≫≫≫【UberEats】料理を配達して副収入を獲得【今すぐ登録】≪≪≪

パケットについて

パケット(packet)

パケットとは、コンピュータ通信における通信データの小片のことです。パケットの語源は「小包」の意味である。

大きなデータが分割されずにネットワーク上を流れると、そのデータだけで回線が占有され、他の機器は全く通信ができなくなる。そこで、通信データをパケットと呼ばれる小さな単位に分割し、1つのパケットにかかる時間を小さくすることで回線を共有できるようにしたのが「パケット通信」です。データをパケットに分割して送受信する通信をパケット通信と呼びます。

パケットには必ず送信元アドレスや送信先アドレスなどの属性情報が付加されています。この情報は小包に添付される荷札のようなもので、この荷札をもとに、パケットはネットワーク上を正しい宛先まで運ばれるのです。

このとき、パケットには、そのパケットが使用しているネットワークプロトコルの情報も含まれています。これにより、同じネットワーク回線上であっても、複数のネットワークプロトコルが混在した状態で使用することができる。

クライアント(アプリケーション)が運びたい荷物(通信データ)を小さな小包(パケット)に分割し、小包の紛失を防ぐために荷札を付けます。このとき、パケットタグは宅配を担当する会社(ネットワークプロトコル)から指定される。そんなイメージを想像していただくとわかりやすいと思います。

パケット(packet)関連用語

ネットワークプロトコル

IPアドレス

>>戻る【UDP(ユーディーピー)】

>>続く【ノード】