≫≫≫【UberEats】料理を配達して副収入を獲得【今すぐ登録】≪≪≪

サブネットマスクについて

サブネットマスク(subnet mask)

ネットワークが大規模になると、一つのネットワークとして管理することが事実上不可能になります。特に、プロッドキャストというネットワーク全体に送るデータ転送が発生すると、必要のない部分まで不必要に回線が使われ、ネットワーク全体の効率が悪くなる。

例えば、ネットワークを事業所や部門などの単位で論理的に分割できれば、この弊害を回避することができる。これがサブネッティングです。これは、本来1つの単位であるはずのネットワークを、より小さな単位に分割することを指す。

サブネットマスクは、このサブネットを表現するための値で、IPアドレスの何ビット上をネットワークアドレスとするかを定義するために使われる。IPアドレスは、ネットワークを特定するネットワークアドレス部分と、ネットワーク上のコンピュータを特定するホストアドレス部分に分けることができる。サブネットマスクを用いて、ホストアドレス部分の数ビットをネットワークアドレス部分として再定義することで、1つのネットワークをサブネットとして区切ることができる。

例えば、172.16.0.0〜172.16.255.255の範囲のIPアドレスを使用するネットワークでは、上位16ビットがネットワークアドレス部分となる。一方、255.255.255.0というサブネットマスクを指定した場合は、上位24ビットがネットワークアドレスとして定義されます。つまり、172.16以下のネットワークは、172.16.0から172.16.255までの256のサブネットに分割されます。

サブネットマスク(subnet mask)関連用語

IPアドレス

プライベートIPアドレス

>>戻る【IPアドレス】

>>続く【ポート番号】