【新型コロナウイルス(COVID-19)】UberEatsパートナーセンター営業休止中の「アカウント有効化方法」のお知らせ

ソフトバンク光を2年で解約したワケ|eo光回線に乗り換えた理由

ソフトバンク光 eo光 イオ光 光回線 乗り換え 切替え 料金 安い キャンペーン キャッシュバック 明細

ソフトバンク光を2年で解約したワケ|eo光回線に乗り換えた理由

2018年8月~2020年8月まで、2年間使っていた「ソフトバンク」の「光回線」である「ソフトバンク光」を解約しました。

これからは「ソフトバンク光」から「eo光」に契約を変更して、「光回線」を使っていく予定です。

なぜ「ソフトバンク光」から「eo光」に乗り換えた(切り替えた)かの「詳細」は、下にリンクを貼った記事でも、詳しく語っていますので、興味がある人は、見てみて下さい。

おすすめ 光回線 光電話 ソフトバンク光 eo光 1ギガ エリア メリット デメリット イオ光 申し込み キャンペーン キャッシュバック 安い 紹介コード 無線 WiFi ルーター 番号ポータビリティおすすめ光回線・光電話|eo光サービスエリア・イオ光申し込み方法・安くなるキャンペーン

ソフトバンク光⇒eo光に乗り換えた理由

  1. ソフトバンク光が2年間の契約期間を終えて、解約料金なしで解約ができる解約月になったから
  2. 新しい光回線(eo光)に乗り換えることで、キャンペーンやキャッシュバックなどの特典が受けられたから
  3. 「ソフトバンク光」と比較して、「eo光(イオ光)」の方が、月額料金が数百円安かったから
  4. 「eo光(イオ光)」には、「長割(ちょうわり)」という長く契約すればするほど、月額料金が安くなる仕組みがあったから

「ソフトバンク光」を解約した主な理由は、上記の4つなのですが、それぞれ、どういう考えで解約に至ったのかを、簡単に説明していきます。


理由1

ソフトバンク光が2年間の契約期間を終えて、解約料金なしで解約ができる解約月になったから

まず最初の理由は「解約月」が来たからです。

「光回線」を契約する際は、「光回線業者」が指定した「契約期間」で、契約をすることが、ほとんどです。

だいたい「1年単位」「2年単位」「3年単位」で契約をすることが多く、「ソフトバンク光」を、僕が契約した時は、「2年契約」でした。

ほとんどの「光回線」契約では、契約期間最終年の「解約月(最後の月)」以外で、「光回線」の解約や乗り換えをしてしまうと、「違約金」として「解約料金」が取られます。

ただし、「2年契約」の最後の「1ヵ月間」は、「解約料金なし」に、自由に解約や乗り換えが出来る「解約月」となるため、より条件の良い「光回線」業者に乗り換える、絶好の機会となるのです。


理由2

新しい光回線(eo光)に乗り換えることで、キャンペーンやキャッシュバックなどの特典が受けられたから

光回線の業者では、「他社からの乗り換え」や「新規契約者」に対して、「キャッシュバック」や「商品券配布」などの「キャンペーン」をしているところが、ほとんどです。

僕の場合は、「2年契約」が終わり、そのまま「ソフトバンク光」を継続して契約していても、何も貰えませんでしたが、「解約料金」がかからない「解約月」に、新たな「光回線の業者」に乗り換える(切り替える)ことで、その新しい「光回線の業者(eo光)」から、「キャッシュバック」または「キャンペーンの特典」などを貰うことが出来ました。

ちなみに、僕の場合は、「eo光(イオ光)」の、いくつかある「キャンペーン」の中から、「商品券1万円分」を選択し、タダで貰っています。


理由3

「ソフトバンク光」と比較して、「eo光(イオ光)」の方が、月額料金が数百円安かったから

「光回線」の「月額料金」に関しては、実際に僕も調べましたが、実は、どこの業者もそれほど大差はありません。

ただし、様々な光回線業者を、よくよく比較してみると、「数百円」単位で「月額料金」が異なっていたりするので、それぞれの「光回線業者」の「公式サイト」をよく見比べて、なるべく、毎月の「月額料金」が安い「光回線業者」を選ぶのが、おすすめの選び方です。

