≫≫≫【UberEats】料理を配達して副収入を獲得【今すぐ登録】≪≪≪

ビットコインの購入方法・買い方

ビットコインの購入方法・買い方・bitcoin

ビットコインの購入方法

ビットコイン(Bitcoin)は、取引所や株式仲買人を通じて、あるいは他の所有者から購入することができます。どこで手に入れるかに関わらず、デジタル資産への投資のリスクを考慮してください。

ビットコインの購入は、投資家が仮想通貨の世界に足を踏み入れる最初の一歩となります。伝統的な金融商品に慣れている人にとっては、馴染みのない風景かもしれません。

世界初の最も人気のある仮想通貨であるビットコインの価値は、2018年12月の3,237ドルから上昇し、2021年11月には一時的に65,000ドルを超える新記録の最高値を記録しました。すべての仮想通貨と同様に、ビットコインは投機的であり、株式、債券、投資信託などの多くの試行錯誤された投資に比べて、はるかに多くのボラティリティーの影響を受けます。

一般的な経験則では、個別の株式やビットコインのようなリスクの高い資産への投資は、ポートフォリオの10%以下とされています。投資に慣れていない方は、「お金の投資方法」の詳細をご覧ください。また、ビットコインを購入する場合、技術的・物流的に決定しなければならないことがあります。

≫投資の準備ができた人へ:ここでは、厳選したビットコインと仮想通貨の取引所を選んでいます。

4つのステップでビットコインを購入する方法

1.どこでビットコインを購入するかを決める。

Coinbaseのような仮想通貨取引所や、Robinhoodのようないくつかの伝統的なブローカーは、あなたがビットコインへの投資を始めることができます。

2.仮想通貨の保管方法を考える。

ホットウォレットとコールドウォレットのどちらにビットコインを保管しますか?

3.購入する。

ビットコインに投資する金額を決めます。

4.投資を管理する。

この資産の長期的な計画を決定します。

1. ビットコインを購入する場所を決める

ビットコインやその他の仮想通貨を購入するには、取引所や従来のブローカーなど、いくつかの異なる方法があります。

仮想通貨の取引所

いくつかの仮想通貨取引所からビットコインを購入することができます。多くの取引所は数十種類の仮想通貨を提供していますが、他の取引所は単にビットコインと数種類の代替通貨を提供しています。これらの取引所には様々な手数料や消費者保護があるため、選択する前には十分な注意が必要です。

伝統的な株式の証券会社

Robinhoodは、ビットコインを提供する最初の主流の投資ブローカーでした(Robinhood Cryptoは、米国のほとんどの州で利用できますが、すべての州ではありません)。株式取引のプラットフォームと同様に、Robinhoodはビットコイン取引に手数料をかけていません。

当ブログがレビューしているオンライン証券会社と仮想通貨取引所のうち、現在ビットコインを提供しているのは以下の通りです。

取引所の名前 利用可能 もっと詳しく
Binance 約60種類の仮想通貨の売買にアクセスできます。 レビューを読む
Coinbase 約100種類の仮想通貨を購入・売却することができます。 レビューを読む
eToro 17種類の仮想通貨にアクセスできる取引プラットフォーム。 レビューを読む
Gemini 50種類以上の仮想通貨の売買が可能。 レビューを読む
Robinhood ビットコイン、ビットコインキャッシュ、イーサリアムを含む7つの仮想通貨を購入可能。 レビューを読む
SoFi Active Investing ビットコイン、イーサリアム、ライトコインなど、20種類以上の仮想通貨を取引対象としています。 レビューを読む
TradeStation ビットコイン、ビットコインキャッシュ、イーサリアムなど、5つの仮想通貨の取引を提供。 レビューを読む
Webull ビットコイン、ビットコインキャッシュ、イーサリアム、ライトコインなど、10種類の仮想通貨の取引を提供。 レビューを読む
Kraken 90種類以上の仮想通貨を提供しています。 レビューを読む

ビットコインを購入・投資するその他の方法

Bitcoin ATM(ビットコインATM)

これらは通常のATMと同様に機能しますが、ビットコインの売買に使用することができます。Coin ATM Radarでは、米国内に27,000台以上のビットコインATMが設置されています。

ピアツーピアのビットコイン所有者

Bisq、Bitquick、LocalBitcoins.comなどのピアツーピアツールを使えば、Craigslistでアイテムを購入するのと同じように、他のビットコイン所有者から直接ビットコインを購入することができます。個人から直接ビットコインを購入する場合は、細心の注意を払ってください。

Exchange-Traded Funds(上場投資信託)

金融会社のProSharesは、2021年10月に初のビットコインETFを発売しました。ただし、このファンド(ティッカー:BITO)は、ビットコインに直接投資するのではなく、ビットコインの先物契約に投資します。

グレイスケール・ファンド(Grayscale Investments)は、デジタル通貨の資産運用会社です。その投資信託の2つ、グレースケール・ビットコイン・トラスト(GBTC)とグレースケール・イーサリアム・クラシック・トラスト(ETCG)は上場しており、多くのディスカウント・ブローカーを通じて購入することができます。GBTCは手数料がかかり、プレミアム価格で取引されることもあります。つまり、ビットコインしか保有していないにもかかわらず、GBTCの株価はビットコインよりも高いことが多いのです。投資家の中には、ウォレットや保管場所を気にすることなく、追加料金を払ってでも従来の取引所でビットコインを購入したいと考える人もいるということです。

