≫≫≫【UberEats】料理を配達して副収入を獲得【今すぐ登録】≪≪≪

PPPoE(ピーピーピーオーイー)について

PPPoE(Point-to-Point Protocol Over Ethernet)

PPPoEとは、PPP over Ethernetの略で、2つのノードイーサネットで接続して通信するためのプロトコルです。現在、ADSLによるインターネット接続サービスの多くがPPPoEを採用しており、家庭用ルーターでもPPPoEクライアント機能を実装したものが増えてきている。

ダイヤルアップ接続で普及していたPPPは、2点間を接続するためのプロトコルであるだけでなく、接続時にユーザー名やパスワードを確認するなどのユーザー認証機能も組み込まれている。特に、インターネット接続サービスを提供するISP(インターネットサービスプロバイダ)にとっては、ユーザー管理の面でメリットがあった。

しかし、ADSLのような常時接続環境では、個人であってもイーサネットで接続するため、PPPを利用することができない。そこで、PPPの機能をEthernet上で利用できるようにするために考案されたのが、PPPoEである。

PPPoEは、PPPと同じ認証でイーサネット上の2点間に接続を確立する。これにより、ISPは通常のダイヤルアップ接続とADSL接続のサービスを統合し、加入者管理を簡素化することができる。また、ユーザーにとっても、同じADSL回線を使いながら、複数のISPを切り替えて利用できるなどのメリットがある。

PPPoE(Point-to-Point Protocol Over Ethernet)関連用語

ネットワークプロトコル

ノード

Ethernet

ADSL

PPP(Point to Point Protocol)

インターネット(the Internet)

ISP(Internet Services Provider)

>>戻る【PPP(ピーピーピー)】

>>続く【PPTP(ピーピーティーピー)】