ただし、その時に1つ注意点があり、ほとんど全ての「光回線業者」は、最初の1年か2年の契約に対して、通常の「月額料金」から、割引きを入れて「値引き」をした値段を打ち出し、お客さんには、それを見せて「自分の会社」の方が、他社に比べて安いという印象を持ってもらい、始めの安さにつられたお客さんに契約をしてもらうという「取り組み」をしている「会社」が、ほとんどです。

この最初の「割引」に惑わされて契約をしてしまうと、「割引期間」が終了して、通常の「月額料金」に戻った時に、他の「光回線業者」の方が、安くなっているという事態に、なってしまうことが、よくありますので、その点には、注意が必要です。

これを回避する方法としては、割引きの入った「月額料金」同士を見比べるのではなく、同じ契約期間(例えば2年間)でかかる「料金の全てを合計」し、その「2年間の合計金額同士」を比較するのが、おすすめです。

例えば、「契約期間2年縛り」の「光回線業者」を「2社」比較してみると、「A社」は「最初の1年間」は割引が大きく、月額料金も一時的に安くなるのですが、通常料金に戻る2年目は、もう一方の「B社」の方が「月額料金が安く」なり、結局、「2年間のトータル」で見ると、「B社」の方が、「支払う金額が安い」ということが、起こり得るのです。

割引き期間の「月額料金」が安くても、通常の「月額料金」が高ければ、契約期間が長くなればなるほど、実は多くのお金を支払っていた、ということにも繋がりますので、「自分が契約したい期間」を、予め想定しておいて、その「契約期間」を固定した上で、様々な「光回線業者」に支払うべき金額を計算し、比較するのが、お得な「光回線業者の探し方・選び方」となります。


理由4

「eo光(イオ光)」には、「長割(ちょうわり)」という長く契約すればするほど、月額料金が安くなる仕組みがあったから

契約期間が終わるごとに、光回線業者を乗り換えるのは、毎回発生する回線工事などの手間が面倒になるので、出来れば1度契約した「光回線業者」とは、長く付き合っていきたいと思っている人には、最後は、耳寄りな情報となるかもしれません。

それは「長く契約すればするほど、割引きが適用されるプラン」がある「光回線業者」を選ぶということです。

例えば、僕が「ソフトバンク光」から乗り換えた「eo光(イオ光)」という「光回線業者」には、「長割(ちょうわり)」という「契約期間が長くなるたびに、月額料金が徐々に割引される制度」があります。

この「長割」を使うと、同じ「光回線業者」を継続して使えば使うほど、3年目以降などは、徐々に、毎月の「月額料金」が割引になっていったりしますので、おすすめです。

色々と探せば、このような「お得な制度」は、必ず見つかりますので、是非、皆さんそれぞれで、調べてみて下さい。


上記の「4つの理由」が、僕が「ソフトバンク光」から「eo光(イオ光)」に乗り換えた理由となります。

「eo光」に興味が湧いた人は、下にリンクを貼った「2つの関連記事」で、「eo光」の詳細な「申し込み方法」などを解説しております。もしよかったら、参考にしてみて下さい。

参考 節約!フレッツ光からeo光に乗り換え→通信料が安くなりました☆HAMHAM COOKIE おすすめ 光回線 光電話 ソフトバンク光 eo光 1ギガ エリア メリット デメリット イオ光 申し込み キャンペーン キャッシュバック 安い 紹介コード 無線 WiFi ルーター 番号ポータビリティ おすすめ光回線・光電話|eo光サービスエリア・イオ光申し込み方法・安くなるキャンペーン
注意
紹介している情報は、2020年7月時点の情報です。現在は変更になっている場合もありますので、詳細は、「公式サイト」にて、ご確認ください。