≫≫≫【UberEats】料理を配達して副収入を獲得【今すぐ登録】≪≪≪

専用線について

専用線

専用線とは、通信事業者が提供するサービスで、毎月一定の料金を支払うことで、特定の2地点間を通話時間に関係なく接続できるものです。専用線には、デジタル回線とアナログ回線の2種類がある。この専用線を利用して支店間を結ぶことで、内線通話や広域のネットワーク通信網を構築することができる。

コンピュータネットワーク用に設けられた専用線サービスは、主にLAN間を結ぶWANを構築するために利用され、回線方式はデジタル回線が一般的である。公衆回線の従量制とは異なり、専用線は固定料金で貸し出されるため、通話時間に依存せず、常時接続の通信回線として利用することができる。

月額固定料金は、接続する2地点間の物理的な距離や回線の通信速度によって高額になる。最も安価な月額料金でも数万円になるため、個人で契約することはあまりない。

かつては、WANの常時接続には専用線しか選択肢がなかったが、現在はVPN(Virtual Private Network)技術により、仮想的な専用線接続を安価に利用することが可能である。

専用線の関連用語

VPN(Virtual Private Network)

LAN(Local Area Network)

WAN(Wide Area Network)

インターネット(the Internet)

>>戻る【第19回:WAN(ワン)】

>>続く【第21回:VPN(ブイピーエヌ)】