≫≫≫【UberEats】料理を配達して副収入を獲得【今すぐ登録】≪≪≪

WAN(ワイドエリア・ネットワーク)

WAN(ワイドエリア・ネットワーク)

WANとは、Wide Area Networkの略です。コンピュータやLANを専用線などで接続したネットワークのことを指します。例えば、企業の支店間を結ぶようなネットワークをイメージするとよい。

日本語では広域通信網を意味し、LANのように自前でケーブルをつなぐのではなく、通信事業者が提供する広域ネットワークを使って構築される。

かつてWAN(Wide Area Network)を構築する場合、支店間を結ぶ専用線を契約したり、必要に応じて公衆回線を利用して支店間をダイヤルアップ接続することが一般的であった。しかし、専用線は2地点間の距離や回線速度によってコストが高くなり、ダイヤルアップ接続でも距離や時間によって通信料が高くなる。

より安価に利用できるのがVPN(Virtual Private Network)サービスであり、暗号化技術を利用して、複数のユーザーが利用する通信ネットワーク内に仮想的な専用線空間を作り出し、通信を行う。

VPNにはいくつかの種類があります。IP-VPNや広域イーサネットは、専用線のような通信事業者の閉回路を利用し、VPN技術を使って複数のユーザーで共有するサービスである。一方、インターネットVPNは、インターネット回線を利用してVPNを構築する方法です。

最も安価なのはインターネットVPNですが、この場合、中間経路が暗号化されているとはいえ、不特定多数のユーザーが利用するインターネット上にあるため、セキュリティ上の懸念が残ります。

WAN(ワイドエリア・ネットワーク)関連用語

LAN(Local Area Network)

専用線

VPN(Virtual Private Network)

インターネット(the Internet)

>>戻る【第18回:IPv6(アイピーブイシックス)】

>>続く【第20回:専用線】