≫≫≫【UberEats】料理を配達して副収入を獲得【今すぐ登録】≪≪≪

PPTP(ピーピーティーピー)について

PPTP(Point-to-Point Tunneling Protocol)

PPTPは、インターネット上に仮想的なダイヤルアップ接続を作り、2地点間の通信を暗号化して専用線接続のように利用するためのプロトコルであり、VPN(Virtual PrivateNetwork)を構築するために使用されます。

VPNは、暗号化技術を使ってネットワーク上に仮想的な専用線空間を作るものです。通常、離れたLAN間を専用線で接続すると高額になるが、VPNは既存のインターネット回線を利用できるため、安価に導入することができる。

PPTP(Point-to-Point Tunneling Protocol)は、VPNを構築するための暗号化技術の一つで、PPPを拡張してTCP/IPネットワーク上で仮想的にダイヤルアップ接続を実現するものです。(PPPの拡張版で、TCP/IPネットワーク上で仮想的なダイヤルアップ接続を実現するものです。)

PPTPは、2地点間の接続が確立すると、PPPのデータパケットを暗号化し、IPパケットに包んでTCP/IPネットワークに渡します。こうすることで、元のパケットは隠され、通信経路上のセキュリティが保証される。このプロセスは、確立された2点間の接続を安全な専用トンネルで保護するのと似ています。これをトンネリング処理と呼びます。

当初は、外部から社内LANに接続するリモートアクセス用途を想定していたが、一部のルーターにVPN機能としてPPTPが実装され、LAN間接続にも広く利用されるようになった。

PPTP(Point-to-Point Tunneling Protocol)関連用語

ネットワークプロトコル

TCP/IP

IP(Internet Protocol)

LAN(Local Area Network)

VPN(Virtual Private Network)

ルータ

PPP(Point to Point Protocol)

インターネット(the Internet)

>>戻る【PPPoE(ピーピーピーオーイー)】

>>続く【ファイアウォール】