≫≫≫【UberEats】料理を配達して副収入を獲得【今すぐ登録】≪≪≪

VPN(仮想プライベートネットワーク)について

VPN (Virtual Private Network)

VPNとは、ネットワーク上に仮想的な専用線空間を作り、拠点間を安全に接続する技術、またはこの技術で構築されたネットワークのこと。通常、遠隔地にあるLAN同士を接続する場合、専用線を利用するとコストがかかるが、VPNを利用することで安価に導入することができる。

VPN(Virtual Private Network)は、既存のインターネット回線を利用するインターネットVPNと、通信事業者の閉域通信網を利用するIP-VPNや広域イーサネットに大別される。

インターネットVPNを利用するには、専用のVPN装置、または機能を内蔵したルーターファイアウォールを相互接続地点に設置する必要がある。VPN装置は、通信データを暗号化してからインターネット上に送信し、受信側で復号化する。つまり、中間経路であるインターネット上ではデータを復号化できないため、情報漏えいや改ざんの危険から通信データを保護することができる。

ただし、VPN機器同士が相互に互換性のある暗号化方式を使用しない限り、データを復号化することはできません。そのため、現在ではVPNの標準プロトコルとしてIPSec(Internet Protocol Security)規格が定められており、このプロトコルに対応した機器であれば、異なるメーカーの機器間でも通信が可能になっています。

IP-VPNや広域イーサネットは、通信事業者が提供するサービスです。これらはインターネットVPNではなく、専用線のような閉じた通信網をVPN技術を使って複数のユーザーで共有するものです。インターネットVPNに比べコストは高いが、インターネットから隔離されているため、セキュリティ面では優れている。

また、VPNはLAN間接続だけでなく、LAN外からPPTP(Point to Point Tunneling Protocol)を使ってインターネット回線を使った仮想ダイヤルアップ接続など、リモートアクセス接続にも利用することができる。

VPN (Virtual Private Network)関連用語

LAN (ローカルエリアネットワーク)

専用線

ルーター

ファイアウォール

PPTP(ポイント・トゥ・ポイント・トンネリング・プロトコル)

インターネット

>>【第20回:専用線】に戻る専用線について

>>【第22回:ISDN(アイエスディーエヌ)】につづく