≫≫≫【UberEats】料理を配達して副収入を獲得【今すぐ登録】≪≪≪

DHCP(ディー・エイチ・シーピー)について

DHCP(Dynamic Host Configuration Protocol)

DHCPとは、Dynamic Host Configuration Protocolの略で、ネットワーク上のコンピュータにIPアドレスやサブネットマスクなどのネットワーク情報を自動的に設定するためのプロトコルです。

IPアドレスはコンピューターを識別するためのものなので、たとえプライベートIPアドレスであっても、ネットワーク上のコンピューターに重複した番号を割り当てることは許されない。そのため、ネットワーク上のコンピュータのIPアドレス情報は、重複しないように管理しておく必要があります。

DHCP(Dynamic Host Configuration Protocol)を利用したネットワークでは、この管理をすべてDHCPサーバーが行ってくれる。つまり、管理の手間がかからず、また、自動的に行われるため、IPアドレスが重複するなどの人為的なミスが発生することもないのです。

この環境では、クライアントがサーバーに問い合わせを行うと、ネットワークを利用するための各種設定や、利用可能なIPアドレスが発行される。これにより、ネットワークに接続するために必要な設定がすべて自動化され、クライアント側の設定ミスでネットワークに接続できないなどの問題が発生しなくなる。

ISP(インターネットサービスプロバイダ)を介してインターネットに接続する場合、インターネット上で使用するネットワーク設定をDHCPで取得するのが一般的です。

DHCP(Dynamic Host Configuration Protocol)関連用語

クライアントとサーバ

IPアドレス

サブネットマスク

プライベートIPアドレス

グローバルIPアドレス

インターネット(the Internet)

ISP(Internet Services Provider)

>>戻る【DNS(ディーエヌエス)】

>>続く【NetBIOS(ネットバイオス)】