≫≫≫【UberEats】料理を配達して副収入を獲得【今すぐ登録】≪≪≪

光ファイバ接続について

光ファイバ接続(光ファイバ)

現在、電話局と加入者宅は、アナログ電話用の銅線で接続されています。これを光ファイバーに置き換えることで、より高速なインターネット通信を可能にするのが光ファイバー相互接続サービスです。

光ファイバーは外乱に強く、銅線と違って外部からの影響を受けない。そのため、高速伝送の特性を生かし、高品質な通信が可能です。通信速度は10Mbpsから2Gbpsと非常に高速で、従来は不可能だった音楽や映像などのマルチメディアコンテンツの配信が実用化された。現在、光ファイバーネットワークは、ネットワークを利用したさまざまなサービスのインフラとして、さまざまな用途で利用されている。

当初、こうした光ファイバーによるネットワークアクセスサービスは、東京、大阪、名古屋などの大都市や政令指定都市に限定されていた。しかし、サービス開始後数年を経て、かなりのエリアをカバーするようになり、NTTやKDDIなどが全国規模でサービスを提供している。

一方、「光ファイバー接続までのつなぎ技術」と見られていたADSLは、共存の方向へ収束しつつある。光ファイバー接続は高価なため、安価なADSLサービスと比較され、ユーザーは自分の望む速度でサービスを選択するスタイルに落ち着きつつある。

光ファイバー接続(光ファイバ)関連用語

ADSL

ISDN

bps(bits per second)

インターネット(the Internet)

>>戻る【第24回:ADSL(エーディーエスエル)】

>>続く【第26回:WiMAX(ワイマックス)】