≫≫≫【UberEats】料理を配達して副収入を獲得【今すぐ登録】≪≪≪

NetBIOS(ネットバイオス)について

NetBIOS(Network BIOS)

NetBIOSとは、Network Basic Input/Output Systemの略で、日本語では「ネットワーク基本入出力システム」となります。その名の通り、ネットワークサービスを利用するための基本的な入出力を定義したAPI(アプリケーション・プログラミング・インターフェース)である。

もともとはIBM社が提唱し、NICに実装されたプログラミングインターフェイスとしてスタートした。ネットワークサービスを利用するプログラムは、プログラムからこのインターフェースを呼び出して、ファイル共有やプリンター共有などの機能を実現する。Windows NT 4.0までのマイクロソフト社のネットワークは、NetBIOSで実装されている。

NetBIOSは、NetBIOS名と呼ばれる16バイトの名前を用いてコンピュータを識別する。そのため、NetBIOSを利用したネットワークでは、各コンピュータに同じNetBIOS名をつけることはできない。

当初、NetBIOSはNetBEUIというネットワークプロトコルのトランスポート層インターフェイスであったが、現在ではインターネットなどTCP/IPを用いたネットワークの普及により、他のプロトコル上でもNetBIOSのインターフェイスが提供されている。特に、TCP/IPをベースプロトコルとして動作するNetBIOSは、NBT(NetBIOS over TCP/IP)と呼ばれている。

NetBIOS(Network BIOS)関連用語

OSI参照モデル

ネットワークプロトコル

TCP/IP

NIC(Network Interface Card)

インターネット(the Internet)

>>戻る【DHCP(ディーエイチシーピー)】

>>続く【PPP(ピーピーピー)】