得られた場合にのみ、取引を許可し記録するというものです。

しかし、多くのアルトコインは、この前提条件を利用して異なる目標を達成したり、ビットコインの欠点と思われる部分を改善しようとしたりしています。

例えばLitecoin(ライトコイン)は、ビットコインのブロックチェーンのソースコードのクローンとしてスタートしましたが、取引時間の短縮やストレージの効率化などの変更が加えられています。Litecoinの目的はビットコインと同じで、ピア・ツー・ピアのインターネット通貨ですが、創設者はビットコインの方法を改善しようとしました。

一方、Ethereum(イーサリアム)は、ビットコインのブロックチェーン技術に、単に金融取引を記録するだけでなく、「スマートコントラクト」という形で契約を記録する機会を見出しました。

イーサリアムの支持者たちは、このスマートコントラクト(一定の条件を満たすと自動的に契約を実行するコンピュータプログラム)が、保険、銀行、著作権管理など、現在はコストのかかる中間業者に頼っている産業を根底から覆す可能性があると述べています。

他にも、より高速で、より分散化され、よりスケーラブルで、より安全であることを約束するアルトコインが登場しており、これらの暗号通貨の基本的な考え方をすべて組み合わせています。その結果、アルトコインの生態系は目まぐるしく変化しており、分類するのは難しいのですが、大まかには以下の4つのカテゴリに分けることができます。

  • ネイティブな暗号通貨
  • トークン
  • ステーブルコイン
  • フォーク

ネイティブ・クリプトカレンシー

ネイティブな暗号通貨とは、もともと特定のブロックチェーンネットワーク上で動作するように作られたコインのことです。

ビットコインは、ビットコインのブロックチェーン上で使用される通貨であるため、ネイティブコインです(ネイティブコイン、通貨、暗号通貨、トークンが同じ意味で使用されていますが、ここで重要なのは「ネイティブ」の部分です)。

Ether(イーサ)

時価総額で2番目に大きい暗号通貨であるEther(イーサ)は、イーサリアムネットワークのネイティブコインです。イーサリアムネットワーク上でスマートコントラクトなどのアプリケーションを実行するには、エーテルで取引手数料を支払う必要があります。

Binance coin(バイナンスコイン:BNB)

現在、時価総額第4位の暗号通貨であるBinance coin(BNB)は、Binance Chainで使用されている通貨であり、もう1つのネイティブコインです。Binance(バイナンス)は現在、世界最大の暗号通貨取引所であり、そのユーザーはBNBを所有することで大きな利益を得ることができます。例えば,BNBで支払えば取引手数料が25%削減されるほか,取引できないような少量の暗号通貨を集めてBNBに変換することができます。

Stablecoins(ステーブルコイン)

ステーブルコインは、暗号通貨やトークンの利点を、価格変動なしに提供するために開発されました。ステーブルコインは、その価値を既存の通貨と1対1で結びつけることで実現しています。

時価総額で最大のステーブルコインであるテザーは、米ドルに連動しており、1テザーは常に1米ドルに相当します。

安定したコインでは、価格上昇による利益を得ることはできませんが、価値が刻々と変化しないコインの用途はたくさんあります。ある人にとっては、安定コインは、米ドルから変換するのではなく、暗号化取引所に資金を保持し、他の暗号通貨に簡単に変換する方法を提供します。また、グローバルに資金を簡単に送受信するために安定コインを利用する人もいるでしょう。

しかし、おそらく現在最も人気のある使い方は、「分散型金融(DeFi)」でしょう。

基本的に、DeFiのプラットフォームでは、ユーザーは銀行のような仲介者を必要とせずに、安定コインを他の人に貸し出し、その見返りとして利息を得ることができます。

さらに、いくつかのプラットフォームでは、ユーザーが受け取る利息に加えて、上述のガバナンストークンのようなトークンを提供することで、ユーザーにインセンティブを与えています。

多くの取引所は、このプロセスを大幅に簡素化しています。

例えばCoinbaseでは、現在、米ドルを安定したコインであるUSDコイン(USDC)に無料で交換することができ、その後、0.15%のAPY(年利)が得られるようになります。(ただし、このレートは変更される可能性があります)。

フォーク

暗号通貨のブロックチェーンでは、記録された取引のグループ(公開台帳)がブロックに整理され、各ブロックは複雑な暗号によって次のブロックに接続されています。新しいブロックが既存のチェーンに追加されるためには、すべての前のブロックのすべての取引が検証され、チェーンのすべてが正しいというコンセンサスが必要です。

このコンセンサスは、ブロックチェーンネットワークを管理するルールだけでなく、取引のリストにも必要です。

そして、あるグループがルールを変更したいと考えたとき、チェーンの分裂を検証することができます。これがフォークです。

フォークを検証した人たちが合意した新しいルールの下で、取引の記録を開始できる新しいチェーンが出現します。一方、フォークのもう片方の部分は通常通りに進行します。

フォークは何度も繰り返され、その間に新しいプロトコルや暗号通貨が生まれます。

Bitcoin cash(ビットコインキャッシュ)はオリジナルのBitcoinブロックチェーンのフォークであり、Ethereum Classic(イーサリアムクラシック)はEthereumシステムのフォークです。

Dogecoin(ドージコイン)はLuckycoin(ラッキーコイン)のフォークであり、Litecoin(ライトコイン)はBitcoinのフォークでした。

つまり、投資家としては、既存のブロックチェーンのフォークに見られるアイデアやルール、変更点が気に入れば、そのフォークの通貨が値上がりすることを期待して購入することができるのです。

≫もっと詳しく知る:2021年ベストな仮想通貨取引所とプラットフォーム9選

アルトコインを購入する前の注意点

アルトコインに飛び込む前に、その背後にある組織が何を達成しようとしているのか、時間をかけて目を通してください。自問してみてください。

そのアルトコインは、ビットコインを改良するためのもっともな方法に見えますか?

トークンであれば、それは実世界で応用できるものでしょうか?

安定したコインであれば、それをどのように使用しますか?

フォークであれば、なぜそれが作られたのか、その決定に同意しているのでしょうか。

この市場はまだ始まったばかりで、淘汰されることは避けられないことに注意してください。これらのプロジェクトの中には失敗するものもあるでしょう。すでに死んだアルトコインの墓場は混雑していますが、成功するものもあるでしょう。

金融のプロがアルトコインを「オルタナティブ投資」の欄に入れているのは、そのためで、すでに健全で分散された投資ポートフォリオを持っている人が、手を出す対象ともいえるでしょう。

≫もっと詳しく知る:2021年12月の暗号通貨(仮想通貨)トップ10

【無料】口座開設で¥3000取引ボーナス
さらに入金で最大$5000の2段階ボーナス
口座開設¥3000のボーナス
入金で最大$5000のWボーナス