【無料】リアル口座開設で『¥3,000の取引ボーナス』+『入金金額で最大$5,000の2段階ボーナス』 すぐにGET ≫≫≫

Polkadot(ポルカドット)とは?仮想通貨DOTの仕組み

Polkadot(ポルカドット)とは?仮想通貨DOTの仕組み

Polkadot(ポルカドット)とは?仮想通貨DOTの仕組み

実績のある強力な開発者チームに支えられたPolkadot(ポルカドット)は、セキュリティ、スケーラビリティ、相互運用性、信頼性など、ブロックチェーン技術を取り巻く重要な問題を解決するという点で多くのものを提供します。それでは、価格予測とともに、その可能性を探ってみましょう。

Polkadot Crypto Blockchainとは?

Polkadot(DOT)は、2016年に誕生したオープンソースの分散型ウェブです。偶然にもイーサリアムネットワークの共同創設者の一人であるGavin Woodによって創設されました。Polkadot(ポルカドット)は、スイスのWeb 3.0 Foundationの不可欠な部分であり、ブロックチェーン技術を取り巻くすべての問題に対処することを目的としています。

Gavin Woodは、イーサリアムのブロックチェーン開発の遅れを目の当たりにした後、イーサリアムのCTOの職を辞し、ブロックチェーン技術の成長を加速させるためにPolkadotを設立しました。Polkadotは、相互運用性、アップグレード可能(Soft fork)、スマートコントラクトや新しいブロックチェーンの作成を可能にします。そのため、”ブロックチェーンの中のブロックチェーン “と呼ばれています。

Polkadot(DOT)トークンとは?

DOTは、Polkadotエコシステムの暗号通貨(仮想通貨)です。2020年8月に発売され、ネットワークを保護し、Polkadot暗号ネットワーク上のボンディング、ステーキング、ガバナンスを支援するために使用されます。Cardano ADA & Solana crypto SOLに似たようなものです。

DOTはNominators、Validators、Fishermenによるステーキングに使用され、パラチェーンとRelayチェーンのボンディングにも使用されます。これについては後ほど説明します。DOTは、ネットワークが完全に機能するようになり、世界的な普及が進めば、より大きな役割を果たすことは明らかです。

DOTはインフレタイプで、供給量の上限がありません

Polkadot(ポルカドット)DOTの仕組み

ブロックチェーンを理解するためには、それが何から構成されているかを理解する必要があります。

Polkadot(ポルカドット)の仕組みは、以下の通りとなります。

1. リレーチェーン

リレーチェーンはPolkadotのエコシステムの基幹となるものです。Substrate(ブロックチェーンの作成に使用されるParityチームの製品)を使用して構築されています。Relay Chainは、ネットワークのセキュリティ、コンセンサス、チェーン間の相互運用性を担っています。Relayチェーン上でスマートコントラクトを作成することはできません。Relay chainに接続するチェーンはParachainと呼ばれます。

リレーチェーンはPOSを利用してコンセンサスを得ます

2. パラチェーン

パラチェーンとは、リレーチェーンと接続するブロックチェーンである。パラチェーンはRelay chain(リレーチェーン)にコンセンサスを委ねることで、高速かつ混雑しない状態を実現します。各パラチェーンは独自のガバナンスやトークンを持つことができますが、Relay chainが理解し、検証できるブロックを渡すことができなければなりません。

Substrateで構築されたパラチェーンは、Relayチェーンにのみ接続できます

パラチェーンは、特定の役割を果たすために作成されます。例えば、あるパラチェーンはスマートコントラクトの作成を担当し、別のパラチーェンはトランザクションを処理するために構築されます。パラチェーンは、Netflixの月額プランのように、必要なときにRelayチェーン(リレーチェーン)との接続を解除したり、戻したりすることができるのです。

3. コレーター(Collators)

