≫≫≫【UberEats】料理を配達して副収入を獲得【今すぐ登録】≪≪≪

LANケーブルについて

LANケーブル

LANケーブルとは、ネットワーク上の各ノード間を接続するためのケーブルです。ネットワーク接続に使用されるため、ネットワークケーブルとも呼ばれます。ケーブルの種類は1つではなく、使用するネットワーク規格によってさまざまな種類があります。

Ethernet 10BASE-2や10BASE-5などのバス型LANでは、テスターの接続に使われるような同軸ケーブルがLANケーブルとして使用される。ケーブルの特性も規定されており、10BASE-2では5mm厚の同軸ケーブル(Thin coax)、10BASE-5では10mm厚の同軸ケーブル(Thick coax)が使用される。

スター型LANであるイーサネットの10BASE-T、100BASE-TX、1000BASE-T規格では、ツイストペア(より線)ケーブルが使われている。電話線の内線4本に対し、4組8本のツイストペアという、電話のモジュラーケーブルに近い構造になっている。さらにグレード別に分類され、10BASE-Tはカテゴリー3、100BASE-TXはカテゴリー5、1000BASE-Tはカテゴリー5e/カテゴリー6に分類される。カテゴリーは上位互換なので、100BASE-TXのネットワークを上位のカテゴリー5eで構築しても問題はない。

最後に、リング型LANであるToken Ringは、10BASE-Tや100BASE-TXのEthernetケーブルと同じようにツイストペアケーブルを使用する。使用するケーブルのカテゴリーは、伝送速度によって異なる。4Mbpsの場合はカテゴリー3、16Mbpsの場合はカテゴリー4が使われる。

LANケーブルの関連用語

ノード

LAN(Local Area Network)

スター型LAN

バス型LAN

リング型LAN

Ethernet

Token Ring

bps(bits per second)

>>戻る【第28回:NIC(ニック)】

>>続く【第30回:リピータ】