≫≫≫【UberEats】料理を配達して副収入を獲得【今すぐ登録】≪≪≪

リピータについて

リピータ(repeater)

リピータとは、OSI参照モデルのレイヤ1(物理層)の中継機能を提供する装置です。ネットワークでは、LANケーブルに電気信号を流すことで通信データを送り出しています。しかし、ケーブルが長くなると、流れる電気信号が減衰し、やがて解読不能になる。そのため、LANの規格では、10BASE-5や10BASE-Tなど、方式ごとにケーブルの総延長を定めている。リピータは、減衰した信号を増幅して送り出すことで、LANの総距離を伸ばすための中継器です。

このリピータは拡声器のようなものとイメージしていただければと思います。リピーターは、音を増幅して、聞こえないほど遠い場所でも音が届くようにする点で、拡声器と似ています。

しかし、その特性上、入力された波形を単純に整形して送信するため、本来なら中継する必要のないエラーパケットも中継してしまいます。そのため、ネットワーク上に無駄なデータが流れることになり、効率化の観点からは好ましくありません。

イーサネットでは、同一経路上に最大4つのリピータを使用し、総距離を延長することが可能です。上限を設けているのは、複数のリピータを経由すると信号が歪んで解釈できなくなることと、総距離が長くなりすぎると衝突検出機構が有効に働かなくなるためである。複数のリピータを束ねてマルチポートリピータとしたものをハブと呼びます。

リピータ(repeater)関連用語

OSI参照モデル

パケット

LAN(Local Area Network)

Ethernet

ハブ

コリジョン

>>戻る【LANケーブル】

>>続く【ブリッジ】