【無料】リアル口座開設で『¥3,000の取引ボーナス』+『入金金額で最大$5,000の2段階ボーナス』 すぐにGET ≫≫≫

バイナンス(Binance)レビュー【海外仮想通貨の取引所】

バイナンス(Binance)

バイナンス(Binance)

Binance(バイナンス)は、経験豊富な暗号通貨(仮想通貨)投資家向けに作られた人気の暗号通貨(仮想通貨)取引所です。比較的低い取引手数料と、世界中で取引可能な幅広い暗号通貨(仮想通貨)を提供していますが、米国では取引の選択肢が限られています。

長所

  1. 365種類以上の暗号通貨(仮想通貨)をグローバルに取引可能

  2. 低い手数料

  3. 豊富な取引オプションと注文タイプ

短所

  1. Binanceのプラットフォームは米国のユーザーは利用できない

  2. プラットフォームが複雑で分かりにくい場合がある

  3. 内蔵型デジタルウォレットがない

  4. Binanceは複数の国で規制上の問題を抱えている

主なポイント

  • Binanceは、暗号通貨(仮想通貨)への投資と取引を行うための比較的安全で多機能な方法を提供しています。
  • Binanceは、初心者にも経験豊富なトレーダーにも圧倒される可能性があります。
  • Binanceは、無料で使用でき、他の多くの暗号通貨(仮想通貨)取引所よりも低い手数料を提供しています。
  • Binanceは、米国で調査中であり、他の国でも規制問題に直面している
  • Binanceは、世界中で365以上の暗号通貨(仮想通貨)を取引できるが、米国で取引可能なのは60のみである。

スペック

設立年2017年
公式ウェブサイトhttps://www.binance.com/ja
利用可能な暗号通貨(仮想通貨)全世界で365種類、米国で60種類
カスタマーサポートチャット、Twitter、チケット提出

バイナンス(Binance)について

365種類以上の暗号通貨(仮想通貨)をグローバルに取引

Binanceでは、世界中で取引できる数百種類の暗号通貨(仮想通貨)を提供しています。

そのため、ポートフォリオを多様化したいアクティブなトレーダーに適した取引所となっています。

低い手数料

このプラットフォームは低額の手数料を提供しているため、トレーダーは投資額や収益をより多く確保することができます。

豊富な取引オプションと注文タイプ

Binanceでは、ピアツーピア取引、スポット取引、証拠金取引など様々な取引方法を提供しています。また、リミットオーダー、マーケットオーダー、ストップリミットオーダー、ストップマーケットオーダー、トレイリングストップオーダー、ポストオンリーオーダー、ワンキャンセルオーダーなど、様々なオーダータイプを提供しています

Binanceの短所

アメリカで規制がある

Binanceのプラットフォームは、国によって、かなり規制されています。特に、アメリカは顕著です。Binanceは世界中で何百もの暗号通貨(仮想通貨)の取引を提供していますが、アメリカのユーザー向けのプラットフォームであるBinance.usは、より限定的です。さらに、Binance.USは43の州でしか利用できません。

プラットフォームが複雑で、混乱を招く可能性がある

Binanceの広範な機能と取引オプションは刺激的ですが、同時に困惑させられることもあります。経験豊富なトレーダーであっても、すべてのオプションに圧倒されてしまうかもしれません。

内蔵のデジタルウォレットが利用できない

人気のある取引所の中には、デジタルウォレットを内蔵しているところもありますが、Binanceにはありません。評判の良いTrust Walletを推奨していますが、Binanceでの送金に問題があった場合、限定的なサポートしか提供できない可能性があります。

Binanceは複数の国で規制上の問題に直面

Binanceは複数の国で規制や法律上の問題に直面しているため、暗号化投資家は他の取引所を検討した方が良いかもしれません。

バイナンスのレビュー

Binanceは、世界最大の暗号通貨(仮想通貨)取引プラットフォームです。充実した取引オプションと機能を提供していますが、特にユーザーフレンドリーというわけではありません。あらゆるレベルの投資家がBinanceを利用する際には、急な学習曲線を経験することになるでしょう。

Binanceは、デスクトップやモバイルのダッシュボードを通じて、市場チャートや数百種類の暗号通貨(仮想通貨)など、幅広い取引機能を提供しています。また、先物やオプションを含む様々な取引オプションや、いくつかの注文タイプにもアクセスできます。

