≫≫≫【UberEats】料理を配達して副収入を獲得【今すぐ登録】≪≪≪

IMAP(アイマップ)について

IMAP (Internet Message Access Protocol)

IMAPとは、受信したインターネットメールをサーバーから取得するためのネットワークプロトコルで、通常143番ポートを通信ポートとして使用する。現在、IMAP4と呼ばれるバージョンが使用されている。

サーバーから受信したメールを取り出すための受信プロトコルとして、他にPOPと呼ばれるものがある。どちらのプロトコルも「メールを取得する」という目的は同じですが、基本的な考え方が異なり、主にデータの置き場所にその違いが見られます。

POPは基本的に受信したメールをダウンロードするためのプロトコルです。そのため、サーバー側にはデータが残らず、複数のパソコンを使用する環境ではデータの共有が難しい。例えば、職場のパソコンで受信したメールを自宅のパソコンで参照することはできない。両方のパソコンで同じデータを共有するためには、ファイルを手動でコピーする必要があった。

これに対し、IMAPは送信したメールも含め、送受信するすべてのデータをサーバー上で管理する。そのため、データは常に一箇所で管理され、このプロトコルに対応したメールソフトさえあれば、どのパソコンからでも同じデータを使ってメールの送受信ができるのです。

IMAPはPOPに比べてプロトコルの仕様が複雑だったため、当初は対応するメールソフトが少なく、普及が遅れていた。しかし、現在では主要なメールソフトがIMAPに対応しており、広く利用されている。

IMAP (Internet Message Access Protocol)関連用語

ネットワークプロトコル

インターネット(the Internet)

電子メール(e-mail)

SMTP(Simple Mail Transfer Protocol)

POP(Post Office Protocol)

>>戻る【第84回:POP(ポップ)】

>>続く【第86回:NNTP(エヌエヌティーピー)】