コレーターとは、パラチェーンとリレーチェーンをつなぐための特殊なチェーンです。この2つのチェーン間のすべての通信を処理します。

4. パラスレッド(Parathreads)

ParathreadブロックチェーンはParachainsの一部です。これは、SAASの支払い方法(Software as a Service)に似た、従量課金モデルで動作します。ネットワーク上での使用頻度は低いといえます。

5. ブリッジ(Bridges)

ブリッジは、パラチェーンやパラスレッドがイーサリアムやカルダノなどの外部ブロックチェーンと接続するための特別なブロックチェーンです。ブリッジによって、ネットワークの相互運用が可能になります。

Polkadot(ポルカドット)図解イメージ

Polkadot(ポルカドット)とは?仮想通貨DOTの仕組み

ルートはツリーの基幹部分であり、Relay chain(リレーチェーン)を表します。木には複数の枝があり、Polkadotには複数のParachain(パラチェーン)があります。トランクはルートとブランチの接続を確立し、RelayチェーンとParachainsを接続するCollator(コレーター)と同様の働きをします。Parathreads(パラスレッド)はParachains(パラチェーン)の延長線上にあるため、サブブランチになります。最後に、花は他の花と接続することで受粉に使われます。ブリッジも同じようにパラチェーンと他のブロックチェーンをつなぎます。

ポルカドットはどのように機能するか?

PolkadotはNominated Proof of Stake (NPoS)というコンセンサス・メカニズムで動いており、DOTホルダーはノミネーターになることを奨励され、ブロックチェーンに認知されるために自分のステークスの一部をバリデーターに割り当てることができるようになっています。Validator(バリデーター)はパラチェーン上の取引をチェックし、Relayチェーン(リレーチェーン)と通信した上でブロックの確認を行います。

コンセンサスが得られれば、利益はノミネーターに分配されます。ノミネーターが実績のない信頼できないバリデーターを選んだ場合、損失が分配されるプロセスになり、DOTステークを一部失う可能性があるので注意が必要です。このプロセス全体は、フィッシャーマンが監視しています。

≫もっと詳しく見る:Polkadot(ポルカドット)DOTとは何か?仮想通貨・暗号通貨の仕組み

Kusamaとは何?

Kusamaは独立した分散型ブロックチェーンです。Polkadotブロックチェーンで展開する前に、その機能をテストした初期段階のスタートアップのための実験的なネットワークです。KusamaはPolkadotのテスト版または未監査版とお考えください。Substrateで構築され、Polkadotの作成に使用されたのと同じコードで書かれています。さらに、KusamaはDOTトークンと同様の機能を果たす独自のネイティブKSMトークンを持っています。

Polkadot(ポルカドット vs Cardano(カルダノ)

比較タイプPolkadot (DOT)Cardano (ADA)
コンセンサスメカニズムNPoSPoS
テストネットワークKusamaなし
作成されたプロジェクト350以上0
総供給量無制限450億
トークンの種類インフレ型(前年比10%)デフレ型
コミュニティへの貢献度低い非常に高い

Polkadot(ポルカドット)のメリット

超高速ネットワーク

よく設計された仕組みにより Polkadotは、1秒間に1,000,000件の取引を処理する力を持っています。Relay chainの助けを借りて、ネットワークの混雑を心配することなく、それぞれのParachainでより速いトランザクションを処理することができます。

また、Fantomプロジェクト(FTMコイン)は、相互運用性競争における最新の競争相手となっています。

高度な相互運用性

現時点では、Polkadotはそのエコシステムの内外でネットワークの相互運用性をサポートする唯一のブロックチェーンです。内部的には、Substrateで構築されたParachainはRelayチェーンと通信し接続することができます。外部では、CardanoやEthereumなどのブロックチェーンがブリッジを使ってPolkadotと接続することができます。

