【新型コロナウイルス(COVID-19)】UberEatsパートナーセンター営業休止中の「アカウント有効化方法」のお知らせ

【STEP.1】フードデリバリーサービスの仕組みとは?

イラスト ブログ 図解 画像 素材 無料 フリー

ざっくりした本記事の内容

  • 「フードデリバリーサービスの仕組み」を解説
  • 「日本」にある「宅配代行型」の「フードデリバリーサービス」を最後に紹介

ユウスケ

それではフードデリバリーサービスの仕組みについて学んでいきましょう!ゆっくり解説していくので、フードデリバリーサービスをよく知らない人も安心して下さい。

本記事では「フードデリバリーサービスの仕組み」について解説していきます。

 

この記事を読むことで、「フードデリバリーサービス仕組み、デリバリー配達員の種類、宅配代行サービスについて、具体的な始め方」などがイメージできるようになります。

 

「フードデリバリーサービス」を上手に活用すれば、「注文者」「飲食店」「配達員」の「3者」が、Win-Win-Winの関係を築けるようになり、お互いに足りない部分を、それぞれが補い合える存在になると、僕は考えています。

 

これから先の文章を読んで頂くと、「フードデリバリーサービス」についての理解が、より一層深まっていくと思います。

 

では、さっそく見ていきましょう。

1.フードデリバリーサービスの仕組みとは?

イラスト ブログ 図解 画像 素材 無料 フリー

「フードデリバリーサービス」とは、どのような「サービス」なのでしょうか?

 

これは読んで字のごとく、「フード(Food)=食べ物」を「デリバリー(Delivery)=配達・配送」する「サービス」と理解して頂けば良いと思います。

 

堅苦しく英語になっていますが、日本では、昔から、このようなサービスを「出前(でまえ)」とか「配達(はいたつ)」と呼んでいました。

 

また、「フードデリバリーサービス」から「フード(Food)=食べ物」を取ると、単なる「デリバリーサービス(宅配サービス)」となり、「食べ物以外を宅配(配達)するサービス」になります。

 

このように、「様々なモノを配達するサービス」の中でも、「食べ物(Food)に関するモノ」を運ぶ「宅配のサービス」が、「フードデリバリーサービス」なのです。

1-1.「お店独自の出前」と「宅配代行サービス」がある

「フードデリバリーサービス」には、大きく分けて「2種類」の「業態」が存在します。

前者の「お店独自の出前型」は、昔からある「フードデリバリーサービス」の業態です。

ウーバーイーツ ubereats uber eats 図解 画像 イラスト 仕組み ビジネスモデル

昔からある「出前サービス」。電話などを使い、注文者が飲食店に、直接、注文をする。お店の従業員が、お客さんのもとへ商品を届けるという仕組み。


後者の「宅配代行サービス型」が、今流行りの「フードデリバリーサービス」の業態です。

フードデリバリーサービス 仕組み ビジネスモデル 図解 分かり易く 分かりやすく 分かりやすい

出前を行っていない飲食店と提携して、注文の受付や決済・配達などを代行するサービス。お客さんがスマートフォンのアプリなどを介して商品を注文すると、フードデリバリーサービス事業者が、お店と、配達員として契約(または登録)しているスタッフの双方へ伝達する。この配達員が店舗に出向いて商品を受取り、お客さんのもとへ届けるという仕組みになっている。店舗側は、配達用の車両や従業員を抱える必要がなく、店舗での営業を続けながら、販路を拡大できるメリットがある。

2.フードデリバリーサービスの配達員の違いとは?

 

 

2-1.「お店独自の出前」と「宅配代行サービス」配達員の違いとは?

 

 

3.「従業員」と「個人事業主」の違いとは?

 

 

3-1.「個人事業主」と「フリーランス」の違いとは?

 

3-1-1.「お店独自の出前」の配達員は大半が「従業員」

 

3-1-2.「宅配代行サービス」の配達員は大半が「個人事業主」

 

 

4.「宅配代行サービス」注文を受けて配達するまでの流れ

 

 

5.結局どんな「宅配代行サービス」が日本にはあるの?

 

 

6.フードデリバリーサービスの仕組み【まとめ】