ツールや機能に加えて、Binanceは包括的な学習プラットフォーム、NFTプラットフォームなども提供しています。

また、暗号通貨(仮想通貨)は急速に普及し、広く利用されていますが、市場はまだ非常に不安定なため、取引にはリスクが伴いますので、十分な注意が必要です。

会社の概要

ソフトウェア開発者のChangpeng Zhao氏によって2017年に設立されたBinanceは、もともと中国に拠点を置いていた分散型の暗号取引所です。

Binanceは現在、取引量では世界最大の暗号通貨(仮想通貨)取引所ですが、いくつかの国で規制問題に直面しています。米国では現在、マネーロンダリングや税務違反の疑いで米当局の調査を受けています。また、それ以外にも、同プラットフォームは複数の国で禁止されています。

Binanceは、グローバルユーザー向けに数百種類の暗号通貨(仮想通貨)を提供しています。しかし、グローバルなBinanceのプラットフォームは、約60種類の暗号通貨(仮想通貨)を提供している米国のBinance.usとは異なることに注意する必要があります。

経験豊富なトレーダーは、Binanceが提供する多様性に感謝するかもしれませんが、ユーザーはこのプラットフォームの機能の多さに困惑してしまうかもしれません。

Binanceで取引可能な暗号通貨(仮想通貨)

Binanceは365種類以上の暗号通貨(仮想通貨)をプラットフォーム上で取引することができます。1 また、USD、EUR、AUD、GBP、HKD、INRなどの様々な不換通貨もサポートしています。

Binanceでは、以下の暗号通貨(仮想通貨)が利用できます。Binance Coin(BNB)、VeChain(VET)、Harmony(ONE)、VeThor Token(VTHO)、Dogecoin(DOGE)、Matic Network(MATIC)です。さらに、Binanceは以下のような人気の高い暗号通貨(仮想通貨)をサポートしています。

  • ダッシュ(DASH)
  • コスモス(ATOM)
  • コンパウンド(COMP)
  • ビットコイン (BTC)
  • イーサリアム(ETH)
  • ライトコイン (LTC)
  • カルダノ(ADA)

取引体験(トレード)

Binanceでは、移動平均線や指数移動平均線を用いたリアルタイムチャートツールなど、様々な取引ツールを提供しています。ユーザーはBinanceアプリ、Binanceウェブサイト、Binanceデスクトップアプリを通じて取引を行うことができます。

また、Binanceプラットフォームを利用して、ポートフォリオや取引履歴にアクセスしたり、オーダーブックや価格チャートを閲覧したりすることができます。さらに、Binanceはストップオーダー、リミットオーダー、ストップリミットオーダー、ストップマーケットオーダー、トレーリングストップオーダーなどの様々なオーダータイプを提供しています。また、クラシック、マージン、OTCなどの様々な取引ビューを選択することができます。

Binanceは独自の専用暗号ウォレットを持っていませんが、Trust Walletを推奨しています。一般的に、暗号ウォレットは資産を保管するための比較的安全な場所です。

手数料

Binanceの手数料は業界で最も低い水準にあります。米国を拠点とするユーザーは、Binance.usで若干多くの料金を支払うことになりますが、その手数料は他の主要プラットフォームに比べて低いものです。Binanceはメーカー/テイカー方式の手数料体系を採用しており、手数料は取引量とBinance Coin(BNB)の残高に応じて変化します。一般的には、取引量が多いほど手数料は低くなります。

また、以下のような場合には、手数料の割引を受けることができます。

取引にBinance(BNB)コインを使用した場合「リフェラル・ボーナス」となり、手数料が安くなるのと、一定量の資産を取引することでVIP(very important person)の地位を得ると手数料の割引があります。

セキュリティー

Binanceのセキュリティ機能には、Google Authenticatorアプリまたはショートメッセージサービス(SMS)を利用した二要素認証(2FA)、アドレスのホワイトリスト化、デバイス管理、デバイスのアクセス制限機能などがあります。

これらの機能はユーザーアカウントを比較的安全に保つのに役立ちますが、Binanceの評判は依然として懸念材料となっています。また、このプラットフォームは、他の主要な暗号化取引所よりもセキュリティ機能が少ないです。

Binanceアカウントの開設

Binanceの口座を開設するには、以下の手順に従います。

ステップ1
登録
ステップ2
入力
右上の「Register」タブをクリックし、必要な情報を入力します。Binanceがお客様の口座情報を確認するため、登録プロセスには数分かかる場合があります。
ステップ3
認証
2FA(2段階認証)を有効にする
ステップ4
支払い
支払い方法をリンクする
ステップ5
入金
資金を入金して取引を開始する

