≫≫≫【UberEats】料理を配達して副収入を獲得【今すぐ登録】≪≪≪

クライアントとサーバについて

ネットワーク上の登場人物といえば、サーバーとクライアントを思い浮かべます。これは、そういう名前のコンピュータがあるということではなく、コンピュータの役割を説明するための言葉です。サーバーは「ウェイター」という意味です。

「サーバー」とは、ネットワークの給仕のことです。

高級なレストランなどに行くといるでしょ?テーブルに案内してくれたり、メニューを持ってきてくれたり、わからないことがあったら教えてくれたりする人。ネットワークの中でその役割を果たすのがサーバーの仕事です。

逆に、クライアントは「要求者」である。クライアントとは、何かを依頼する人のことです。つまり、レストランに来るのはクライアントである。席に着くところから始まって、注文したり、質問したり、いろいろな要求をサーバー(ウェイター)に対してして、それをかなえてもらうのがクライアントである。

主人公はお客様です。

レストランでお客さんが主人公であるように、ネットワークでの主人公はクライアントです。サーバーはあくまで助っ人であり、「何が欲しいか」を積極的に伝えるのはクライアントの仕事である。このような「サービスの提供者」と「サービスの受け手」のやり取りが、ネットワーク上での情報の行き来を実現しているのです。

「Peer-to-Peer」では、お互いにリソースを共有します。

5〜6台のパソコンで構成される小規模なLANでは、サーバーとして専用のパソコンを設置することは稀で、ほとんどがPeer-to-Peer型のネットワークとなります。

ピアツーピア型ネットワークとは、クライアント同士でファイルやプリンターなどのリソースを共有するネットワーク形態です。ピアツーピアネットワークでは、クライアントは自分のファイルやプリンターを使うように言われるとサーバーになり、他のコンピュータのリソースを使うように言われるとクライアントになります。

ネットワークへの自由な参加。

この形態では、高級レストランのような専任のウェイターは存在しない。各コンピュータは、その時々の状況に応じて、あるときはサーバーになり、あるときはクライアントになり・・・と役割を変えていく。

このように、Peer-to-Peer型のネットワークでは、各コンピュータが同等の権限を持ちながら独立しています。そのため、ネットワークへのコンピュータの追加や削除は、誰に許可を得る必要もなく、自由に行うことができます。そのため、使い勝手のよいネットワークといえます。

「クライアントサーバー」は、サーバーで一元的に管理します。

一方、ネットワークを管理するサーバーとして、専用のコンピュータを設置する方式もあります。このタイプのネットワークは「クライアントサーバー」と呼ばれ、サーバーでネットワークを一元管理する方式です。

例えば、ウェイターのいるレストランでは、席に着くことさえ、自分の意志ではなく、ウェイターの誘導で行われる。お客さまがリクエストをして、席に着き、必要なサービスを受ける。クライアント・サーバー型ネットワークも同じである。コンピュータはネットワークに参加した時点から、サーバーに許可を求めなければならない。そして、サーバーにあるファイルやプリンターなどの利用を要求し、必要なサービスを受ける。

ネットワーク全体を柔軟に管理

一見、複雑そうに見えるこの方式ですが、サーバー側で一元管理できるため、ある程度の規模のネットワークであれば、それほど手間や時間をかけずに管理することができます。何でもそうですが、参加者が増えてくると、不審者が紛れ込んだり、喧嘩が始まったり・・・ということがよくあります。一括管理なら、セキュリティ上好ましくないユーザーを制限したり、ネットワークへの参加を拒否したりと、サービスの設定を一括で柔軟に変更できるので、手間がかかりません。

>>戻る【LANとWANの違い】

>>続く【ネットワークを構成する機器について】