≫≫≫【UberEats】料理を配達して副収入を獲得【今すぐ登録】≪≪≪

IPv6(アイピーブイ6)

IPv6(インターネットプロトコルバージョン6)

IPv6は「Internet Protocol Version 6」の略で、TCP/IPネットワークで使用される第3層(ネットワーク層)のプロトコルであるIPの後継規格である。

IPv6では、IPアドレスは128ビットの数値で表現される。この数字で表現できる数は約340澗で、1兆分の1の1兆分の1より大きく、事実上無限大である。

現在も広く使われているIPはバージョン4で、IPv4(アイピーブイフォー)とも呼ばれる。このプロトコルは、32ビットの数字を使ってIPアドレスを割り当てるため、表現できるアドレスの数は約43億個になります。これは決して少ない数字ではありませんが、世界の全人口に対して十分な数ではありません。この問題を解決するために導入されたのがIPv6です。

世界人口をはるかに超える膨大な数のIPv6が導入された理由は、IPv6がコンピュータネットワークに限らず、さまざまな家電製品にもIPアドレスを付与し、相互に接続できる環境を構築しているからです。これは、家電製品を含むすべての機器が相互に接続され、制御可能な世界を実現するためのものです。

次世代ということで、IPv6には他にもさまざまな変更点があります。膨大な数のIPアドレスを管理するために、電話番号のような階層構造を番号ごとに持つことで、現在のIPv4に比べて手間を省くことができるようになっている。また、IPレベルで暗号化・復号化機能を持たせることでセキュリティに配慮し、通信に付加するヘッダー構造を見直すことで通信の効率化も図っている。

IPv6(インターネットプロトコルバージョン6)関連用語

TCP/IP

IP(Internet Protocol)

インターネット(the Internet)

IPアドレス

>>戻る【第17回:ドメイン】

>>続き【第19回:WAN(ワン)】