カスタマーサポート

Binanceのカスタマーサポートには3つの基本的なオプションがあります:チケットの提出、チャットでの基本的な質問、ツイッターでの連絡です。

チケットを提出して電子メールによるサポートを受けるには、Binanceのウェブサイトにあるフォームに記入します。

Binanceはサポート用のTwitterアカウント(@BinanceHelpDesk)を持っており、ユーザーが問題をツイートすることを奨励しています。

また、サポート画面の右下にはチャットボックスがあり、Binanceのウェブサイトからアクセスすることができます。

顧客満足度

Binanceは2,000件以上のTrustpilotレビューで平均5つ星のうちわずか2つを獲得しています。いくつかの不満点は、カスタマーサービスの質の低さと資金の引き出しの難しさにあります。しかし、一部のユーザーが直面している問題にもかかわらず、肯定的なフィードバックもあります。多くのBinanceユーザーは、このプラットフォームでの比較的シームレスで良好な経験について言及しています。

アカウント管理

ユーザーはデスクトップのブラウザやダウンロード可能なデスクトップアプリケーションを使ってBinanceのダッシュボードにアクセスできます。また、AppleとGoogle Playストアでダウンロード可能なiOSとAndroid用のモバイルアプリも提供しています。

Binanceのダッシュボードでは、チャート、マーケティングトレンド、ポートフォリオ、現在および過去の取引を見ることができます。支払い方法を管理するには、アカウントページに移動して、取引したいクレジットカードやデビットカード、銀行口座を追加するだけです。

Binanceと他の暗号通貨(仮想通貨)会社との比較

全体的に見て、Binanceは世界中のトレーダーに幅広いサポート資産と取引オプションを提供しており、そのレートも業界で最も低いものの一つとなっています。このプラットフォームにはいくつかの利点がありますが、コンプライアンス上の問題が懸念されています。

Binanceが適切な選択肢ではないと思われる場合は、主要な競合他社の1つであるCoinbase(コインベース)等を検討してみてはいかがでしょうか。

BinanceとCoinbaseの比較

BinanceとCoinbaseは、世界の2大取引所です。両者はまた、アクティブなトレーダーにオプションや資産の取引における多様性を提供しています。この2つのプラットフォームの比較は以下の通りです。

  • BinanceはCoinbase Proよりも多くの暗号通貨(仮想通貨)をサポートしており、アクティブな取引にはより魅力的な選択肢となっています。

  • Binanceの手数料はCoinbase Proの手数料よりも低いです

  • Binanceは自社プラットフォームでBUSDを保有するための報酬プログラムを提供していますが、Coinbase Proはデジタル資産を自社プラットフォームにステークするための報酬を提供しています

  • Coinbase Proのユーザーは、ネイティブのデジタルウォレットにアクセスできますが、Binanceのユーザーにはありません。
  • Coinbaseは一般的に最も安定した安全な暗号通貨(仮想通貨)取引所の1つとされていますが、Binanceはセキュリティやコンプライアンスに関する様々な問題を抱えています。

BinanceとCoinbase Proは、どちらも洗練された取引体験を提供しています。Binanceはより低い手数料とより多くのグローバルな取引オプションを備えていますが、Binance.USのプラットフォームはより限定的であるため、米国の投資家にとってはCoinbase Proの方が良い選択となる可能性があります。一方、グローバルに活躍する人たちは、その逆のことを感じるかもしれません。

バイナンスの総評

Binanceは世界最大の暗号通貨(仮想通貨)取引所ですが、現在進行中の調査や、サービスを禁止または制限している国の長いリストは懸念材料です。また、そのプラットフォームは、新しい暗号通貨(仮想通貨)投資家にとっては複雑すぎるかもしれません。

しかし、経験豊富なグローバルトレーダーで、さまざまなトークンやトレードのオプションを探求したいと考えている方には、Binanceはあなたが探している機能を備えているかもしれません。米国を拠点とするアクティブなトレーダーは、Binance.USで何らかの機会を見つけることができるかもしれませんが、グローバルプラットフォームに比べてサポートされている暗号通貨(仮想通貨)の数が少なくなっています。Binanceを始める前に、必ずデューデリジェンスを行い、プラットフォームを比較するようにしてください。

≫もっと詳しく知る:ビットコインの購入方法・買い方

【無料】口座開設で¥3000取引ボーナス
さらに入金で最大$5000の2段階ボーナス
口座開設¥3000のボーナス
入金で最大$5000のWボーナス