【新型コロナウイルス(COVID-19)】UberEatsパートナーセンター営業休止中の「アカウント有効化方法」のお知らせ

ソフトバンク光2年契約した体験談ブログ|ソフトバンク光回線をおすすめ出来る人

ソフトバンク光 eo光 イオ光 光回線 乗り換え 切替え 料金 安い キャンペーン キャッシュバック 契約 ホームゲートウェイ 光BBユニット

ソフトバンク光2年契約した体験談ブログ|ソフトバンク光回線をおすすめ出来る人

2018年~2020年の2年間、自宅の「光回線」で「ソフトバンク光」を使っていた体験談をブログで紹介します。

ソフトバンク光 eo光 イオ光 光回線 乗り換え 切替え 料金 安い キャンペーン キャッシュバック 契約 光BBユニット ホームゲートウェイ

「光BBユニット」ソフトバンクから月額料金を支払ってレンタルできる「無線Wi-Fiルーター」です。自分で「無線Wi-Fiルーター」を買ってもっている人には、不要です。レンタル料金は月額で約500円くらい。

ソフトバンク光 eo光 イオ光 光回線 乗り換え 切替え 料金 安い キャンペーン キャッシュバック 契約

「ホームゲートウェイ」ソフトバンクから月額料金を支払ってレンタルできる「光電話用の通信機器」です。光回線と一緒に、光電話にも契約する人には、必須の機器です。レンタル料金は、月額で約500円くらい

「ソフトバンク光」を2年間使っていた僕が、「ソフトバンク光」を「おすすめしたい人」は、以下のような人です。

ソフトバンク光をおすすめ出来る人
  • 「ソフトバンクの携帯(スマホ)」か「Y!mobile(ワイモバイル)の携帯(スマホ)」を使っている人

ソフトバンク光の「おうち割」がお得

上記の人は、条件次第で、「おうち割」という「割引制度」が使えて、使っている「携帯料金」が、なんと「毎月割引」になるので、おすすめです。

この割引の凄い点は、1回きりの割引ではなく、「毎月、携帯料金を、割引してくれる点」ですので、「SoftBank(ソフトバンク)」か「Y!mobile(ワイモバイル)」の「携帯(スマホ)」を使っている人は、「光回線」を引く時の「第一候補」としては、「ソフトバンク光」をチェックしておきましょう。

「おうち割」と「家族割」は併用できないので注意が必要

また、「ソフトバンク」には、「SoftBank(ソフトバンク)のキャリア携帯(スマホ)」や「Y!mobile(ワイモバイル)の格安携帯(スマホ)」を、同じキャリア同士、2人以上の家族間で使っている人がいる時に、携帯使用者の、毎月の「携帯料金」が割引になる「家族割」という「割引制度」も存在します。

ただし、この「家族割」と、先ほど紹介した「おうち割」は、一緒に併用して利用することが出来ません。

家族の2人以上が、「SoftBank(ソフトバンク)」同士か、「Y!mobile(ワイモバイル)」同士で、「携帯(スマホ)」を持っており、さらに自宅の「光回線」を「ソフトバンク光」にすると、「家族割」と「おうち割」で「ダブルの割引」をしてもらえると思う人もいるかもしれませんが、どちらか「1つの割引」しか使えませんので、その点は、注意して下さい。

ソフトバンク携帯×ワイモバイル携帯の組み合わせでは「家族割」は使えない

ワンポイント
  • 「ソフトバンク×ソフトバンク」「ワイモバイル×ワイモバイル」の組み合わせのみが「家族割」が使えて、「ソフトバンク×ワイモバイル」の組み合わせでは、「家族割」が使えませんので、注意が必要です。

「家族割」と「おうち割」なら、「家族割」を優先させよう

どちらかしか使えない「家族割」と「おうち割」を選ぶ場合は、「家族割」を優先させた方が、お得になる可能性があります。

例えば、4人家族で、全員の携帯を「Y!mobile(ワイモバイル)」にした場合、「家族割」が適用できます。

「家族割」を適用する場合、「主回線」となる「1人」は、割引きの対象とはなりませんが、「副回線」となる「残りの3人」は、それぞれに「家族割」を適用することが出来ます。(※最大9回線までが家族割の適用範囲です)

つまり、「家族の人数」が多い場合は、「ソフトバンク光」の「おうち割」よりも、「Y!mobile(ワイモバイル)の格安携帯(スマホ)」や「SoftBank(ソフトバンク)のキャリア携帯(スマホ)」の「家族割」を優先させた方が、家族全体の「割引額」が大きくなるのです。

しかも、この場合の「家族」のくくりの中には、「同居していない家族」や「親戚(公式サイトに条件あり)」も含まれますので、「おうち割」と「家族割」なら、間違いなく「家族割」を選んだ方が、お得だと言えるでしょう。

SoftBank Air(ソフトバンクエアー)マンションの1人暮らし向け

SoftBank(ソフトバンク)は、「光回線の工事が不要」で、コンセントに挿すだけで光回線が使える「ソフトバンクAir(ソフトバンクエアー)」を新発売しましたが、これは、どちらかというと、「ワンルームマンション」などの1部屋だけで、光回線を使いたい人向けの「サービス」です。

「一戸建て(ホームタイプ)」や「集合住宅(マンションタイプ・メゾンタイプ)」の「ソフトバンク光」に比べると、「ソフトバンクAir(ソフトバンクエアー)」は、回線工事が不要なので、設置する手間はないのですが、通信速度が遅く、何人かで同時に使用すると、遅延が発生したり、違う部屋や違う階に移動すると、電波が届かなくなる可能性もありますので、注意して下さい。

「一戸建て」で「光回線」を使用したい人や、「オンラインゲーム」などの通信料を必要とする用途で使いたい人は、今まで通りの「ソフトバンク光」を使用した方が良いです。

一方、1人暮らしのワンルームに住んでいる人で、用途も、普通のネットサーフィンなどでしか使わないような人は、SoftBank Air(ソフトバンクエアー)にすると、「ソフトバンク光」と比較しても「月額料金」が安くつきますし、回線工事をする手間がなくなり、機器が届いたら、コンセントに挿すだけで、すぐに使用できるようになるので、とても便利です。