≫≫≫【UberEats】料理を配達して副収入を獲得【今すぐ登録】≪≪≪

UDP(ユーディーピー)

UDP(ユーザ・データグラム・プロトコル)

UDPは、OSI参照モデルの第4層トランスポート層に位置づけられるネットワークプロトコルで、コネクションレス(データグラム)通信機能を提供します。コネクションレス型通信とは、情報を送信する際に、相手にそのことを通知せずに送信する方法です。そのため、通信の信頼性は低くなるが、TCPとは異なり、プロトコル自体が軽量で高速であることが特徴である。

UDP(User Datagram Protocol)は、レイヤ3(ネットワーク層)のIPをレイヤ5(セッション層)以上のプロトコルが直接使えるようにするための橋渡し役と言えます。上位層のアプリケーションから受け取ったデータを単純にパケットに分割し、TCPのような受信確認は行わずにIPで送出する。当然、送信側にはパケットが届いたかどうかはわからず、むしろネットワークの状況によってはパケットが届かないこともあり得る。

このような信頼性の低さと処理の軽さを天秤にかけて、このプロトコルは主に小さなパケットだけをやり取りする必要があるアプリケーションや、時間の連続性が重要なアプリケーションで使用されている。前者はDNSDHCPなどのサービス、後者は音声通話や動画配信など、多少のブツ切れがあっても時間の継続性が重要なアプリケーションである。

UDP(ユーザ・データグラム・プロトコル)関連用語

OSI参照モデル

TCP/IP

パケット

TCP(Transmission Control Protocol)

IP(Internet Protocol)

>>戻る【TCP(ティーシーピー)】

>>続く【パケット】