独立したテストネットワーク

他のあらゆるブロックチェーンが、そのプラットフォーム上で実行するためにDAPPSとスマートコントラクトを必要とする一方で、Polkadotは、独立したテストネットワークを持っています。PolkadotはKusamaという独自のテストネットワークを立ち上げ、初期段階のスタートアップや開発者がPolkadotでライブを行う前にコードをテストできるようにしています。そのため、クリエイターは事前にアプリケーションを開発し、テストし、実行することができます。

財務的に安定している

ポルカドットは財政的に安定したプロジェクトです。21の投資家から総額2億9370万ドルの資金を獲得しています。この資金は、完全なブロックチェーンネットワークを構築し、今後数年間開発を維持するのに十分なものです。

価値の保存

Kusama(KSMトークン)の成功の後、DOTトークンに注目が集まっています。時価総額トップ10の暗号通貨のクラブに入った後、投資家のお気に入りの暗号通貨になりつつあります。

Polkadot(ポルカドット)のデメリット

開発中であること

Polkadotは巨大なブロックチェーン・プロジェクトです。そのアーキテクチャーのデザインはクラス最高のものですが、1秒間に100万件の取引を処理できるまでに発展し、完全に進化するには時間がかかるでしょう。

インフレ通貨

これはPolkadot(DOT)トークンの最大のデメリットの1つです。Polkadotは年平均10%のインフレ率で、信頼できるバリデーターでのステークに使用しない限り、Polkadotトークンの総価値の10%を失うことを意味します。ステーキングは、平均して(10-15%)の利益を受け取ることによって、インフレ率をヘッジするのに役立ちます。

DOTをステーキングしないと、毎年総価値の10%を失うことになります。

ライバルが多い

Polkadotは、Avalanche AVAX crypto、Cardano ADA、Solana SOLなどの新興ブロックチェーンと厳しい競争に直面しています。これらのプロジェクトはいずれもPolkadotと同様に有望で、いずれも現時点ではイーサリアムに支配されている市場シェアのために戦っています。

ポルカドットの価格予想

Polkadotは、このスペースで最も有望な暗号プロジェクトの1つです。それは、最近の上昇相場の間に50ドルの史上最高値に達し、市場の暴落で後に10ドルの史上最低値を記録しました。これらの価格変動は、DOTが非常に不安定な暗号通貨であることを明確に示しています。

その将来性と現在の普及率を考慮すれば、今年末までに100ドルを達成する能力を持つ大きなアップサイドを持っています。とはいえ、競争の激化やプロジェクト開発のような変数を常に念頭に置いておく必要があります。Polkadotが提供すべきものを提供すれば、物事はうまくいくでしょう。

COSMOS Crypto (ATOM)は最大のライバルであり、代替投資オプションであるといえます。

ポルカドットは良い投資先?

明確なビジョンを持つ強力なチームに支えられ、プロジェクトは2016年の設立以来、長い道のりを歩んできました。350を超える追加プロジェクトの下で、Polkadotは暗号業界に嵐を巻き起こすつもりです。

しかし、裏を返せば、インフレをヘッジしたいのであればインフレ傾向にあるDOTトークンを購入するのも一つの策でしょう。PolkadotはEthereum 2.0とSolanaとの厳しい競争に直面しており、この2つのプロジェクトは市場シェアを奪いに出ています。Ethereumは先行者利益を得ており、Solanaは過去にロードマップの目標を達成できなかったものの、技術的側面と採用率で優位に立っています。

一言で言えば、インフレ通貨である点を、あまり気にせず、プロジェクトに信頼があれば、明確な道筋のないコインよりも良い投資先だと思います。仮想通貨への投資は、リスクが非常に大きいので、くれぐれも自己責任で、失ってもいい金額を投資する、ということを肝に銘じておいてください。

Polkadot(ポルカドット)コイン(DOT)の購入方法・買い方は?

今すぐ「DOT」を手に入れる

【無料】口座開設で¥3000取引ボーナス
さらに入金で最大$5000の2段階ボーナス
口座開設¥3000のボーナス
入金で最大$5000のWボーナス