≫≫≫【UberEats】料理を配達して副収入を獲得【今すぐ登録】≪≪≪

ISDN(アイエスディーエヌ)

ISDN(インテグレーテッド・サービス・デジタル・ネットワーク)

ISDNとは、Integrated Services Digital Networkの略で、電話、FAX、データ通信を統合的に扱うことができるデジタル通信網のことです。国際標準規格として定められており、日本ではNTTが「INSネット」の名称でサービスを提供している。INS-Netは、一般電話のアナログ回線に比べ、回線状況が安定し、高速で安定した通信が可能である。

現在提供されているサービスは「Narrow ISDN」と呼ばれるもので、通信には一般の電話回線を使用する。この回線は、制御用の通信速度16kbpsのDチャンネル1本と、通信用の通信速度64kbpsのBチャンネル2本の計3チャンネルで構成されている。

通信用のBチャンネルは1回線として使用できるため、2本の電話回線を同時に使用することが可能です。これにより、インターネットを利用しながら電話を利用したり、FAX用の回線と電話用の回線を別々に確保したりすることが可能になります。また、Bチャンネルを2本同時に束ねるバルク伝送により、128kbpsの高速通信が可能です。

インターネットを利用するための通信回線としては、現在ではより高速なADSL光ファイバーに取って代わられ、ISDNが利用されることはあまりない。また、ADSLとISDNが干渉する可能性があることも指摘されている。

ISDN(インテグレーテッド・サービス・デジタル・ネットワーク)関連用語

ADSL

光ファイバ接続

bps(bits per second)

インターネット(the Internet)

>>戻る【第21回:VPN(ブイピーエヌ)】

>>続く【第23回:xDSL(エックスディーエスエル)】