≫≫≫【UberEats】料理を配達して副収入を獲得【今すぐ登録】≪≪≪

PPP(ポイント・トゥ・ポイント・プロトコル)について

PPP(Point to Point Protocol)

2つのノード間、すなわち点から点への1対1の接続を確立してネットワーク化するためのプロトコルで、OSI参照モデルのレイヤ2(データリンク層)に該当し、レイヤ3以上のプロトコルとの組み合わせで使用される。

このプロトコルの主な役割は、点間を結ぶ回線をネットワーク回線として利用できるようにすることである。接続を確立する際には、まずユーザー認証を行い、問題がなければ、使用するプロトコルやエラー訂正方法などをやりとりして、通信路の仕様を確定する。イメージとしては、「この回線はこうやって通信することにしよう」と、最初に点同士で対話するような感じです。通信経路が決まれば あとは通常のネットワークと同じように、TCP/IPなどを使ってアクセスすることができる。

PPPは、電話回線を使ってコンピュータをネットワークに接続したり、外部からリモートアクセスしたり、ISP(インターネットサービスプロバイダ)にダイヤルアップ接続する際によく使われるプロトコルです。それ以前はアナログモデムを使ったダイヤルアップ接続しか選択肢がなく、PPPは非常にポピュラーなプロトコルだったのです。

PPP(Point to Point Protocol)関連用語

OSI参照モデル

ネットワークプロトコル

ノード

TCP/IP

ADSL

モデム

インターネット(the Internet)

ISP(Internet Services Provider)

>>戻る【NetBIOS(ネットバイオス)】

>>続く【PPPoE(ピーピーピーオーイー)】