購入する前に知っておくべきこと

必要な情報を手元に置いておく。仮想通貨口座の開設は数分で完了しますが、社会保障番号や、ビットコイン口座に入金するための銀行口座、デビットカード、クレジットカードの番号など、いくつかの情報を提供する必要があります。また、プロバイダーによっては、写真付きの身分証明書の提示を求められる場合もあります。暗号アカウントやデジタルウォレットの新しいパスワードを記録し、保護しておきましょう。

クレジットカードは使用しないでください

クレジットカードでビットコインを購入できるプロバイダーもありますが、クレジットカードのような高金利商品から借りて投資をするのは、決して良い考えではありません。

≫もっと詳しく知る:ビットコインの安全性【ビットコインは安全か?】

安全でプライベートなインターネット接続を利用する

これは、オンラインで金融取引を行う際には常に重要です。コーヒーショップやホテルの部屋、その他の公共のインターネット接続を使用してビットコインを購入することはお勧めできません。

≫もっと詳しく知る:ブロックチェーン技術とは?暗号資産(仮想通貨)とブロックチェーンの関係

2. ビットコインの保管方法を決める

ビットコインは、ホットウォレットとコールドウォレットの2種類のデジタルウォレットに保管することができます。ホットウォレットは、一般的に取引が迅速に行えます。一方、コールドウォレットでは、お客様の資産を安全に保つための特別なセキュリティステップが組み込まれていることが多いですが、取引には時間がかかります。

ホットウォレット

ホットウォレットでは、ビットコインは信頼できる取引所やプロバイダーによってクラウド上に保管され、インターネット上のアプリやコンピュータのブラウザからアクセスできます。参加する取引所は、購入したものが自動的に保管されるビットコインホットウォレットを無料で提供しています。しかし、多くのユーザーは、第三者のホットウォレットプロバイダーを利用してビットコインを送金・保管することを希望しており、こちらも通常は無料でダウンロードして使用することができます。

なぜ取引所以外のプロバイダーのウォレットを選ぶのか?

ビットコインを支えるブロックチェーン技術は、従来の電子送金よりもさらに安全であると支持者は言うが、ビットコイン・ホットウォレットはハッカーにとって魅力的なターゲットです。「多くの取引所やオンラインウォレットは過去にセキュリティ侵害に苦しんでおり、そのようなサービスは一般的にまだ銀行のようにお金を保管するために使用するのに十分な保険やセキュリティを提供していません。」

多くのホットウォレットプロバイダーがあり、様々なウォレットタイプを提供しています。ここではそのいくつかを紹介します。

Coinbase(コインベース)

人気の高いビットコイン取引所でもあるCoinbaseは、無料のオンライン・ホットウォレットを提供しており、セキュリティ侵害やハッキング、従業員の盗難、不正送金などによる損失を保証しています。

Electrum(エレクトラム)

ビットコインをラップトップやデスクトップコンピュータに保存できるソフトウェア。

Blockchain(ブロックチェーン)

Coinbaseと同様に、Blockchainはオンラインのホットウォレットです。Coinbaseとは異なり、Blockchainは通貨取引所ではないため、ハッカーにとっては魅力的なターゲットではないと考えられています。

Mycelium(マイセリウム)

モバイル専用のビットコインウォレットで、AndroidまたはiPhoneユーザー向けのバージョンがあります。

※大規模なハッキング攻撃に備えて保険を提供しているホットウォレットプロバイダーもありますが、1回限りの不正アクセスには保険が適用されない場合があります。

≫もっと詳しく知る:最適な仮想通貨ウォレットを選ぶ【暗号資産を保管するコールドウォレット・ハードウェアウォレット】

コールドウォレット

コールドウォレットとは、ビットコインをダウンロードして持ち運ぶことができる、暗号化された小型のポータブルデバイスのことです。コールドウォレットの価格は100ドル程度ですが、ホットウォレットよりもはるかに安全であると考えられています。

コールドウォレットの提供者には以下のようなものがあります。

TrezorTrezor(トレザー)は、約60ドルから220ドルの小型で鍵サイズのコールドウォレットを提供しています。

Ledger NanoLedger Nano(レジャーナノ)はサムドライブのようなデザインのコールドウォレットで、価格は約60ドルから120ドルです。

デジタルウォレットや両替所のアカウントを作成する際は、強力なパスワードと二要素認証を使用してください。

3. 購入する

ビットコインウォレットを好みのビットコイン取引所にリンクさせた後、最後のステップは最も簡単で、購入したいビットコインの量を決めることです。1ビットコインは数万円しますが、この仮想通貨(取引シンボルはBTCまたはXBT)は端数の株式で売買できるため、初期投資額は例えば2500円程度と低くなります。

4. 投資を管理する

デイトレードがお好きな方は、今ビットコインを購入して、価値が上がったら売却するという方法もあります。しかし、デジタル通貨としてのビットコインに将来性を感じているのであれば、長期的に購入して保有するという投資プランもあります。いずれにしても、ビットコインを保有すると複雑な税務上の問題が生じることをを覚えておいてください。

≫もっと詳しく知る:アルトコインとは何か、その仕組みとは

お得なキャンペーン開催中
認証&入金で2500円のBTC獲得
お得なキャンペーン開催中
認証&入金で2500円のBTC獲得
【無料】口座開設で¥3000取引ボーナス
さらに入金で最大$5000の2段階ボーナス
口座開設¥3000のボーナス
入金で最大$5000のWボーナス